logo

◎TOEFL(登録商標)が日本で2013年度の奨学生を募集

Educational Testing Service-TOEFL 2013年03月06日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎TOEFL(登録商標)が日本で2013年度の奨学生を募集

AsiaNet 52269
共同JBN0219(2013.3.6)


【プリンストン(米ニュージャージー州)2013年3月6日PRN=共同JBN】TOEFL(登録商標)テスト(リンク)を創設したEducational Testing Service(ETS)は今年で3年連続になるTOEFL(登録商標)奨学金プログラムの開始を発表した。この奨学金プログラムは日本のTOEFLテスト受験者を対象に優秀な学業成績を示した人を表彰するもの。

ETSは表彰するのにふさわしいと認めた14人の学生に対して総額4万2000ドルを授与、2013年度に日本もしくは海外で学ぼうとする学生または院生の学資とする。

ETS上級副社長兼最高業務責任者(COO)のウォルト・マクドナルド氏は「英語は今でも世界の学校、ビジネスで優先的に使われる国際言語である」として次のように述べた。「勉学にいそしむ学生に高等教育の機会を与えるため、日本における2013年TOEFL奨学金プログラムを発表できることは大きな喜びである。ETSとしては優秀な成績を持つ2013年度の奨学生を選べるよう期待している」

日本でTOEFLテストを受けた人の中から選考された14人を対象にTOEFL奨学金3000ドルが提供される。2013年度TOEFL奨学金を受ける資格は以下の通り。

*現在、日本に在住していること。
*オンライン奨学金申請書)に記入し、成績証明書をアップロードすること。
*TOEFL(登録商標)Destinations Directory(PDF)
リンク)に記載された教育機関で2013年に学部または大学院の学位取得過程を開始すること。
*妥当なTOEFLスコアを獲得して英語力を示すこと。
*100点満点で80点以上、または4点満点で3.0点以上の成績評価点平均を示し、また優れた指導力を発揮するための技量、およびコミュニティー・サービスなどの課外活動を含め全体として多方面にわたる活動歴を持つこと。

2013年度TOEFL奨学金プログラムに関する詳しい情報はウェブサイト
(www.ets.org/toefl/scholarships)を参照。奨学金の応募申請は2013年4月30日必着のこと。奨学金の授与対象者は2013年5月に通知される。The ETS Scholarship and Recognition Program(SRP)グループは米国および海外で何百万ドルにおよぶ奨学金を新規または継続して授与しており、日本におけるETS奨学金プログラムも調整している。SRPは同プログラムのコンサルティングを行うことに加え、応募申請資料および申請を審査するための基準も作っている。

▽TOEFLテストについて
TOEFLテストは世界で最も広範に使われている英語の評価テストで、オーストラリア、英国、カナダ、米国を含む130カ国以上の8500を超える機関により受け入れられている。現在まで、2700万人を超える学生がTOEFLテストを受けている。TOEFLテストの登録、勉強のためのアドバイス、質問例など、詳しい情報はウェブサイト「TOEFL(登録商標)Go Anywhere」(www.toeflgoanywhere.org)を参照。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいた評価方法を創設することで世界の人々の教育の質および公平性を推進している。ETSは教職課程、英語学習、初等・中等・後期中等教育、および教育研究、分析、政策研究向けにカスタマイズされたソリューションを提供することで、個人、教育機関、政府省庁に貢献している。ETSは1947年の創設で、年間を通して180カ国以上の国で5000万以上のテストの管理、スコアの記録を行っているが、その中にはTOEFL(登録商標)とTOEIC(登録商標)テスト、GRE(登録商標)テスト、Praxis Series(商標)などのテストが含まれる。詳しい情報はウェブサイト(www.ets.org)を参照。

ソース:Educational Testing Service-TOEFL

▽問い合わせ先
Becky Ford
+1-609-683-2092
mediacontacts@ets.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事