logo

POSの取引データと防犯カメラの録画映像を連動させるASPサービスを開始。インターネット経由で取引映像の検索・再生が可能に。月額1,000円以下の低価格で提供

コンピュータシステムサービス株式会社 2013年02月28日 14時00分
From ValuePress!

防犯カメラの映像を活用した小売業界向けの新しいASPサービスを開始。株式会社キャトルプランとの連携により高性能メガピクセルカメラでの鮮明な映像の再生が実現。

POSシステム「TALOS-NEX POS」を中心とした店舗ソリューションを展開するコンピュータシステムサービス株式会社(本社:千葉県、代表取締役:渡邉進一、以下CSS) と、防犯カメラを中心としたセキュリティシステムの開発・提案を手がける株式会社キャトルプラン(本社:東京、代表取締役:佐藤圭三、以下キャトルプラン)は、POSの取引データと防犯カメラの録画映像を連動させ、一元管理ができるサービスを共同で開発しました。

■ 従来のPOSと防犯カメラ連動システムとの違いは?

 従来の、POSと防犯カメラの連動では、防犯カメラに録画された取引映像に、POSから発行されるレシートのテキストデータを合成させていたため、価格帯による検索や、商品名と取引時間を組み合わせるなどといった複合検索ができませんでした。今回、POSの取引データに防犯カメラの録画映像を伝票単位で紐付けすることで、従来のテキスト検索に比べ、より高速で複雑な検索を実現しました。

【商品情報詳細】
URL: リンク

■ 主な特徴

1.POSの操作ログと映像を合わせて監視。内部不正の抑止に繋がります!
レジの空打ち、レジ点検、ドロアの開閉などといった、お客様との取引以外で発生したPOSの操作ログから、映像を検索することが可能です。特に不正行為が判明しにくいレジの空打ちは、POSの操作ログと映像を合わせて監視することで、不正行為のすばやい判明に繋がります。

2.店舗間で取引映像を共有し、新人教育や接客向上ツールに活用!
手本となる店員の接客映像を店舗間で共有し、新人教育や接客向上ツールとして活用できます。取引中のお客様との会話も録音できるので、取引状況がより具体的に伝わります。

3.HD高画質映像でレジ周りを監視。釣り銭トラブルや不審者の特定に!
釣り銭トラブル時の金種の判別や、不審者の特定が、より鮮明な映像で行えます。

4.蓄積された取引映像データを集計して分析。マーケティングツールとして活用!
顧客の来店理由(イベント、クレーム等)や、高額品の買取や販売、長時間対応などといった、シチュエーションから取引映像の検索が可能です。POSの取引データだけでは分からなかった顧客の反応を、よりリアルにキャッチするマーケティングツールとして、ご活用いただけます。

5.インターネット経由でいつでもどこでも再生が可能に!
録画された映像をWEBサーバーに保存することで、アプリケーションをインストールしたPCとインターネット環境があれば、外出先からでも取引映像の再生が行えます。また録画された映像は全店舗で共有が可能です。

■ 今後追加予定の機能
・POSシステムと顔認識カメラとの連動サービス

【会社概要】
POSシステム:
社名 :コンピュータシステムサービス株式会社
所在地:〒261-8501 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンビルCD棟5階
URL:リンク

防犯カメラ:
社名 :株式会社キャトルプラン
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル3F
URL:リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
お客様お問い合わせ先
コンピュータシステムサービス株式会社 TEL:043-296-2023 FAX:043-296-2006
営業部 e-mail:csssales@cmedia.co.jp

報道関係お問い合わせ先
コンピュータシステムサービス株式会社 TEL:043-296-2023 FAX:043-296-2006
営業部 広報担当 渡辺 千秋 e-mail:csssales@cmedia.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。