logo

◎PV Expo 2013においてPID耐性モジュールを発表

伊藤組モテック株式会社 2013年02月27日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎PV Expo 2013においてPID耐性モジュールを発表

AsiaNet 52201

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

PV Expo 2013においてPID耐性モジュールを発表

伊藤組モテック株式会社
2013/2/26

伊藤組モテック株式会社(本社:北海道石狩市)は、PV Expo 2013においてPIDに対して高い耐性を有する太陽電池モジュールの出展を発表いたします。当社の太陽電池モジュールは、第三者機関であるインターテック・テスティング・サーヴィセス社による結晶シリコン太陽電池モジュールにおけるPID(電圧誘起出力低下)の耐性テストIEC62804の第1版システム電圧耐久試験に合格いたしました。このテストは、高い温度や湿度の環境にさらされた時に高電圧を付加しモジュールの出力特性感度を測定します。

PID (Potential Induced Degradation:電圧誘起出力低下)は、モジュールが高電圧にさらされると発生し、モジュールの電気的性能とソーラーシステム全体の効率に影響を与えます。
このPID耐性試験は、摂氏60度、相対湿度85%、1,000ボルトの正と負両方の電圧による厳しい試験条件下でインターテック・テスティング・サーヴィセス社によって実施されました。その結果、伊藤組モテック株式会社製太陽電池モジュールの電力低下は1%未満であることが確認され、また外観上全く変化は見られませんでした。

当社の太陽電池モジュールは、伊藤組グループの優れた製造技術と厳しい品質管理能力を受け継ぎ、自社の厳しい試験による過酷な環境下におけるテストも実施済で長期間の使用において高い信頼性を確保できることを確認しております。また、PIDに関連したパフォーマンス上のリスクを低減し、安定した出力の保証をお客様にお約束できることをうれしく思います。(代表取締役 社長 張 國 恩 談)

PV Expo は水素・燃料電池、太陽電池、風力発電、二次電池など各分野が出席する国内最大級スマートエネルギーの展示会で、2月27日から3月1日まで開催日されます。
当社は、Booth No.E49-13に出展しておりますのでご来場をお待ちしております。
詳細についてはこちらを参照ください。  リンク

伊藤組モテック株式会社の紹介
伊藤組モテック株式会社は、世界的太陽電池セル・モジュールメーカーのMOTECH INDUSTRIES, INC.,(本社:台北市)と創業120年をむかえる伊藤組土建株式会社(本社:札幌市)の共同出資により設立し、長年培った確かな技術に裏付けされた高い信頼性、幅広い専門知識、厳しい品質管理、そしてセル、モジュール、太陽光発電に必要な太陽光発電システム機器までのトータルマネジメントによりお求めやすい価格を実現し、北海道の地からお客様が安心して太陽エネルギーを有効活用できる住宅、産業、事業、公共用の太陽電池モジュールの生産、および太陽光発電システムを提供する会社です。

media contact: Sharon O'Shea, +1-610-659-9091, sharon_oshea@motech-americas.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。