logo

◎ファーウェイが世界最速のスマートフォンAscend P2を発表

ファーウェイ・デバイス 2013年02月26日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ファーウェイが世界最速のスマートフォンAscend P2を発表

AsiaNet 52213
共同JBN 0207 (2013.2.26)

【バルセロナ(スペイン)2013年2月25日PRN=共同JBN】情報通信技術(ICT)ソリューションの世界的大手プロバイダーであるファーウェイ(華為技術、Huawei)は25日、2013年モバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress)で世界最速のスマートフォンであるファーウェイAscend P2を発表した。Ascend P2は、ダウンロード・スピードが最大150 Mbpsの超高速ウェブ体験を提供する1.5GHzクアドコア・プロセッサーとLTE Cat 4を特徴としている。Ascend P2はAscend Pシリーズのこれまでの外観を引き継ぎ、第2世代となるCorning(登録商標)Gorilla(登録商標)Glassのインフィニティーエッジ4.7インチIPS高精細インセル・タッチ・ディスプレーを備えた8.4ミリの薄さである。

(Photo: リンク

ファーウェイConsumer Business Groupのリチャード・ユー最高経営責任者(CEO)は「Ascend P2はエレガンスとパワーを完全な形で兼ね備えており、パーフェクトなスマートフォンが欲しいときに妥協する必要が一切ないことをあらためて実証するものである。Ascend P2は当社が世界の消費者に提供することをコミットした優れたスマートフォン体験と素晴らしい技術を実証している」と語った。

ファーウェイAscend P2は2013年6月にOrangeを通じてフランスで発売される予定。

Orangeのイブ・メートル上級副社長(モバイル・マルチメディア&デバイス担当)は「ファーウェイと再び協力して、当社の顧客が好みのコンテンツすべてに簡単に素早くアクセスできることを実現でき大変うれしい。われわれはそのデザインに感動しており、できるだけ早く顧客の手にAscend P2を届けたい」と語った。

Orange Franceのデバイス・マーケティング・ディレクターであるフロレンス・パー氏は「ファーウェイAscend P2の技術性能によって、当社の顧客は当社の最新4Gネットワークで最大150 Mbpsのスピードですべてのコンテンツに素早くアクセスすることができる」と語った。

ファーウェイAscend P2はファーウェイ独自のEmotion UI 1.5を組み込み、Android 4.1オペレーティング・システム(OS)で稼働する。Ascend P2は2420 mAhバッテリー、1.5GHzクアドコア・プロセッサーを搭載し、高精細ムービーを数分でダウンロードし、オンライン・ビデオ、ウェブページ、楽曲、電子書籍を数秒のうちに読み込むことができる。ファーウェイ独自の「迅速な共有(swift sharing)」は、WiFi環境にある他のスマートフォンよりも3倍から4倍速くアップロードとダウンロードが可能である。同社のNFCモジュール(注)が組み込まれたAscend P2は電子支払が可能であり、電子チケットとしても機能する。ファーウェイ独自のQuick Power Control(QPC)とAutomated Discontinuous Reception(ADRX)省電力技術によって電力消費を30%軽減でき、充電時間もその他のスマートフォンと比較して25%短縮できる。

ファーウェイAscend P2は、ファーウェイのAscend Pスマートフォンのファッション特徴を引き継ぎ、シームレスでエレガントなデザインと曲線美の外観を備えたインフィニティー・プールのイメージを連想させる。in-cell技術を利用したLCD4.7インチIPS高精細タッチスクリーンは薄さ8.4ミリの格好よさである。その「マジック・タッチ」機能は手袋をしていても反応するようにスクリーン応答が強化され、インスタント・キー変換とWikipedia検索は「スマート・リーディング」を備える単一ウインドー上で行うことが可能である。スクリーンは照明条件によって自動的に明るさが調整されるので、ユーザーはあらゆる照明の下ですべての機能を利用できる。

ファーウェイAscend P2は、HDR機能付きの13 MP BSI裏面カメラと、自画像やビデオ撮影をサポートする1.3 MP前面カメラを含む優れた写真およびビデオ機能を提供する。さらに電話の横にある専用のカメラ・キーは、写真撮影、1回のクリックでのカメラ起動、さらにその後の撮影などに瞬時にアクセスを可能とする。ファーウェイの最新のカメラ・アルゴリズムによって、高精細写真が逆光条件でも撮影できる。Ascend P2は自動調整モードによって専用のカメラをしのぐ写真が撮影できる。

Ascend P2で利用できるファーウェイ Emotion UI(注)は簡単に利用でき、カスタマイズも可能。UniHome機能はホーム・パネルをメインメニューと組み合わせる一方、特許申請中のファーウェイのME Widgetは、単一のカスタマイズ可能なウィジェットの中に必要なすべての情報と機能を収めることによって、スクリーン画面を活用している。Emotion UIはまたスマートフォン・ハウスキーパー機能がプリインストールされ、リアルタイムのデータトラフィック追跡、自動ブラックリスト作成・ブロッキング、定期的なシステム・クリーニング、アイドル・プログラムからの即時終了/キャッシュ・クリーンアップのほか、ウイルスチェック、省電力、プライバシー保護、ソフトウエア管理などをサポートする。

Ascend P2は2013年第2四半期に世界発売される予定。

(注)この機能は選ばれた市場だけで利用可能。

▽ファーウェイ・デバイス(Huawei Device)について
ファーウェイの製品およびサービスは2012年末時点で、140カ国以上で展開し、世界人口の3分の1以上に提供されている。ファーウェイはまた、米国、ドイツ、スウェーデン、ロシア、インド、中国など世界20カ所以上に研究開発センターを設置している。消費者事業は、携帯電話、モバイル・ブロードバンド・デバイス、ホーム・デバイス、クラウド、コンシューマー・チップセットを含む幅広い製品を提供するファーウェイの3つの事業グループの一つである。Huawei Consumer Business Groupは、情報通信技術(ICT)セクターでの20年以上の豊富なビジネス専門的知識、広範なグローバル・ネットワーク、大規模なグローバルな事業展開、パートナーを備え、ファーウェイ・デバイスを通じて消費者に最新技術をもたらすことに注力し、世界中の人々に可能性あふれた世界を提供し素晴らしい体験を生み出している。

詳細についてはファーウェイ・デバイスのウェブサイトwww.huaweidevice.comを参照。

ファーウェイ・デバイスについて、以下のサイトで定期的に最新情報を提供している。
Facebook: www.facebook.com/huaweidevice
Twitter: www.twitter.com/HuaweiDevice
YouTube: www.youtube.com/user/HuaweiDeviceCo
Flickr: www.flickr.com/photos/huaweidevice

▽報道関係の問い合わせ先
Sybil Lau, Burson-Marsteller Hong Kong
+852 2963 6771
sybil.lau@bm.com

ソース:Huawei Device

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。