logo

ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が 商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応してリリース!

~Twitter API ver1.1の利用ルールに縛られず、世界中の全Twitterデータが 安定的に提供可能に!~

【リリースサマリー】
=================
株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山幸樹、以下ホットリンク)のソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が2013年2月26日より商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応してリリースされました。これにより「クチコミ@係長」は、(1)世界中の全TwitterデータをTwitter API ver1.1の利用ルールに縛られず、安定的且つ継続的に、信頼性をもったTwitterデータの提供が可能となりました。更に、(2)Twitterデータの収集条件がより細かく設定できるようになり、分析精度が向上しました。



【リリース詳細】
=================
Twitter社のAPI及びAPI利用規約の変更に伴い、Twitter社のAPIを利用した大量かつ網羅的なTwitterデータの収集及びその商用利用が困難になりました。


◆TwitterAPIを利用したデータ収集方法の問題点
(1)データ供給が不安定
(2)収集データの網羅性が担保されていない
(3)ゴミデータ(目的に関係のないデータ)排除に時間がかかる
(4)不十分なゴミデータ排除による分析精度の低下
(5)Tweetデータの商用利用の可否が不明確


これに伴い、ホットリンクは、2012年11月14日に、Twitter社から過去からの全言語の全ツイートの販売権を唯一得ている米国Gnip社(※)と戦略的提携を発表し、Twitterデータの安定的取得に向けてシステム連携に取り組んできました。
この度、Gnip社のTwitterデータ提供とのシステム接続が完了し、2013年2月26日よりソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が、商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応しました。
これにより、世界中の全Twitterデータをユーザ企業様に安定的且つ継続的に信頼性をもった提供が可能となりました。更に今回、「クチコミ@係長」のTwitterデータの収集条件がより細かく設定できるようになり、Tweetデータの精査に必要な時間短縮と、分析精度向上を実現しました。これは、収集・分析対象に含みたくないスパムアカウントや自社アカウントのTweet除外、更に一定以上の影響力のあるユーザのTweetのみに絞ることや、自社サイトヘのリンクURLを含んだTweetのみ収集対象とすることが可能となりました。


◆新しく追加されたTwitterデータの収集条件
1. Twitterで指定できる全言語から特定言語を指定及び除外
2. 特定Twitterアカウントの指定及び除外
3. 特定URLの指定及び除外
4. フォロワー数による絞り込み
5. Kloutスコアによる絞り込み


■ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」について
--------------------------------
「クチコミ@係長」は、導入社数累計600社を超えるお客様にご利用いただいているソーシャルメディアの分析ASPツールです。Twitter・ブログ・掲示板などソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報、総数約280億件(※2013年3月1日現在)を、リアルタイムに収集・分析することが可能です。ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。また、「クチコミ@係長」の国内最大規模のソーシャルメディア・データベースや感情/属性分析エンジンはAPI方式で提供しています。


■株式会社ホットリンクについて
--------------------------------
ホットリンクは、ソーシャルメディア分析技術のリーディングカンパニーです。大量のソーシャルメディアデータを双方向且つリアルタイムに検索・分析を可能とするソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」、及びソーシャルリスク・モニタリングツール「e-mining」は、現在まで累計1500社以上に利用いただいてきました。
詳細情報をご希望の場合は、eメール(pr-request@ml.hottolink.com)にてご連絡頂くか、Webサイト(リンク)をご覧下さい。


■※Gnip社について
--------------------------------
Gnip社は、世界で最も信頼されているソーシャルデータ提供の最大手企業であり、ソーシャルメディアモニタリングサービスやビジネスインテリジェンスツール、または金融業界から行政府機関に至るまで、幅広い企業や業界にサービス提供を行なっています。フォーチュン500社の90%以上に利用されています。Twitterデータの再販権を持つ企業は世界に数社いますが、Twitterサービス開始以来の全言語の全ツイートの販売権を得ているのはGnip社のみです。Gnip社は毎月1000億ものソーシャルアクティビティデータをリアルタイムに収集し、顧客企業に対してTwitter、Tumblr, WordPress, Disqusなど多岐にわたるソーシャルメディアデータへのアクセスを可能としています。
Webサイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事