logo

ドイツのREFUsol(レフソール)社、PVシステムExpoに出展

REFUsol 2013年02月26日 18時25分
From JCN Newswire

高効率のパワーコンディショナ(太陽光発電インバーター)と革新的な監視ツール・システムを展示、日本支社を設立し日本市場での本格的なビジネス展開を

Metzingen / Tokyo, Feb 26, 2013 - ( JCN Newswire ) - 太陽光発電インバーター(パワーコンディショナ)分野の世界的な大手メーカーであるREFUsol GmbH(本社:ドイツ、メッツィンゲン市)は、2月27日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催される「第4回太陽光発電システム施工展」(PV システム EXPO)に出展、自社製の20kWと24kWのインバーター、PVシステム用の革新的な監視ソリューションなどを展示します。ブースは 東3ホール E22-9です。

また日本での本格的なビジネス展開に備え、REFUsolは2012年8月に東京に日本支社所を設立しました。株式会社レフソールの代表取締役クリスチャン・サイデルは、「日本の太陽光発電市場は巨大なポテンシャルを秘めています。早いスピードで進化しているこのマーケットの迅速な開拓を、革新的な製品や高い付加価値のソリューションを提供することで目指しております」と語っています。

定格出力23.2kWのコンパクトなモデルREFUsol 024K-ULは、設置が簡単で、太陽光発電設備の発電量の最大化に貢献します。数十kWから数メガワットの屋上システムやソーラーパークに最適な12~24kWシリーズも推奨製品です。低照射の場合でも、2×125~450Vの優れたMPP範囲を保つことで、最大効率は98.2%に達しています。これほどの高い効率のおかげで、自然対流冷却を利用して熱を散逸させることが可能です。

レフソールのインバーターは、高度な内部設計により、小型で、軽量、高い信頼性を実現しています。軽量、コンパクトに加えてプラグ・アンド・プレイ機能も備えてあり、どのモデルでも輸送、設置が非常に容易です。さらに、自然対流冷却方式とIP65保護により、完全防塵防水となっています。トランスレスのこのインバーターの対地電圧変動を低く抑えることで、多数の薄膜モジュールと一緒に使用することもできます。

今回のPV システム EXPOでは、シリコン・カーバイド・テクノロジー(SiC)を採用している最先端モデルREFUsol 020K-SCIも展示します。このモデルは、98.7%という非常に高いピーク効率を誇っています。通常のシリコン・トランジスタより回路損失の低い炭化ケイ素(シリコン・カーバイド)トランジスタを利用したメリットとして、出力電圧・入力電圧の全範囲に渡り、高いピーク効率を確保することが可能になりました。さらに、騒音もなく、高温度の環境でも動作に問題のないハイエンドモデルのインバーターとなっています。レフソールのインバーターは、数年連続でPHOTON誌の効率ランキングで上位を占めており、020K-SCIモデルは「A+」という最高評価を得ています。

また、監視ツールのREFUlog (レフログ)も展示します。ウェブベースのポータルサイトで、「ベーシック」または「プロ」のバージョンを用意しています。PV設備の効率性を制御・分析する際にオペレーターをサポートします。追加のパラメーター表示やデータの新たなエクスポート機能、Eメールによる最適化された情報提供と報告をもとにPVシステムの監視はさらに簡単なものとなります。なお、ベーシック版・そしてプロ版ではより包括的に、統計に関する機能性の最適化も実現しました。今後数カ月の間に新しい追加機能を予定しています。勿論、レフログの使いやすいスマートフォン用アップ(iPhone(R)とAndroid)も利用できます。このように、レフログ監視システムのデータを掌握、概観できます。

REFUsol GmbH について

- 太陽光発電のパイオニア
パワーエレクトロニクス工学の専門企業としてREFUsol GmbHは1965年に設立、高品質のインバーターを作り続けています。1997年初頭、REFUsolは、長年の経験を活かし、初のライン励式太陽光発電インバーター製品を開発しました。現在、REFUsol製品は世界中で太陽光発電システムやソーラーパークに採用されています。REFUsolの品質基準は厳しく管理されており、ISO9001:2000認定を取得しています。REFUsol GmbHは、高率性の高い太陽光発電インバーターの開発から生産、販売まで一貫して手掛けています。最大効率 98.7%を誇るREFUsolインバーターは、市場において最も効率性の高い製品で, ストリングインバーターからセントラルインバーターまで、出力範囲は 3.6 kW~1.3 MW の広範囲に及びます。多様性に富んだシステム構成は広く市場をカバーし、住宅用から大規模なソーラーパークにおよぶシステムに対応しています。またREFUsol GmbHは、太陽光発電における最先端技術の開発から製造まで広範囲に取り組んでいます。その一例が、PVシステムのパフォーマンスをデータベース化できるREFUlogインターネットポータルサイトの開発です。これにより、お客様が保有する太陽光発電プラントの重要な運用パラメーターをネットワークを経由してモニターでき、データの確認、分析が可能になりました。

- 26カ国、4大陸で目指すゴール―強力な存在感
REFUsol は、ドイツおよびヨーロッパ全土にスタッフを配置し、日本、米国、インド、中国、韓国に拠点を構え、多くの国内販売企業及びサービスパートナーと提携し、世界中に展開しています。世界中のすべての主要PV市場におけるお客様を専門知識と製品でサポートしています。

詳しくはWebサイト www.refusol.com リンク をご覧ください。

問い合わせ

KK REFUsol
株式会社レフソール
クリスチャン・サイデル/中井
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2
BUREX 麹町4F, Office #408
T: 03-6272-9568
F: 03-6272-9574
E: info-japan@refusol.com
www.refusol.com リンク

Headquarters
REFUsol GmbH
Michael Groll
Uracher StraBe 91
72555 Metzingen | Germany
T: +49 (0)7123 969-355
F: +49 (0)7123 969-30355
E: michael.groll@refusol.com | www.refusol.com リンク

PR会社
株式会社井之上パブリックリレーションズ
レフソール担当:鈴木/リットウィン
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34
新宿御苑前アネックス2階
T: 03-5269-2301
F: 03-5269-2305
E: suzuki@inoue-pr.com
m-litwin@inoue-pr.com

概要:REFUsol

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。