logo

クラウド時代の高効率フロントストレージソリューション「CLOUD FRONTYEARシリーズ」を発売開始

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、クラウド時代の高効率フロントストレージソリューション「CLOUD FRONTYEAR(クラウドフロンティア)シリーズ」を発売開始しました。

近年急速にクラウドコンピューティング/クラウドストレージのインフラ整備が進み、低価格化と先進的企業の導入実績により一般企業からの関心が一気に広がっています。
特に情報系インフラ/分析系インフラおよびバックアップ/DR系インフラのクラウド利用展開はごく一般的なものになりつつあります。
弊社では、このようなクラウド時代の潮流を正確に捕え、次世代の企業向け/公共向けのストレージのあり方を変革し、次世代の高効率低価格な各種のクラウドフロントソリューションの展開を開始しました。
従来のオンプレミス的なストレージ導入/運用のイメージを基本としながらシームレスにクラウドと融合させ、無駄の無い高効率なクラウド階層型のストレージを構成することによって、クラウド利用価値の拡大を図ることができます。

■特徴
1. 標準ストレージインターフェース/プロトコル(SAN/NAS)への対応
2. ローカル性能を保証する超高性能階層型キャッシュ構造およびクラウド階層型ストレージ構造
3. 自動DRを可能にした完全CLOUD TIER型ストレージ構造
4. DR構造のための重複したストレージリソースが不要
5. 圧縮/重複排除/WAN QoSに対応した高効率ストレージサービス
6. 低価格高速セキュアインターネット接続方式(HTTPS/AES256暗号化)
7. ローカル/プライベートクラウド/パブリッククラウドに同時対応
8. SLA保証型低価格クラウドストレージによる無制限容量拡張に対応

■CloudFrontyearシリーズのラインナップ
1. エンタープライズ向けクラウド階層型ユニファイドストレージ WIN CLUSTOR CLOUD TIER
2. エンタープライズ向けクラウド階層型仮想統合移行用ファイルサーバ UNI FILER CLOUD TIER
3. ビジネス/エンジニアリング向けリアルタイム共有型クラウドファイルサーバ SYNC FILER CLOUD SHARE
4. 広域モバイル&オフィス向けセキュア分散クラウド型共有ファイルサーバ GLOBAL FILER CLOUD SHARE
5. 事業継続/災害対策向けハイブリッドクラウドDRバックアップ FLEX SAFE CLOUD DR
6. 各種セキュリティ/コンプライアンス向け高効率セキュアクライドアーカイブ FLEX ARCHIVE CLOUD SYNC
7. 仮想環境向けクラウドストレージゲートウェイアプライアンス CLOUD ARRAY VSA
※バーチャルストレージアプライアンス(VSA)

■構成仕様
WIN CLUSTOR CLOUD TIER
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル iSCSI、CIFS/NFS、FTP
・クラウドストレージI/F GbE(T)×2、10GbEオプション
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・クラウドフロントキャッシュ 2TB/6TB/12TB/24TB〜
・クラウドフロントキャッシュの階層化(RAM SSD/FLASH SSD/高速HDD/低速HDD)
・スナップショットバックアップ
・データ圧縮/重複排除/WAN QoS

UNI FILER CLOUD TIER
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル CIFS
・クラウドストレージI/F GbE(T)×2、10GbEオプション
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・クラウドフロントキャッシュ 2TB/6TB/12TB/24TB〜
・クラウドフロントキャッシュの階層化(FLASH SSD/高速HDD/低速HDD)
・スナップショットバックアップ
・データ圧縮/重複排除/WAN QoS
・既存CIFSファイルサーバ/NAS郡の仮想統合

SYNC FILER CLOUD SHARE
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル CIFS
・クラウドストレージI/F GbE(T)×2、10GbEオプション
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・クラウドフロントキャッシュ 2TB/6TB/12TB/24TB〜
・クラウドフロントキャッシュの階層化(FLASH SSD/高速HDD/低速HDD)
・スナップショットバックアップ
・データ圧縮/重複排除/WAN QoS
・既存Windowsファイルサーバ/NASとのファイル同期
・既存NetApp Filerとのファイル同期

GLOBAL FILER CLOUD SHARE
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル 専用プロトコル
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・スケールアウトメタデータファイルシステム
・クライアント用専用仮想ファイルシステムを用意

FLEX SAFE CLOUD DR
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル iSCSI、CIFS
・クラウドストレージI/F GbE(T)×2、10GbEオプション
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・クラウドフロントキャッシュ 2TB/6TB/12TB/24TB〜
・クラウドフロントキャッシュの階層化(高速HDD/低速HDD)
・スナップショットバックアップ/スケジュールバックアップ/ローカル&クラウドリカバリー
・データ圧縮/重複排除/WAN QoS
・VMware/ESX仮想プラットフォームベース
・バックアップソフトウェアセレクション(CA、Symantec、FalconStor、他)

FLEX ARCHIVE CLOUD SYNC
・ホストストレージI/F 10GbE(SR)×2(最大4)
・ホストストレージプロトコル CIFS
・クラウドストレージI/F GbE(T)×2、10GbEオプション
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/Rest API、NFS
・クラウドフロントキャッシュ 2TB/6TB/12TB/24TB〜
・クラウドフロントキャッシュの階層化(高速HDD/低速HDD)
・データ圧縮/重複排除/WAN QoS
・VMware/ESX仮想プラットフォームベース
・アーカイブソフトウェアセレクション(メール、ログ、サーベイランス、フォレンジック、PACS、他)

CLOUD ARRAY VSA(バーチャルストレージアプライアンスソフトウェア)
・ホストインターフェース iSCSIターゲット、CIFS
・クラウドストレージプロトコル HTTPS/RestAPI、NFS
・サポートOS/iSCSIイニシエータ Windows、Linux、Solaris、HP-UX、VMware
・キャッシュボリューム SSD、HDD、RAID LUN、SAN LUN
・キャッシュサイズ 2TB~
・キャッシュポリシー ダイナミックキャッシュ割当
・セキュリティ HTTPS/AES256bit
・プロテクション ローカル/リモート(クラウド)レプリケーション、クラウドスナップショット/フェールオーバ/DR
・QoS レプリケーションスケジューリング&帯域コントロール
・データ効率 シンプロビジョニング、圧縮/重複排除
・VMware、XEN、HYPER-Vで動作
・ハイパーバイザ上で仮想iSCSI SANストレージまたはNASストレージとして動作

■構成図やオプション、関連製品について
以下よりダウンロードください。
リンク

■価格
オープンプライス


本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。

Copyright c Core Micro Systems Inc., All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事