logo

◎アウディのquartoが累積生産500万台を達成 優れた技術の勝利象徴

アウディ 2013年02月26日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎アウディのquartoが累積生産500万台を達成 優れた技術の勝利象徴

AsiaNet 52215
共同JBN 0207 (2013.2.26)

【ネッカースウルム(ドイツ)2013年2月25日PRN=共同JBN】アウディ(Audi)のフルタイム4輪駆動(4WD)システムquartoの累積生産台数が500万台に到達、25日に500万台目のquatro車が生産ラインを後ろにした。一般道路やモータースポーツ場で活躍したquatroにとって実りの多い33年間を特別に祝福する催しが同日、アウディ(AUDI AG)で執り行われた。記念すべき車は白のAudi A6 allroad 3.0 TDIで、同社ネッカースウルム工場で生産ラインから発進した。記録されるべきは4輪駆動の開発において業界をリードし続けたことである。他のどんなトップブランドの自動車メーカーでも、4輪駆動車でこれだけの販売実績を上げたところはなく、比較できるレンジで幅広い品ぞろえを提供したメーカーは存在しない。quatro のバリエーションは140種以上ある。

(Photo: リンク )

quattroの技術は1980年に伝説のオリジナルquatroでデビューした。すべてのボディー、エンジンおよびドライブシステムを全部合わせると、quatroモデルの車種タイプは140以上になる。Audiは4輪駆動車では最大のレンジで乗用車を提供している。Audi Q7、R8、A4オールロード、A6オールロード、それに加えてすべてのS型、RS型モデルのquatroドライブシステム搭載車を独占的に販売している。また、それ以外のモデルラインでもオプションとして搭載することが可能である。

アウディのルペルト・シュタトラー社長は「quatroは当社ブランドの柱の一つであり、成功の歴史における極めて重要な要因だった。quatroフルタイム4輪駆動は、技術による前進を直接体験することを実現した。われわれはパイオニアとしての役割を自覚して、この優位性を新しい技術とともに維持して行く」と語っている。

quartoは技術以上の存在であり、一つの象徴である。名前自体がドライビングセーフティーとスポーツ感覚、技術的な能力とダイナミックな振る舞いを表している。それは、どんな悪路の条件下でも運転の足を引っ張ることはない。路上やモータースポーツにおけるquattroモデルの成功は、伝説的なテレビコマーシャルのシリーズでも取り上げられたが、1986年、フィンランド・カイポラのスキージャンプ場の助走路をAudi 100 CS quattroが自力で登ったことから始まった。

「quatro」は「Audi」を意味し、「Audi」は度々「quatro」を意味する。2012年、Audiを購入した顧客の43%以上がquatroモデルを選択した。それは新しい記録となった。Audi Q5の販売台数は20万5600台で最大数だった。2012年、SUVのドライバーだけが4輪が並んだAudiブランドの4輪駆動車を購入したわけではなく、他のモデルラインを購入した4人に1人もquatroドライブ搭載車を購入した。quatroモデルが特によく売れているのは米国、カナダ、ロシア、それに中東の市場である。2012年の統計によると、ドイツでも年間9万9800台のAudiの4輪駆動車の新車登録があり、ライバルメーカーと比べて一段と多い。

500万台目の車が生産ラインから発進したネッカースウルム工場にとってquatroは極めて重要である。Audiが生産している半分以上の車が4輪駆動車だからだ。

アウディのスペシャルキャラクターは、AUDI AGの子会社であるquatro GmbHが独占的モデルを提供している。quatro GmbHは高性能モデルRS、およびR8モデルの開発と生産を担当している。顧客はメーカーにカスタマイズさせることができるし、特別アクセサリーをつけさせることも可能だ。これに対する需要も拡大している。quatro GmbHの従業員は800人で、過去30年の歴史におけるダイナミックな成長を示している。

より詳しい情報とquatroの歴史については以下のサイトを参照。

リンク

あるいは

リンク

アウディ・グループ(Audi Group)は2012年、約145万5100台のアウディ・ブランド自動車を販売した。同年1月から9月末まで、会社は377億ユーロの売り上げがあり、営業利益は42億ユーロだった。アウディの生産拠点はインゴルシュタットとネッカースウルム(ドイツ)、ジョル(ハンガリー)、長春(中国)、ブリュッセル(ベルギー)にある。Audi Q7 はブラチスラバ(スロバキア)で生産されている。2012年11月、Audi Q7のCKD生産は、アウランガバード(インド)でのAudi A4、A6、Q5生産に追加された。ブリュッセル工場では2010年からAudi A1の生産が続けられているが、2012年には新しいA1 Sportbackの生産も始まった。Audi Q3は2011年6月からマルトレル(スペイン)で始まった。会社は世界で100以上の市場で営業活動をしている。AUDI AGの完全子会社は 、AUDI HUNGARIA MOTOR Kft.(ハンガリー・ジョル)、Automobili Lamborghini S.p.A.(イタリア・サンターガタボロニェーゼ)、AUDI BRUSSELS S.A./N.V.(ベルギー・ブリュッセル)、 quattro GmbH(ネッカースウルム)などであり、他にスポーツバイク製造のDucati Motor Holding S.p.A.(イタリア・ボローニャ)がある。Audiの従業員数は世界全体で現在6万8000人である。 うちドイツが5万人。2012年から2016年の間に130億ユーロの投資を計画している。主な投資は新製品開発と生産活動の拡大である。目標は当社の「技術を通じて前進する」のモットーに込められた技術的な先進性を持続することである。Audiは現在ジョル(ハンガリー)の敷地を拡大しており、2013年後半には仏山(中国)で、2016年にはサンホセチアパ(メキシコ)での生産を開始する。

Ingolstadt Communications
Michael Baumann
Head of Technology Communications
Tel: +49-841-89-42593
e-mail: michael1.baumann@audi.de
リンク

Neckarsulm Communications
Holger Kirsch
Press Spokesperson for Neckarsulm Site
Tel: +49-7132-31-87434
e-mail: holger.kirsch@audi.de
リンク

ソース: Audi AG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。