logo

リンク、ウィルコムの PHS 端末のみで日本中が内線環境になるクラウドサービスを提供開始

クラウド型FMC サービス『 BIZTEL モバイル 』でウィルコム端末の利用が可能に 構内PHS の代替として工場や病院での利用に加え、多店舗を展開するチェーン店等での活用も可能

株式会社リンク( 本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田 元治、以下:リンク )は、株式会社ウィルコムのPHS [※1] を内線端末として利用することができるクラウド型FMCサービス「 ウィルコム版 BIZTEL(ビズテル)モバイル 」の提供を3月1日(金)より開始いたします。

携帯電話端末を企業の内線として利用できるFMCサービス [※2] は、その利便性で多くの企業から関心を寄せられているものの、導入企業数はそれほど多くないといわれています。FMCサービスの多くは携帯電話網と固定電話網を接続するためのPBX( 交換機 )を社内に導入する必要があり、特にFMCに対応したPBXは高額なため、導入費用が普及の障害となっています。

BIZTELモバイルは、PBXのクラウド化によりFMCサービスの大幅な低コスト化を実現するサービスです。2010年8月に提供を開始し、中小企業を中心に多数の導入実績があります。モバイル端末のみで利用できるため、導入時の設備や電話回線の工事はもちろん、導入後のメンテナンスも必要ないため、導入から保守・運用まで、コストがトータルで削減できます。申込から最短8営業日で利用開始できる点も大きな特長です。機能面では、代表番号での発着信や内線通話・転送など、ビジネスフォンに必要な機能をすべて備えているため、内線電話の完全な代替として活用できます。



本サービスは、当初au端末のみの対応で提供を開始しましたが、このほどウィルコム端末での利用が実現したことで、さらなる普及拡大を見込んでいます。特に、これまでのBIZTELモバイルになかった機能として、多くのユーザから要望のあった代表番号( 0AB~J番号 [※3] )での発信が実現しました。PHSからの発信でも、相手先には070番号ではなく代表番号が通知されるため、折り返しが個人のPHSに直接かかってきてしまうという状況を防ぐことができます。また、PHSならではの特長により、これまでとは違ったユーザ層への導入が期待できると考えています。以下はその一例です。


【想定される利用シーン】

■ 構内PHSシステムの代替として
構内PHS用アンテナや無線LAN設備が必要なくPHS端末のみで導入できるため、より低コストな構内PHSシステムの代替通信手段として、小・中規模の事業所や新規開設される店舗での利用を想定しています。

■ 病院内内線システムとして
医療機器に与える影響が少ないPHSは医療現場でも数多く利用されています。ウィルコムのPHSは日本国内で定められたSAR基準値 [※4] 2.0W/kgをクリアしており、4,000以上の医療機関で導入されています。PBXのクラウド化により、小・中規模の医療機関にとっても導入しやすいサービスになりました。

■ より手軽なオフィス向けFMCサービスとして
PHSは携帯電話に比べて端末価格が安く、代表番号での発着信が行え、機能が限定されているため、『 持ち運べる内線 』として合理的な端末であるといえます。また、PHSは音質がクリアであるほか、端末出力が10mWと低くバッテリーの持続時間が長いため、“つながる”ことが求められるビジネスシーンに適しています。

■ 企業のBCP(事業継続計画)の一環として
東日本大震災の際、固定・携帯電話各社が通話規制を行うなか、通話規制を実施せずに利用できた [※5] PHSの有効性が見直されています。また、パンデミックや停電などで出勤が困難な場合でも、PHSがあれば代表番号宛の電話を受け続けることができるため、BCPにも最適です。

■ 飲食店や小売店など、多店舗展開を手掛ける事業の拠点間内線システムとして
ウィルコム圏内が全て内線環境になるため、全国に店舗を展開するチェーン店や、移動式店舗を複数運営する事業者は大幅な通信コストの削減が可能です。特に、新規出店などの際に電話工事を行うことなく、PHS端末を持って行くだけで内線環境が導入できる簡便さは、店舗に限らず企業のフロア拡張やオフィスの移転など、さまざまなシーンで活用できるメリットです。
リンクのグループ企業である中洞牧場の直営店『 中洞牧場ミルクカフェ( 東京・六本木 )』では、本サービスの提供開始に先立ち試験的にウィルコム版 BIZTELモバイルを導入し、『 イエデンワ( 写真 )[※6] 』をはじめとしたPHSをオフィス―店舗間の内線端末として実際に運用しています。同店は催事やショッピングモール等への期間限定の出店・移動式販売店舗の運営など、機動力と緻密な連携が求められるシーンも多いため、手軽に持ち運べる内線端末として効果的に活用しています。導入前はアルバイト含む従業員の携帯電話に頼らざるを得なかったため、当日のシフトを把握して電話をかける必要がありましたが、BIZTELモバイルの導入後は予め決められた番号に内線をかければ各拠点と繋がるため、迅速な連絡と従業員の通信コスト削減に効果を発揮しています。また、店舗にかかってきた問い合わせをオフィスに転送できるなど、より質の高い顧客対応の実現にも寄与しています。

より多くの企業がFMCサービスを導入できるよう、オフィスの新規開設・移転が多い3月1日(金)~5月31日(金)の申込分に限り、本サービスの初期費用( 63,000円 )を無償といたします。BIZTELは今後も、快適な電話環境と先進的なワークスタイルの実現に寄与すべく、他社との連携も含めた多角的な取り組みを行ってまいります。

■ 主な機能
  代表番号発着信 / IVR(音声ナビ) / グループ着信 / ダイヤルイン着信 / 不在応答・定時応答
  ピックアップ / 保留 / 転送 / パーク

■ サービス基本料金
初期費用:63,000円 + 端末サービス料金1,050円/端末
月間利用料:31,500円 + 端末サービス料金945円/端末
※ 別途ウィルコム回線の契約・端末の購入が必要です。
※ 対応端末については、株式会社リンク BIZTELインフォメーションデスク( 03-4570-8694 )までお問い合わせください。

サービスの詳細については、 リンク もあわせてご覧ください。


【BIZTEL(ビズテル)について】
BIZTELは、クラウド型テレフォニーサービス※のパイオニアとして、企業向け電話サービスを幅広く展開しています。最短5営業日でコールセンターが構築できる「 BIZTEL コールセンター 」や、iPhoneをはじめとしたスマートフォンやPHSの内線化が手軽に行える「 BIZTEL モバイル 」など、クラウドの強みを最大限に活かしたサービスラインナップが特長です。今後も先進性と柔軟性を兼ね備えたサービスを順次提供予定です。サービスの詳細は、リンク をご覧ください。
※クラウド型で提供する企業向け電話システム。IPテレフォニー( IP電話サービス )にはオンプレミス(主装置)型とクラウド型の2種類があるため、オンプレミス型サービスと区別する目的で「クラウド型テレフォニー」と記載しています。


【株式会社リンクについて】
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・コロケーション・携帯向けCMS・クラウド型IPビジネスフォンなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。2009年からは農系事業にも取り組んでおり、2011年10月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場の直営店である「 中洞牧場ミルクカフェ 」を六本木で運営しています。事業内容の詳細は、リンク をご覧ください。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リンク
担当:倉持

〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目3番37号
カナダ大使館ビル1階
TEL:03-4570-8694 / FAX:03-6867-0216
Eメール:pr@biztel.jp

株式会社リアライズ(株式会社リンク広報担当)
担当:若杉・中村

〒105-0013
東京都港区浜松町1-27-12
秀和浜松町交差点ビル6階
TEL: 03-3434-3377 / FAX: 03-3434-3439
Eメール:nakamura@real-ize.com

このプレスリリースの付帯情報

従来型 FMC サービスと BIZTEL モバイルの違い

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1:対応端末については、株式会社リンク BIZTELインフォメーションデスク( 03-4570-8694 )までお問い合わせください。
※2:FMC(Fixed Mobile Convergence)。移動体通信(携帯電話等)と有線通信(固定電話等)を融合する通信サービスの形態。
※3:加入固定電話に割り当てられる電話番号の形式。携帯電話やIP電話の番号と区別する際に「0AB~J番号」と呼ばれる。
※4:電波の人体吸収に関する技術基準値で、人体頭部に吸収される電波の平均エネルギー値を表す比吸収率(ウィルコムHPより)。
※5:PHS同士の通話。
※6:据え置き型のデザインをしたPHS電話機

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事