logo

「全国地震予兆情報サービスTIP」公開3週間で1000アカウントの申込超え&海外での事業化推進

REホールディングス株式会社 2013年02月26日 08時50分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013.2.26

REホールディングス株式会社

「全国地震予兆情報サービスTIP」公開3週間で1000アカウントの申込超え
更に、海外での解析事業に向けた調査を開始

全国地震予兆情報サービスTIP(リンク )を2013年2月1日より公開したREホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:下久保重義)では、当初事業想定を大幅に上回る1000アカウントの申込を受注。

その為、サービス開始時にアナウンスしていた、限定1000社に月額1万円(別途初期設定費3万円)で設定していた料金を、3月末日までの申込受けまで適用することに修正しました。

また、各国研究機関や政府機関からの熱烈なオファーにより、将来的に台湾・インドネシア・シンガポール・マレーシアなどの環太平洋で地殻変動解析を行うために、本年3月15日以降各国での現地調査を開始し、3年以内でのサービス提供開始を図りたいと考えております。

地震大国「日本」の積み重ねてきた様々な研究成果が、環太平洋の「震災」に対して安全・安心を提供できることは、日本企業が出来る最大の国際貢献であると考えております。

【提供情報概要】
サービス名:全国地震予兆情報提供サービスTIP
URL:リンク
目的:企業において、自社の社員・工場・店舗の安全を守ることは使命であると思われます。
事前に大地震の情報を入手することにより、避難や備蓄・休業等の様々な次善策を講じることが出来ます。地震予兆情報を提供することにより、実際に大地震の被害に見舞われる方々に対して、心構えや事前行動を促したいと考えます。

【全国地震予兆情報概要】
(1)世界400+α点のInternational GNSS Serviceの情報をNASAから直接提供を受け解析。
(2)日本全国1240ヶ所の「GPS電子基準点」の位置情報を解析。
(3)上記二つのデータを15年間解析し、地震発生前に起きる異常な地殻変動をデータベース化
(4)毎週、地殻変動の解析情報と、地震発生前の異常な地殻変動をレポートとして提供
(5)3年以内に環太平洋の地殻変動解析も開始予定

【事業意図】
企業においては、社員の安全、店舗・工場の安全を守ることは、社会的使命であると考えます。
そのため、事前情報提供を行うことで、地震に向けた避難や備蓄などの様々な対応策を
備えるために、本事業において情報提供を行います。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事