logo

香港政府機関、SAS(R) によるビッグデータの視覚化により香港全域の行政サービス改革を推進


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、香港の政府機関であるHong Kong Efficiency Unit(以下 Efficiency Unit)が、行政サービス向上のため、SASのビジュアル・データ探索ソフトウェア「SAS(R) Visual Analytics」を採用したと発表しました。Efficiency Unitは、香港の他の政府機関に対して、市民のニーズに応える行政サービスを実現するための最新テクノロジーや取り組みについての提言を行っています。SAS(R) Visual Analyticsの導入により、市民からの苦情に関するデータを視覚的に分析して洞察を得られるようになり、他の政府機関と連携をとりながら、革新的な解決策を見出すことが可能となります。

Efficiency Unitのアシスタント・ディレクターであるWai-Fung Yuk氏は、「Efficiency Unitは、よりよい行政サービスを提供するための新たな試みとして、SASの革新的なソフトウェアを活用してサービスの改革に取り組むことにしました。SAS Visual Analyticsを使えば、膨大な苦情データを精査して迅速に洞察を導き出し、十分な情報に基づいた意思決定を下すことができます。どれほど大量のデータからでも、洞察をいかにスピーディに得られるかが極めて重要です」と述べています。

これにより、Efficiency Unitの上級幹部は、デスクトップPC、モバイルデバイスのいずれからでも、ビジュアルなチャートやグラフで表示されたレポートを閲覧することができます。

SAS(R) Visual Analyticsの概要
SAS Visual Analyticsは、小規模なデータからビッグデータまで、あらゆるサイズのデータを極めて短時間に分析できる、ビジネス・インテリジェンス(BI)に革新を起こすインメモリ・アナリティクス製品です。ユーザーは、データを視覚的に探索してパターンや関係性を突き止め、さらに詳しい分析を要する領域を特定し、PCやモバイルデバイスで結果をグラフィカルに表示、共有することができます。

SAS Visual Analyticsは、データを素早くメモリ上に読み込み、高速な処理によりデータ・ビジュアライゼーション(視覚化)を実行します。サンプリングを行わずにすべてのデータを検証して、数十億行ものデータであっても、わずか数分・数秒単位で分析計算を実行し、得られた結果をビジュアルに表示します。これにより、視覚化しなければ把握が困難であったデータ内のパターンや傾向、関係性を、速やかに特定することが可能となります。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の60,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約240名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2013年2月19日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事