logo

ソフツー、OANDA Japanにクラウド型コールセンターシステムBlueBeanの提供開始

株式会社ソフツー 2013年02月22日 09時00分
From DreamNews


株式会社ソフツー(以下 ソフツー、代表取締役社長:赤迫 紀忠、本社:東京都中央区)は、OANDA Japan 株式会社(以下 OANDA Japan、代表取締役社長:石村 富隆、本社:東京都千代田区)にクラウド型コールセンターシステムBlueBean(ブルービーン)を2013年2月13日に提供開始。
革新的なFXサービスプロバイダーであるOANDA Japan(オアンダジャパン)はこれまでOANDA Japanは、FXサービス「OANDA fxTrade」に関する電話対応業務をビジネスフォン用のPBXで行っていたが、問い合わせ増加に伴う顧客対応の効率化とコールセンター業務効率化を目的にクラウド型コールセンターシステムBlueBeanを採用。

既存の顧客情報が柔軟に挿入可能であることや、インターネットを使える環境であれば、いつでもどこでも通話できるのでBCP上活用でき、かつ低価格でシステムの利用が可能な点が採用のポイントとなった。

※OANDA Japanについて
OANDAJapanは店頭外国為替証拠金取引 ( リンク ) に技術革新をもたらし、現在の店頭外国為替証拠金取引市場を形成してきたOANDA Corporationの日本法人。同社のオンライン取引プラットフォーム『OANDA fxTrade』は高速約定、保有ポジションの一括決済、1通貨単位から取引、1秒単位で計算されるセコンドバイセコンドスワップなど、数々の『業界初』を打ち出してきた。また、OANDAは数多くの賞を受賞しており、それは同社の取引プラットフォームの能力と柔軟性を裏付けている。2012年、Financial TimesとInvestors Chronicleから「ベストForexプロバイダー」を、Forex Magnatesから「ベストFXブローカー」を受賞。さらに、Investment Trends Singaporeからは、「ベストバリュー・フォー・マネー」および「総合顧客満足第1位」に選ばれた。
※ BlueBean(ブルービーン)について
BlueBean ( リンク )は「マルチテナント」「セキュア管理」「高信頼性」を基本コンセプトに設計開発、Asteriskベースのクラウド型コールセンターステムです。アウトバウンド機能のプレディクティブ発信(自動予測発信)、インバウンド機能のマルチ着信ポップアップ、ACD(スキルベースルーティング)、IVR、全通話録音などのコールセンター向けCTI機能を月額1万円から導入可能。中小企業のコールセンター業務、電話業務に機能面や価格面でジャストフィットします。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
■OANDA Japan 株式会社
TEL:0120-923-213(受付時間:8時~20時、土日を除く)
E-Mail:support@oanda.jp
URL:リンク

■BlueBeanお問い合わせ専用ダイヤル
TEL:0120-979-338 (土・日・祝日・年末年始を除く)
e-mail:bluebean@softsu.com
BlueBeanオフィシャルサイト:リンク
ソフツーオフィシャルサイト:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。