logo

「LGエレクトロニクス、携帯電話事業の復活は?」無料レポートを発表

ROA Holdingsの最新携帯電話市場分析コラム

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「LGエレクトロニクス、携帯電話事業の復活は?」と題した無料レポートを発表いたしました。

【 コラムの内容 】

ここ数年業績が振るわなかったLGエレクトロニクスですが、最近発売されたOptimus Gシリーズにおいて同社は市場で再注目を浴びています。

技術的な完成度だけでなく、そのデザインやユーザーエクスペリエンスにおいても消費者の好反応を得ており、まさにLGエレクトロニクスのスマホを見直すきっかけともなっています。この事実は2012年第4四半期の実績にも反映しており、例えば同社のMC事業本部は200~300億ウォンレベルの黒字が予想され、まさに2009年以降3年ぶりに黒字転換になると見られます。これによって、LGエレクトロニクス全体の営業利益も年間1兆ウォンを再突破すると予想されます。

ノキア、モトローラ、HTC、ソニーなどがスマホ事業で思った以上に結果を出せない中、また一方でアップルおよびサムスンの2強体制がゆるぎなくなるこの時期に、どのようにしてLGエレクトロニクスは革新的な製品を開発して市場に波及効果をもたらすことができたのか? その理由を本報告書で考察しています。


【 目次 】

1 LGエレクトロニクス スマートフォン事業の現状

2 LGエレクトロニクス スマートフォン事業の復活要因分析
 2-1 組織体質改善
 2-2 顧客ニーズに対する明確な認識
 2-3 Back to the Basic

3 限界点とインプリケーション


【 図目次 】

[図1-1]LGエレクトロニクス Optimusシリーズ
[図2-1]Optimus Gの開発方式の変化
[図2-2]LGエレクトロニクス スマートフォン事業の回復要因


▼本コラムは、ホームページにてご覧いただけます。
リンク
※会員の方はログイン後、ご覧ください。


▼無料会員登録はこちらから
リンク


▼無料アナリストコラム一覧(バックナンバー)はこちらから
リンク
現在、180トピックスに渡る国内外の通信市場関連のコラムをご覧いただけます。


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : 韓国支社、中国支社、香港支社、台湾支社、シンガポール支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:木村
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

このプレスリリースの付帯情報

[図2-1]LGエレクトロニクスOptimus Gの開発方式の変化:ROA Holdings

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事