logo

子育て層向け住まい提案 第三弾『HAPPY HUG III(ハッピーハグ スリー)』誕生

大和ハウス工業株式会社 2013年02月26日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/02/26

大和ハウス工業株式会社
株式会社ベネッセコーポレーション

大和ハウス工業「xevo(ジーヴォ)」×ベネッセコーポレーション「たまひよ」のコラボレーション
子育て層向け住まい提案 第三弾『HAPPY HUG III(ハッピーハグ スリー)』誕生

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)と株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、社長:福島保、以下:ベネッセ)は、大和ハウス工業の戸建住宅商品「xevo(ジーヴォ)」とベネッセの妊娠・出産・育児ブランドの「たまひよ」とのコラボレーションによる、子育て層向け住まい提案の第三弾となる『HAPPY HUGIII』(以下:ハッピーハグIII)をご提案します。

 両社は家族の幸せを育む住まいを実現するため、共同調査の結果から導き出した「コミュニケーション」と「成長」をキーワードに、様々なアイデアを形にし、2008年4月から『ハッピーハグ』を、2009年7月からは『ハッピーハグII』を提案しています。
 今回『ハッピーハグIII』の開発に当たっては、ベネッセが主催する日本最大級の女性限定・会員制のコミュニティサイト 「ウィメンズパーク」、「みんなの口コミランキング」内で、キッチンやダイニング、タタミスペース等の提案に関する人気ランキング調査を実施しました。その結果得られた合計20,803人のリアルな意見を参考に、子どもだけではなく、家族みんなの笑顔が生まれる工夫を盛り込みました。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。