logo

Energizer Resources、Green Giant Molo Graphiteの肯定的な予備経済調査結果を発表

Energizer Resources Inc. 2013年02月27日 18時10分
From JCN Newswire

調査で、操業パラメータと魅力的な財務リターンが示される

TORONTO, ONTARIO, Feb 27, 2013 - ( JCN Newswire ) - Energizer Resources Inc. (TSX: EGZ)(OTCBB: ENZR)(FRANKFURT: YE5) (「Energizer」または「同社」)は、マダガスカルにあるモロ・グラファイト鉱床(「モロ」または「プロジェクト」)の予備経済調査技術最新情報(PEA)の結果を報告します。

PEA技術報告書最新版は現在、南アフリカのヨハネスブルクのDRA Mineral Projects (DRA)によって編纂されています。PEAに関するカナダのNational Instrument 43-101技術報告書は、このニュースリリース後45日以内にSEDARに提出されます。

社長兼COOのCraig Scherbaは次のようにコメントしました。「弊社は、Molo ProjectについてNI 43-101資源とPEAの両方を提供するという表明済み目標を完了しました。このPEAは、モロ鉱床の定量化された評価のために、必要な情報を市場に提供しました。

「南アフリカの国営鉱業調査団体のMintekにより実施された予備テスト作業では、弊社が精鉱の純度を98%~98.6%の黒鉛状炭素にアップグレードできることを実証しました。弊社は全フィージビリティスタディの一環として追加冶金テストへ向けて動いており、目標純度レベル99%以上のバッテリ品位の素材を得るため、選鉱を拡大することを期待しています。この作業は、パイロットプラントのテスト作業を通じた片状サイズでの供給の最適化とともに、混合グラファイト売価と鱗片サイズ分布によい影響を与えます。そのため、このPEAは控えめなものと考えています。

PEA調査結果のサマリー(経済パラメータは、税引き後NPVと税引き後IRR以外は、実際の数字を引用しています。単位は米ドル)

-------------------------------------------------------------------
税引前NPV (10%割引、実質) $421,464,000
税引前IRR (実質) 48%
税引後NPV (10%割引、実質) $341,803,000
税引後IRR (実質) 41%
ペイバック 3.0年
マインライフ 20年
グラファイト売価 $1564/トン
平均給鉱品位 8.50%
年間平均採掘原鉱 1,169,749トン/年
平均剥土比 1.65
平均選鉱回収率 89%
年間平均産量 84,000トン/年
資本コスト $162,043,315
採鉱コスト $4.76/トン 採鉱済(初期LOM)
処理コスト $22.29/トン 選鉱済
輸送コスト(本船渡し) $105.00/トン 精鉱
-------------------------------------------------------------------

注:DRAは、National Instrument 43-101 - 鉱業プロジェクト情報公開(NI 43-101)基準に定義された予備経済調査の要件への対応に努力しています。技術報告書の最適ピットモデルに関する経済分析は、(NI 43-101に定義されている)推定鉱量に基づいており、元来予備的なものです。予想鉱量は、鉱業および経済的考慮事項を適用し、(NI 43-101に定義されているように)鉱物埋蔵量として分類するには、地質学的に投機的すぎると考えられています。鉱物埋蔵量でない鉱物資源は、経済的実行可能性を実証していません。PEAがベースにしている埋蔵量開発、生産、経済予測が確実に実現する保証はありません。資本支出推定は±25%のコスト精度に基づいており、インフラ関連資産への投資可能性の実際の生産以外の補助コストを含んでいません。オンタリオ州証券委員会に従って、PEAは±50%の精度と見なされています。

プロジェクトの場所とアクセス

モロ鉱床は、南マダガスカルのTulear地域にあるGreen Giant Project内にあり、トゥリアラ市の145 km東南にあります。モロ鉱床は乾燥したサバンナの人口の少ない草原地帯にあり、州都(で港町)のトゥリアラや、ソアララの港に続く周辺道路網に容易にアクセスできます。

地質と鉱化帯

モロ鉱床は、複数回褶曲したグラファイト層から形成されており、長さ2km以上にわたって走向が地表に露出しており、Bekikiyブロックの中にあります。大半の鉱床の下には、中~高度に変成・せん断されたグラファイト(黒雲母、緑泥岩、含ザクロ石)石英長石質片岩と片麻岩があります。地質モデルは、さまざまな鉱化グラファイト片麻岩ゾーンと、含ザクロ石片麻岩から形成される不毛な下盤から形成されていると示されています。鉱化帯の母岩はグラファイト片麻岩です。

鉱物資源評価

モロでの2012年の資源探掘とトレンチ探鉱は、2012年5~11月に実施され、同年12月初めに南アフリカのヨハネスブルクにあるCaracle Creek International Consulting Pty Ltd. (CCIC)の独立した有資格者のDesmond Subramani, Pr.Sci.Nat.(400184/06)とJohn Hancox, Pr.Sci.Nat.(400224/04)により表明された未開発概測および予想鉱量を考慮に入れています。モロの鉱物資源評価は、下表にサマリーされています。鉱物資源は、カナダのInstitute of Mining定義規格に沿って、概測と予測カテゴリに分類されています。「低品位」ドメイン内の資源は2% Cカットオフと表明されており、「高品位」ドメイン内の資源は4% Cカットオフと表明されています。合計推定鉱量は推定83.99 Mt、品位6.36% Cで、追加予想鉱量は推定40.32 Mt、品位6.3% Cです。

-------------------------------------------------------------------
分類 材料タイプ トン(Mt) 品位(C%)
-------------------------------------------------------------------
概測 高品位 40.88 8.09
-------------------------------------------------------------------
概測 低品位 43.11 4.72
-------------------------------------------------------------------
予測 - 合計 83.99 6.36
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
予測 高品位 19.23 8.11
-------------------------------------------------------------------
予測 低品位 21.09 4.64
-------------------------------------------------------------------
予測 - 合計 40.32 6.3
-------------------------------------------------------------------

1-鉱物資源は、Canadian Institute of Miningの定義により分類されています。
2-「低品位」資源はカットオフ品位2% Cで記述されています。
3-「高品位」資源はカットオフ品位4% Cで記述されています。
4-Eastern and Western高品位分析はそれぞれ上限が13% Cおよび15% Cとなっています。
5-資源評価のため、鉱化帯には相対密度2.36 t/m3が適用されています。

採鉱

DRAによるPEA技術評価は、トラックとローダを使った従来の露天掘り法を活用して、採掘が実施される予定であることを示しています。剥土比の計算結果は、鉱化帯が地表に露出して露出しているため、最小表土剥離要件で平均値1.65を示しています。鉱山設計処理量は、92%の可用性で原鉱1,169,749トン/年で、平均給鉱品位は8.5% Cです。

処理と回収率

モロ原鉱の処理には、一次粉砕と浮選分離工程の後の、3段階の粉砕が伴います。その結果の片状グラファイト精鉱は、濃縮され、乾燥され、さまざまな鱗片サイズに分離され、出荷前にパッケージされ保管されます。浮選工程により生成される最終残留物は、クリーンな非酸性尾鉱を生成します。精鉱の生産量は、一年あたりグラファイト精鉱平均84,000トン、平均仕様は92% Cと推定されています。Mintekにより実施された冶金テスト作業で得られたモロ原鉱の浮選回収率は89%でした。

グラファイト価格仮定

グラファイト価格仮定は、Industrial Minerals誌(IM)により供給されたグラファイト価格の24か月平均に基づいています。同誌は、グラファイトのバイヤーにより供給されるデータに沿って、毎週価格を発表しています。下表は、IMウェブサイトで供給されている平均価格を米ドルで示しています。

-------------------------------------------------------------------
Industrial Minerals誌の2年間のグラファイト価格範囲
(2011年1月~2013年1月)
-------------------------------------------------------------------
低 高 平均
+80 メッシュ 94-97% $ 2,138.24 $ 2,629.41 $ 2,383.82
+100 メッシュ 94-97% $ 1,852.45 $ 2,200.98 $ 2,026.72
-100 メッシュ 94-97% $ 1,688.73 $ 2,075.00 $ 1,881.86
-200 メッシュ土状 80-85% $ 590.00 $ 779.41 $ 684.71
-------------------------------------------------------------------

Mintekとノースカロライナ州大学(NCSU)により実施される鱗片分布テスト作業の結果は、下表にサマリーされています。NCSUにより獲得された+50のメッシュグラファイトは、単純な粉砕のみを通じて得られたものです。これは、モロ・グラファイト鉱床に独特のものです。+50のメッシュ鱗片を抽出する独自能力により、DRAは、経済分析に含む前にこれらの結果を検証するために実施される追加の冶金テスト作業を行います。そのため、テスト作業の初期にMintekにより到着した鱗片サイズ分布は、同社は従来の推定と見なされます。

-------------------------------------------------------------------
モロのメッシュサイズ
-------------------------------------------------------------------
Mintek NCSU
-------------------------------------------------------------------
メッシュサイズ 歩留まり C% 歩留まり C%
-------------------------------------------------------------------
+50 サイズ未定 15.1 93
-------------------------------------------------------------------
-50~+80 サイズ未定 11.8 95.2
-------------------------------------------------------------------
+100 33.3 94.9 11.4 92.2
-------------------------------------------------------------------
-100~+200 36.1 93.3
-------------------------------------------------------------------
-200 30.6 82.1
-------------------------------------------------------------------

Mintekにより実施された冶金テスト作業から得られた鱗片サイズ分布に沿って、IMにより提供される24か月の平均グラファイト価格を活用して、モロ混合グラファイト価格は、下表のようにUSD$1,563.77からと決定されました。

-------------------------------------------------------------------
販売価格仮定 (IMの2年間の平均に基づく値)
-------------------------------------------------------------------
Mintek混合平均と従来売価
歩留まり(%) メッシュサイズ゙ C% 売価$ $/T
-------------------------------------------------------------------
サイズ +50 IMでは未提供
未定 -50 +80 $ 2,383.82
33.3 +100 94.9 $ 2,026.72 $ 674.90
36.1 -100 +200 93.3 $ 1,881.86 $ 679.35
30.6 -200 82.1 $ 684.71 $ 209.52
-------------------------------------------------------------------
$ 1,563.77
-------------------------------------------------------------------

資本コスト(CAPEX)

DRAは、同じ処理工程の同じサイズの鉱山のサプライヤ見積もりと因子分析の組み合わせを通じて、資本コスト推定に達しています。プロジェクトの推定資本コストは1.62億米ドルです。標準として、採鉱臨時費が、PEAレベル分析の推定分散の考慮に必要とされます。DRAの資本コスト推定の正確性のため、DRAは12.5%の予備費を使うことに満足しています。資本コスト推定は、プロジェクトのBankable Feasibility Study段階の実施のための条項を考慮に入れています。プロジェクトの推定資本コストのサマリーは下表に記述されています。

鉱区インフラ $ USD 5,681,745
プラントコスト $ USD 68,925,519
一般インフラ $ USD 39,564,757
間接費 $ USD 29,892,092
臨時費(12.5%) $ USD 17,979,201
合計 $ USD 162,043,315

実際の採鉱および処理業務以外のインフラ投資のために、限定的割引が行われていることに注意してください。この最終的推定は、包括的なフィージビリティスタディ中に定義されています。

運用コスト(OPEX)

運用コストは、契約採鉱、処理、「ピットから港まで」の輸送のために、トン当たりの粉砕ベースに基づいて推定されています。運用コストは、下表にサマリーされています。


契約採掘の開始($/T 採掘済) $4.76/トン 採掘済 (尾鉱および原鉱)
処理開始($/T 粉砕済) $22.90/トン 粉砕済
輸送開始(本船渡し $105.00/トン 精鉱
$/T 出荷済) 港に輸送済

PEAアナリストのために達した運用コストは、次のように得られました。

-- 金属および鉱物処理施設のアウトソーシング業務と保守の分野の専門企業であるMinopexの契約採鉱コスト

-- 鉱業、インフラ、選鉱プラント設計、建設のプロジェクトマネジメントを専門とする複数分野の多国籍組織であるDRAからの処理コスト

-- end-to-endサプライチェーンソリューションの世界大手プロバイダのひとつであるPanalpina World Transport Ltd. (Panalpina)から得られたプラント構内から貨物船への輸送コスト

DRAとMinopexは姉妹企業です。両社は、モロプロジェクト設計の開発、フィージビリティスタディ、詳細なエンジニアリング、建設のためのシームレスなターンキーソリューションを、サプライチェーン全体にわたるDRAとMinopexオファリングの価値と共に、Energizerに提供しています。

Panalpinaには、Sherritt International Corporationの何十億ドル規模のAmbatovyニッケル・コバルト・プロジェクトなど、マダガスカルで操業中の企業への物流専門知識の提供で、長年にわたり確立された実績があります。この経験には、物理的な輸送が含まれませんが、マダガスカルにおける税コスト削減や税関手続きの簡素化に関する知識が含まれています。この経験は、Panalpinaのグローバルサプライチェーン物流ソリューションと相まって、Energizerに、ピット~港~顧客間の包括的ソリューションを提供しています。

DRAに計算された処理コストは、ディーゼル発電に基づいています。フィージビリティスタディは、他に2つのオプションを評価します。1) ディーゼル燃料のほぼ半額の重油の使用、2) 石炭火力発電所を利用しているSakoa Coal Fieldプロジェクトからの電力買取コスト。

DRA Minerals鉱業部長のRobin Borley (Sakoa Coal FieldプロジェクトのRed Island Mineralsの元COO)は次のようにコメントしました。

「入手可能な最新情報によれば、Sakoa Coal Fieldプロジェクトは進捗中で、2017年には生産を開始する見込みです。この操業規模をサポートするためには、インフラの大幅なアップグレードと開発が必要です。これには、港への輸送回廊と、Soalara自体の深水港の開発が含まれ、石炭火力発電を含む可能性があります。また、道路までの電化鉄道線路の可能性があります。炭田の将来のインフラ開発は、Molo Graphite Mine予定地の操業費削減の大きな機会を提供します。」

予備経済調査

プロジェクトの実行可能性財務モデルの準備と高レベル財務評価は、南アフリカのセンチュリオンを拠点とするプロジェクト投資顧問ブティックのCresco Project Finance (Cresco)により独立して実施されました。DRAは、Whittle 4.4 Optimization Software Packageと社内計算とデータベースによって得られた鉱山と処理仮定を提供しました。

財務リターン計算は、Crescoが、次の入力事項をベースにした財務リターンマトリックスに、資本および営業費を入力することにより得られました。

-- 未調整 - すべての鉱業資金が100%株となると仮定
-- 調整済 - 鉱業資金が、株(42%または$69,817,000)と、10年間の米ドル固定率 (2年の資本猶予 + 8年間の運用)で利息8.5%の負債(58%または$ 98,961,000)の混合と仮定
-- 税引き前 - 税率を適用しない
-- 税引き後 - マダガスカル特有の法人税率の22%で仮定
-- 実質 - 一定の2013年のドルベースを仮定
-- 公称 - 次のインフレ因子を仮定
---- 2.5% 所得インフレ率(長期US CPIに沿った従来の仮定)
---- 3.0% 採鉱コストのインフレ率
---- 4.0% 処理コストのインフレ率
---- 3.5% 他の間接費

次の表は、1,169,749トン/年の鉱山に対するCrescoの財務リターン計算をサマリーしています。

-------------------------------------------------------------------
IRR ペイバック NPV
主要財務リターン (20年) (年) (USD'000)
-------------------------------------------------------------------
未調整プロジェクトIRR 税引前 公称 52% 3 $ 555,783
実質 48% 3 $ 421,464
税引後 公称 45% 3 $ 460,146
実質 41% 3 $ 341,803
-----------------------------------------
調整済プロジェクトIRR 税引前 公称 71% 2 $ 428,607
実質 66% 2 $ 329,258
-------------------------------------------------------------------

有資格者

PEAに関する技術データ、経済インジケータ、情報は、DRA鉱業部長(鉱業QP)のRobin Borleyと、DRA処理部長(処理QP)のGlenn Bezuidenhoutにより、レビューと承認が行われ、PEA調査から取られた設計パラメータと財務インジケータを真に反映するものと見なされています。このリリースがベースにしている技術報告書は、45日以内にSEDARに提出されます。

Energizerについて

モロ鉱床はGreen Giant Graphite区域にあり、Malagasy Minerals Limitedての合弁会社(JV)資産の一部です。Energizerは持分権の75%を所有しており、プロジェクトの運用者です。

詳しい情報は、弊社ウェブサイト( www.energizerresources.com リンク )をご覧ください。

セーフハーバー条項:このプレスリリースには、多くのリスクと不確実性が含まれている可能性のある将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。実際の出来事や結果は、本書に記述されている見込みや予測と著しく異なる場合があります。

注意書き:上記の資源評価は、カナダ証券規制当局の要件に沿ったNational Instrument 43-101に従って計算されています。米国での報告の目的には、異種の規格にもSECのスタッフ解釈による業界ガイド7 (1934年米国証券取引法による)が、埋蔵量として鉱化帯を分類するために適用されます。特に、「精測」、「概測」、「予測」鉱物資源などの用語は、National Instrument 43-101に従うことが必要とされます。米国証券取引委員会はこの用語を認識しません。カナダの規格は米国証券取引委員会の要件と著しく異なります。ここに記述された鉱物資源情報は、米国証券取引委員会の要件に従って公開されている鉱物埋蔵量に関する同等の情報と比較できません。

鉱物資源は鉱物埋蔵量ではなく、実証された経済的実行可能性はありません。この鉱物資源評価には予想鉱量が含まれていますが、これは通常、鉱物埋蔵量として分類可能にするような、経済面での考慮事項に適用するには、地質学的に投機的と過ぎると見なされています。予想鉱量が、今後の試掘で精測および推定鉱量のカテゴリーに変わるか、経済的考慮事項が適用された後で鉱物埋蔵量に分類されるようになるという確証はありません。

米国の投資家は、「予測」鉱物資源には、その存在に関して著しい不確実性があり、経済的・法的実行可能性にも大きな不確実性があることを理解する必要があります。さらに、投資家の皆様は、同社の鉱物資源の一部または全部が、可採粗鉱量を構成するか、変換されると見なさないようにご注意ください。

お問い合わせ先:
Energizer Resources Inc.
Brent Nykoliation
経営企画担当SVP
無料ダイヤル:+1-800-818-5442または+1-416-364-4911
bnykoliation@energizerresources.com

Energizer Resources Inc.
Craig Scherba
社長兼COO

Energizer Resources Inc.
Richard Schler
業務担当執行副社長
www.energizerresources.com リンク

概要:Energizer Resources Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事