logo

◎急成長の中国大陸に進出 IP管理大手のCPA Global

CPA Global 2013年02月28日 10時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎急成長の中国大陸に進出 IP管理大手のCPA Global

AsiaNet 52194
共同JBN 0201 (2013.2.28)

【シドニー2013年2月27日PRN=共同JBN】知的財産(IP)管理とソフトウエアの世界大手スペシャリストであるCPA Globalは、中国における専門的IP管理サービスの需要急増に応えるため、大陸最初のオフィスを開設した。

中国南部の都市、深センにある新オフィスは内外の企業と法律事務所のIPニーズをサポート、中国大陸におけるCPA Globalのさらなる拡大の跳躍台になる。

CPA Globalは2009年に香港特別行政区(SAR)にアジア太平洋地区本部を開設して以来、中国で営業しており、このほど成長する経営の拠点を香港の中心業務地区(CBD)に移転した。同様に、深センの新オフィスは金融ビジネス街の福田区に位置している。

深センのオフィス開設を発表したCPA Globalのピーター・シーウェル最高経営責任者(CEO)は「中国は今日、IPの世界最速の成長市場であり、有数の国際特許申請者だ。われわれは国内と中国市場を重視する海外双方の企業、法律事務所による専門的IP管理サービス、IPソフトウエアの需要増大を目の当たりにしている」と語った。

同CEOはまた「香港の地区本部と深センの新オフィスによって、われわれは主要グローバル市場の顧客ニーズによりよく応じることができる。向こう1年に北京とほかの都市にオフィスを増設する計画もある。これは中国、ひいてはアジア太平洋地区へのCPA Globalの継続的関与を明確に示すものだ」と付け加えた。

CPA Globalでアジアを担当するジョアンヌ・ホン上級副社長は「中国からの特許申請急増は中国政府の野心的な革新・特許開発戦略に今後も後押しされる。中国の研究開発支出は今や、国別ランキングで米国に次ぐ第2位。実際、中国のテクノロジーを基盤とする経済開発集中では、IP権利の保護が成功の決め手になる。結果として、ますます多くの中国企業が自分たちのIP保護の重要性を認識するばかりか、知的資産の価値最大化を一層効率的に管理するようになってきた」と語った。

深センオフィスはCPA Globalの広範な世界展開の支援を受けて、中国南部の販売と顧客サービスに責任を持つ。業務には特許、商標更新、IP管理ソフトウエア、特許のリサーチと分析、商標監視、ドメイン管理、さらに、資料編集、登録などのIP処理サービスが含まれる。

CPA Globalはアジア太平洋で顕著な存在感を持っている。香港と深センに加えて、韓国(ソウル)、オーストラリア(シドニー)にオフィスを構え、日本技術貿易株式会社(NGB)とは長年、戦略的提携関係にある。CPA Globalはまた、IP・法務サービス支援のためインドに2カ所のデリバリーセンターを保有している。

CPA Globalはアジア太平洋のIP奨励のために推進している産業指導活動の一環として、2013年3月19-20日、深センで開催される第5回中国IP協議会(5th China IP Counsel Congress)で発言する。このイベントは後援も予定している。

▽CPA Globalについて
CPA Globalは世界トップの知的財産(IP)管理、IPソフトウエアのスペシャリストであり、法務サービス・アウトソーシングの国際的プロバイダーである。CPA Globalは欧州、米国、アジア太平洋にオフィスがあり、幅広いIPおよび法務サービスを多くのグローバル大手企業や法律事務所に提供、リスク、コスト、法務能力管理を支援し、そのビジネス、IP資産により大きな価値を付加している。

CPA GlobalはIPポートフォリオの価値を最大化するため、その保護、維持、定期的見直しを確実にすることによって、特許、デザイン、商標など価値あるIP権利の管理支援を行っている。CPA Globalは顧客と緊密に協力し、IPに関する決定を下す際の根拠となるべき最高の情報を提供、その実行を手助けする最高のサポートを約束する。

CPA Globalのサービスには、特許ポートフォリオ評価と最適化、特許リサーチ・分析、特許・商標の更新に加え、資料編集、商標監視、ドメイン管理のようなIPサポートサービスが含まれている。CPA Globalはさらに、FoundationIP、Inprotech、Ipendo、Memotechという4つの市場をリードするIP管理ソフトウエア・ソリューションを提供している。これらは異なる顧客のタイプとその特定の必要性に合わせてオーダーメードされている。IPソフトウエアには市場をリードする電子データ管理システムのFirst To File、世界有数の先進的な特許検索プラットフォームのDiscoverも含まれている。

CPA Globalはまた、現在注目されている法務サービスのアウトソーシング分野における有力プレーヤーとして、米国およびインドのデリバリーセンターを通じて取引サポート、契約管理、コンプライアンス、法務リサーチなど高品質で費用対効果のある法務サポートサービスを提供している。

CPA Globalはチャネル諸島のジャージーに1969年に設立され、現在1500人以上を雇用、自社オフィスと広範な代理店ネットワークを通じて、世界200の法的管轄地域の顧客にサービスを提供している。CPA Globalの顧客リストは、欧州、北米、アジア太平洋に本社を置く世界的企業から中小企業、革新的新興企業、また国際的法律事務所から国や地域のIP法律事務所まで多岐にわたっている。詳細はウェブサイトwww.cpaglobal.comを参照。

▽問い合わせ先
Australia:
Pino Tedesco +61 (0) 2 9993 3010, ptedesco@cpaglobal.com
    
United Kingdom:
Steve Clark +44 (0)20 7549 5504, sclark@cpaglobal.com
Victoria Knowles +44 (0)20 7549 4585, vknowles@cpaglobal.com.

ソース:CPA Global

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事