logo

アプレッソ「DataSpider Servista ソーシャルアダプタ Labs版」を提供開始

- Twitter、Facebookとエンタープライズデータをノンプログラミングで連携 -

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:長谷川 礼司 以下 アプレッソ)は、アプレッソが開発・販売するクラウド・データ連携ツール「DataSpider Servista」の新アダプタ「DataSpider Servista ソーシャルアダプタ Labs版(以下、ソーシャルアダプタ)」を提供開始したことを発表します。

ソーシャルアダプタは、TwitterおよびFacebookの情報をノンプログラミングで取得、検索、投稿することができるDataSpiderのアダプタです。このアダプタによって、ソーシャルメディアから収集したデータと企業システムデータとの比較や、企業システムのデータを元にしたソーシャルメディアへの投稿など、ソーシャルメディアとエンタープライズシステムとの連携処理をGUIの設定のみで簡単且つ短期間に作成することが可能になります。

【DataSpider Servista ソーシャルアダプタ Labs版について】
DataSpider Servsita ソーシャルアダプタ Labs版 は、ソーシャルデータ連携処理の評価検証用としてご利用いただくことを目的としたアダプタで、アプレッソのWEBサイトから無償にてダウンロードできます。
昨今注目が高まりつつあるソーシャルデータと、DataSpiderの既存のエンタープライズシステム用アダプタで取得されるデータを組み合わせた様々な連携処理の作成をお試しいただけます。

・ダウンロードサイト:リンク
(2013年3月1日 提供開始)

【DataSpider Servista ソーシャルアダプタ Labs版機能一覧】

■Twitter
・ユーザ情報を取得
・一覧を取得
 フォローしているユーザ一覧、フォロワーの一覧、返信されたメンション(ステータス)の一覧、リツイートされたステータスの一覧、ステータスにリツイートしているユーザの一覧
・ツイート検索
・ツイート投稿
・ダイレクトメッセージ送信

■Facebook
・情報を取得
 ユーザ情報、イベント情報
・一覧を取得
 投稿の一覧、ユーザの いいね 一覧、投稿に対するコメント、ユーザのチェックイン一覧
・Facebook内のさまざまな対象に検索
・Facebook APIの任意のコマンドを実行(GET/POST)
・メッセージの投稿

【DataSpider Servistaについて】
DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、SAPやLotus Notes、Salesforce、データベースといった様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。 

製品Webサイト リンク

【アプレッソについて】
株式会社アプレッソ  〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  長谷川 礼司  設立: 2003年12月   資本金: 267,000,000円

 「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携製品「PIMSYNC」の開発・販売・サポートを行っています。アプレッソは、多くの販売パートナーとの協業により、広範な業種、業態の企業ユーザの開発生産性とコスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問い合わせ】

■株式会社アプレッソ 広報担当:亀井
TEL:03-4321-1111 FAX:03-4321-1112 E-Mail:info@appresso.com
アプレッソWeb:リンク

【商標関連】
・アプレッソ、APPRESSO、DataSpider BPM、DataSpider Servista、PIMSYNCは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

ソーシャルアダプタ利用イメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。