logo

ユーザックシステム、出荷業務を効率化する企業向け「送り状発行ソフト」の新版を発売。

複数の運送会社とのEDIに対応、基幹システムとの連携機能も強化

ユーザックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:宮原 克昭)は、企業の出荷業務で必要となる送り状、荷札発行システム「送り状名人」の最新バージョンを開発し、3月1日に販売を開始いたします。

送り状名人は、運送会社ごとに様式が異なる送り状を各種発行できるほか、運送会社と送り状データを交換することで、送り状を発行しない「送り状レス」にも対応します。

送り状レスのしくみは、荷札ラベルだけで出荷できるため、送り状発行の時間が短縮できます。

さらに送り状問合せ番号を自社で管理でき、荷物の配送状況の確認を迅速におこなえます。

新バージョンでは、データ変換ツールを実装し、運送会社とのEDIや基幹システムとのデータ連携にかかわる開発工数を大幅に削減できます。

運送会社ごとに専用の端末を導入している企業にとっては、システムの一元管理は大きなメリットであり、送り状発行、送り状レス、データ連携、荷物の問い合わせ対応など、出荷業務の全体の効率化とお客様サービスの向上などの効果が期待できます。


【送り状名人の特徴】

1.様式の異なる複数の運送会社の送り状、荷札の発行が可能です。

2.複数の運送会社とのEDIに対応でき、送り状レスを実現できます。

3.さまざまな送り状発行形態を選べます。
(1)エントリー発行
(2)バーコードリーダーによる発行(出荷指示書のバーコードをスキャン)
(3)基幹システムから出荷データを受け取るはバッチ発行

4.データ変換機能により、他システムと柔軟に連携できます。

5.送り状の問合せ番号が自社で管理できます。


【新バージョンの特徴】

1.開発工数の削減
データ変換ツールの実装により、運送会社とのEDIや基幹システムとのデータ連携に関わる開発工数を削減。

2.業務効率化の追求
送り状発行画面のレイアウト変更を利用者ごとに設定可能に。発行画面の使い勝手が向上。

3.バーコード連携
出荷指示書などのバーコードを読み取り、送り状発行対象データを瞬時に表示・印刷。

このプレスリリースの付帯情報

出荷業務の効率化に。

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事