logo

◎南アに貢献したジョナサン・ジャンセン教授ら4氏に授賞

Education Africa 2013年02月22日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎南アに貢献したジョナサン・ジャンセン教授ら4氏に授賞

AsiaNet52172
共同JBN 0191 (2013.2.22)

【ニューヨーク2013年2月22日PRN=共同JBN】かつてアパルトヘイト(人種隔離)時代の人種差別とイデオロギーを最も包括的、弾力的な高等教育制度に成功裏に変えようとしている南アフリカの一人の先駆的教育者が、6月3日にニューヨークで表彰される。

このリリースに関連するマルチメディア資料の閲覧は以下のサイトを参照。
リンク

フリーステート大学(University of the Free State)副学長で牧師のジョナサン・ジャンセン教授は、Education Africa Lifetime Achievement Award(アフリカ教育生涯業績賞)を受賞する。同賞は南アが過去のつらい伝統を克服し、全国民にその能力を発揮する機会を与えることを支援する大きな働きで顕彰される。

同賞のこれまでの受賞はサー・ボブ・ゲルドフ、サー・リチャード・ブランソン、デズモンド・ツツ大司教、デービッド・ディンキンス元ニューヨーク市長ら。

ジャンセン教授とともに表彰されるのは、Africa.comの創始者で最高経営責任者(CEO)のテレサ・クラーク氏である。クラーク氏は極めて成功している南ア学生の奨学制度Student Sponsorship Program South Africa(SSPSA)の共同創設者としてEducation Africa Humanitarian Award(アフリカ教育人道主義賞)を受賞する。この賞はハーブ・アンド・ジョイ・カイザーに2011年初めて授賞された。

南アフリカのブラック・ビジネス協議会のエンダバ・エンステル会長、ヨハネスブルク証券取引所のジェフ・ロスチャイルド元所長は、長年にわたり組織を堅実に支えてきたことで Education Africa Allegiance Award(アフリカ教育忠誠賞)を受賞する。これまでの授賞者はウィーン市長、大英帝国勲章CBE受章者マイケル・ゲーガン、マシュー・ボスロック各氏。

これらの賞はEducation AfricaおよびBrand South Africa主催でニューヨークのマンダリン・オリエンタル・ホテルの晩さん会で贈られる。

Education Africaは1992年に設立された。その使命は、南アフリカの恵まれない人々が今日のように競争の激しい世界経済の中で充実して成功する生涯に備える高度の教育を取得するのを支援することである。Education Africaに関する詳しい情報とその熱心な各種プロジェクトは、リンクを参照。さらにまた付属するドキュメントEducation Africa at a Glanceも参照できる。

Brand South Africa(リンク)は、南アフリカ大統領が指名する管財人による公的資金トラストである。同トラストは政府内外のパートナーと協力して、営業し、投資し、訪問する場所そしてそこから製品、考え方、創造性を引き出す場所としての南アの価値命題が完全に評価されることを目指す。

Brand South Africaの米国カントリーマネジャーであるサイモン・バーバー氏は「われわれは南アフリカが世界的な競争力を持つことは、3つの言葉、すなわちinspiring new waysで集約できると言いたい。今年顕彰されるそれぞれの人は、inspiring new waysを具現するそれ自身の道を歩んでいる。それゆえにわれわれは、Education Africaとともにこれらの人々に敬意を表すことを名誉に思う」と語った。

Education Africaの表彰晩さん会は、すべてのアフリカ人の祝賀行事であり、豪華な南アフリカ料理が提供され、当夜招待客だけの南アフリカのイースタンケープのマリンバ・バンドの演奏付きである。このバンドは教育を受ける機会に恵まれない若い人々に国際舞台で果たす機会を与えるEducation Africa International Arts & Cultureプロジェクトの一端である。マリンバ・バンドは長年、ウィーン、ロンドン、スロバキア、ニューヨークの聴衆を楽しませてきた。主催者はまた、受賞者の一人であるジョナサン・ジャンセン教授が基調講演に招いている。

これらの賞は高く評価されており、企業や金融機関経営者、チャリティーや学会の指導者、メディア、南アフリカ政府代表ら多くが出席を予定している。主催者はアフリカに関心があるかアフリカに関係したいというすべての法人がこの価値あるイベントの参加することを歓迎している。各方面のスポンサーの機会に関するリストはEducation Africa Global Awards - New York
リンク)からアクセスできる。

ソース:Education Africa

▽問い合わせ先
James Urdang (- 7 hours EST),
Executive Director: Education Africa,
Tel: +27-11-685-7300, Cell: +27-83-708-3499,
Email: james@educationafrica.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。