logo

景色も食も堪能できる観光列車「おれんじ食堂」3/24運行開始!!絶賛予約受付中!!

熊本県 2013年03月04日 10時02分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年3月4日

熊本県

~九州西海岸を往く動くレストラン~
景色も食も堪能できる観光列車「おれんじ食堂」3/24運行開始!!
絶賛予約受付中!!

 九州西海岸を熊本県から鹿児島県までつなぐ、肥薩おれんじ鉄道は、観光列車「おれんじ食堂」の運行を3月24日(日)に開始します。現在予約受付中です。
 
「おれんじ食堂」は、熊本県新八代駅から鹿児島県川内駅までの間の約120キロを3時間程度かけて1日に3便運行します。九州西海岸の美しい景色を眺めながら、ゆったり、のんびり、スローライフな旅を楽しんでいただくというのがコンセプトです。

  快適に過ごしていただくためのおもてなしとして、ウェルカムドリンクサービスにはじまり、沿線の銘菓ブッフェ、乗車記念フォトサービスなどをご用意。車内に流れる心地よいカントリーミュージックが旅のBGM。停車駅ではその地の特産品をお土産としてご提供したり、おもてなし市場「駅マルシェ」でご当地の産品を楽しむ時間を設けています。

 九州新幹線などを手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインした車両は、ホテルのロビーやカフェをイメージしたものとなっており、沿線で採れる旬の食材を使った郷土料理が月替わりでご提供されます。車内キッチンで作るフレッシュなフルーツジュースは、熊本や鹿児島の太陽をいっぱいに浴びて育ったかんきつ類をふんだんに使った心も体もリフレッシュする一品です。

  2両編成で運行し、1号車はダイニングカー仕様で、主に食事をお楽しみいただく方を迎え、2号車はリビングカー仕様で家族にぴったりのテーブル席や半個室のソファー2名席を用意しています。

  ぜひ、「おれんじ食堂」に乗って、九州西海岸の不知火海から東シナ海へと変わりゆく雄大な景色を、旬の地元食材と共にゆったりご堪能ください。

<運行概要>
◎運行時期:3月24日(日)より、金、土、日、祝日 1日3便運行
     (春休みやGW、夏休み、冬休みは毎日運行予定)  
◎募集定員:全席指定の1号車23席、2号車20席の合計43席     
◎旅行代金:1号車(ダイニングカー)
          飲食付パッケージプラン:大人12,800円~(小人8,200円~)
           2号車(リビングカー)
                     所定区間運賃 + 座席指定料金:大人1,400円(小人700円)
◎運行区間:JR新八代~川内
◎所要時間:片道約3時間
◎ご予約のお問い合わせ:0996-63-6861(おれんじ食堂予約センター)
 ※空席状況等、詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
  リンク 

<肥薩おれんじ鉄道について>
 九州西海岸を通り八代駅から川内駅をつなぐ地元の生活の足として運行さてれいる路線です。
 旧国名の肥後(熊本)と薩摩(鹿児島)の頭文字と甘夏みかん等の柑橘類の産地を走ることから「肥薩おれんじ鉄道」と命名されました。
 数々の温泉地を通り観光地が沿線に点在する魅力いっぱいの路線です。八代、新水俣、水俣および川内駅で借りたレンタサイクルを乗せることができるサイクルトレインなので沿線の旅の行動範囲が広がります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。