logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート ソフトバンクが注力する超高速ネットワーク構築舞台裏

株式会社リクルートキャリア 2013年02月27日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■高速通信を支える基地局技術に高まる関心
ソフトバンクが注力する超高速ネットワーク構築舞台裏
――――――――――――――――――――
高速データ通信仕様TD-LTEの互換技術であるAXGPサービスを開始したWireless City Planning。世界規格の最先端技術を真っ先に日本で展開することに、彼らが燃える理由は何なのか、『Tech総研』編集部は最先端技術にかける、その強いモチベーションの在りかを探りました。

携帯電話からスマートフォンへの転換に伴って、データ通信によるトラフィック需要が、爆発的かつ局所的に増加しています。それに対応するために近年、第3世代(3G)携帯電話を高度化した高速データ通信仕様LTE(Long Term Evolution)が生まれていますが、中でも同じ周波数帯を極めて短い単位時間に分割し、上り方向と下り方向を交互に切り替えて利用(時分割多重方式)するのがTD-LTE方式です。

日本では、ソフトバンクグループのWireless City Planning(ワイヤレス シティー プランニング:以下WCP)が、TD-LTEと互換性のあるAXGP技術を用いたデータ通信サービスを、2011年より東京・大阪・福岡の一部地域で開始。その後、WCPから回線提供を受けたソフトバンクモバイルが一般向けサービスを開始し、「SoftBank 4G」ブランドで提供するAXGPと、自社の「ULTRA SPEED」のデュアルモードに対応したデータ専用Wi-Fiルータ端末や、スマートフォン端末を提供しています。

この開発プロジェクトメンバーで、技術予算を担当している楠弘次氏はこう語ります。「AXGPのスピードに一度触れたらやみつきになりますよ。理論値に近いスループットを実際に体感すると、それまで速いと感じていた通信も一転遅いと感じてしまいます。ハイビジョンクラスのWeb動画がストレスなく視聴できるのは感動的。つい、周りの人にも『見てみて』、と言いたくなります」

本レポートでは、ウィルコム時代の資産を引き継ぎながら、それを最先端の技術で高度化し、幅広いユーザーに提供しようとするエンジニアたちの活躍や、開発の軌跡についても詳しくレポートしています。


▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
基地局の開局ラッシュを支えるソフトバンク社内SEたち
リンク

ウィルコムの自社IP網収容プロジェクト開発ストーリー
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事