logo

高機能画像処理ライブラリー「RobustFinder 10.0」を販売開始

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、画像処理アプリケーションに必要な機能を網羅した画像処理ライブラリー「RobustFinder 10.0(ロバストファインダー)」を2013年3月4日より販売開始します。




■高速・高精度なライブラリー。製造工程をはじめ工程の省力化・効率化を実現!
「RobustFinder」は画像処理および解析用に設計されたキヤノンITSオリジナルのマシンビジョン用 画像処理ライブラリーです。検査・認識などのニーズにカスタム対応でき、お客さまの画像処理システムの構築をサポートします。さらに検証用ツールを活用することにより、実際の現場のサンプリング画像を活用しながらアルゴリズムの検証を行うことができるため、アプリケーションを効率的に作成できます。したがって、アプリケーション作成期間の短縮ができコストダウンが図れます。
販売目標は、初年度100本を見込みます。

■FA業界トップクラスの高速処理を実現!
今回の強化ポイントはWindows 7 (32ビット/64ビット版)への対応です。次に、第3世代インテル Coreプロセッサーとマルチコア対応になります。これにより、高速・大容量画像処理システムの構築が簡単に実現でき、今までと同じ時間内でより多くの複雑な処理ができるようになります。また従来Microsoft Visual C++のみだったスクリプトのソースコード自動生成についても、新たにMicrosoft Visual Basic .NetとMicrosoft Visual C#に対応することで、開発工数のさらなる削減をサポートします。

<キヤノンITSが提供する画像処理ソリューションについて>
キヤノンITSは、先進のマシンビジョン製品を中心に、産業・医療・セキュリティ業界に向けた画像処理ソリューションを提供しています。提供したソリューションは、高精度・高速処理が必要とされる各種検査機器、医療機器・印刷機器などに採用され、お客さまの製品品質の向上・コストの大幅な削減に役立っています。

<RobustFinder 10.0 の主な仕様>

1. 主な特長

●検証用ツールは、画像処理関数を対話形式かつマウス操作で簡単に検証し、作成した画像処理ロジックのスクリプトをソースコードとして自動生成することができます。
●検証用ツールで作成された各種定義ファイルは、ライブラリーからも呼び出すことができるため、画像評価の時間はもちろん、実際のプログラミングの時間も短縮できます。
●位置決め、計測、検査、認識など豊富な画像処理関数を保有したハイレベルでの汎用的なライブラリーです。
●第3世代インテル Coreプロセッサー対応とマルチコア対応により、FA業界トップクラスの画像処理速度を実現しています。
●Microsoft Visual Studio を利用したプログラミングが可能なライブラリー群です。

2. 仕様

[Standard版・Professional版共通]
ファイル操作:非圧縮BMP,非圧縮Tiff,Mim
画像編集 : ROI,描画(直線,四角,円等),擬似ノイズ
画像変換 : フィルタ,モフォロジ,画素間演算,輝度変換,シェーディング補正 等
位置決め : 正規化相関,低コントラストサーチ,ノーモデルサーチ,残差相関 等
画像計測 : 粒子解析,ハフ変換,オートフォーカス,形状計測,統計量 等
欠陥検査 : 繰り返しパターン検査,エッジ抽出検査 等
コード認識 : QR,マイクロQR,DataMatrix,EAN8,CodeBar,Code39 等
キャリブレーション : 実長補正,画像歪補正,カメラ校正 等
ソース自動生成 : Microsoft Visual C#, Microsoft Visual Basic .Net, Microsoft Visual C++ ※ライブラリーからの設定ダイアログ呼出し可能

[Professional版のみ]
文字認識 : OCR,OCV ※ユーザー定義フォントによる文字認識
カラー検査 : 輝度・色度検査,輝度ムラ検査,異物検査 等

3. 動作環境

●AT互換機
●Microsoft Visual C++
●Microsoft Visual C#
●Microsoft Visual Basic .Net
●Microsoft Windows XP・Windows 7
●RAM 512MB以上
●HD 1GB以上推奨
●解像度 1024*768以上推奨
●Matrox社のハードウェアによる画像入力には、Matrox社のライブラリーが必要

4. 販売価格

型式 : RF10-DEV-PRO-P(U)
内容 : プロフェッショナル版開発ライセンス
価格 : オープン価格

型式 : RF10-ADD-DEV-PRO-P(U)
内容 : プロフェッショナル版開発ライセンス(追加用)
価格 : オープン価格

型式 : RF10-PRO-UP-P(U)
内容 : プロフェッショナル版開発ライセンス(バージョンアップ用)
価格 : オープン価格

型式 : RF10-DEV-STD-P(U)
内容 : スタンダード版開発ライセンス
価格 : オープン価格

型式 : RF10-ADD-DEV-STD-P(U)
内容 : スタンダード版開発ライセンス(追加用)
価格 : オープン価格

型式 : RF10-STD-UP-P(U)
内容 : スタンダード版開発ライセンス(バージョンアップ用)
価格 : オープン価格

型式 : RF10-LIC/S-P(U)
内容 : スタンダード版ランタイムライセンス
価格 : オープン価格

型式 : RF10-LIC/C-P(U)
内容 : プロフェッショナル版ランタイムライセンス(文字認識を除く)
価格 : オープン価格

型式 : RF10-LIC/R-P(U)
内容 : プロフェッショナル版ランタイムライセンス
価格 : オープン価格

※Microsoft、Windows、Microsoft Visual Studio は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※Matroxは、カナダMatrox社の登録商標です。
※仕様は、予告なく変更する場合があります。

<一般の方のお問い合わせ先 >
キヤノンITソリューションズ株式会社
プロダクトソリューション事業本部 エンジニアリングプロダクト事業部
03-6701-3450

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事