logo

株式会社ピーチ・ジョンが通販のFAX受注にTransActクラウドFAXソリューションを採用~東日本大震災を教訓にFAX受注をクラウド化しBCPの見直しに成功~

株式会社トランザクトは、株式会社ピーチ・ジョンの通信販売のFAX受注受付システムに「TransActクラウドFAXソリューション」が採用されたことを発表します。

 株式会社トランザクト(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:Aaron H. Furman アーロン・H・ファーマン、以下トランザクト)は、株式会社ピーチ・ジョン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:塚本能交)の通信販売のFAX受注受付システムに「TransAct クラウドFAXソリューション」が採用されたことを発表します。

 株式会社ピーチ・ジョンは、1994年の創業以来、女性下着、婦人服を中心とした通信販売の大手であり、通販カタログ「PJ」とWebサイトを通じた通販のほかに、『ピーチ・ジョン・ザ・ストア』を日本全国に直営店舗を26箇所、上海、香港などにも店舗展開しております。同社は、通信販売の注文窓口としてインターネット、電話、ハガキ、FAXを用意しており、オンライン注文は増加傾向にあるものの、FAXやハガキを利用するユーザーも多数おり重要な注文手段となっています。FAX受注の仕組みに課題が見えたのは、2011年3月の東日本大震で仙台市の受注センターが被災し、FAX機器の損壊と震災後2週間ほど電力供給が途絶えた影響で、長期間にわたりFAXによる注文書受付ができなくなったことがきっかけでした。確実に注文書FAXを受信するため、自社でFAX専用設備を持つこと自体のリスクも避けられるクラウドを活用したFAX受付業務体制を新構築いたしました。

 株式会社ピーチ・ジョンの経営企画部情報システム課課長安住祐一氏は、「クラウドでFAX受付業務をカバーすることで、自社でFAXサーバ等を導入し、冗長化を考慮して構築・運用するより圧倒的に低コストで、受注業務の事業継続性の確保ができる。また災害時、停電時も注文書データは別の場所で確実に受け取れるため、将来的に受注業務のロケーションフリー化も検討できる」と述べています。

 トランザクトは、今後も企業の受発注・出荷物流等のミッションクリティカルな基幹業務向けに、時代やビジネス環境の変化と多様なニーズに対応したクラウドソリューションを展開してまいります。

■株式会社トランザクトについて (リンク
 株式会社トランザクトは、世界最大級のFAX専用ネットワークをバックボーンとしたクラウドベースのFAX送信・受信ソリューションを提供しております。お客様でFAXサーバ等を自社導入することなく、基幹業務(購買発注、受注、出荷、会計等)で発生する様々な帳票をFAX送受信することができます。
FAXネットワークとの多彩な接続インターフェイス・セキュリティはもとより、ERP、帳票、EAI等のパートナー会社の各プロダクトと豊富な連携実績を持っております。

■製品に関するお問合せ先
株式会社トランザクト 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-9-16 広尾宮田ビル7階
TEL: 03-3442-7778 FAX :03-3442-7774
E-mail: sales@transact.ne.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社トランザクト
担当: 営業部 林
TEL:  03-3442-7778
E-mail: press@transact.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。