logo

新しいランニングシューズカテゴリー アダプティブ ランニングから「モビアム ランナー エリート」を発表

プーマ 2013年02月21日 16時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

新しいランニングシューズカテゴリー アダプティブ ランニングから「モビアム ランナー エリート」を発表

AsiaNet 52160

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

新しいランニングシューズカテゴリー アダプティブ ランニング(TM)から
「モビアム ランナー エリート」を発表

プレスリリース


2013年2月21月 ドイツ ヘルツォゲンアウラッハ発  - スポーツライフスタイルブランドのプーマ(R)は、ランニングシューズにおける新カテゴリーとなるアダプティブ ランニング(TM)からモビアム ランナー エリートを発表しました。

     (Photo: リンク )

プーマのモビアム ランナー エリートは、足に呼応して伸縮する(アダプティブ ランニング, TM)ランニングシューズです。解剖学に基づき、自然界から発想を得て作り上げられたこのシューズは、2年間のデザインと開発の月日を経て完成しました。人間の足が3つの方向(縦、横、斜め)に動くことを考慮し、今まで以上に自然で効率的なミッドフットストライクを推進します。

ストラテジー&イノベーション グローバル ディレクター、 ルイス・ジョセフがモビアム ランナー エリートの技術的改革について述べています。「プーマのイノベーションは、刺激的でリスクをも恐れないアイディアでアスリートの力を最大限に生かすことを目標としています。モビアム ランナー エリートの開発においては、パフォーマンスに対する研究と想像力が組み合わさり、今までにない新しいカテゴリーが誕生しました。それが、PUMAが新たに提唱するアダプティブ ランニング(TM)です。そして、人間の体の動きに合わせて作られたダイナミックなこのモデルは、モビアム ランナー エリートと名付けられました。ゲイトサイクルで変化する足の動きに合わせ伸縮するようデザインされたこのシューズは、型にはまり静止した従来のシューズの構造の常識を覆します。この自由に形を変える構造は秘めた能力を持っており、革新的な提案ができると信じています。」

下記3つの特徴により走法をヒールストライクからミッドフットストライクへと導き、スムーズな足回りを生み出します。

1. モビアム バンド
足の自然なバネの力を向上させます。アウトソールに組み込まれた8の字の輪が足の腱に働きかけるようデザインされています。大きな力を加えるほど、より大きなバネの力を生み出します。

2. ウィンドラス シャーシ
ウィンドラス(巻き上げ式)メカニズムをファースフォームによって表現しており、走行時の脚の動きに合わせ伸縮します。アッパーとアウトソールはシャーシに沿ってデザインされているので動きに応じて自在に変化します。骨に沿って動く柔軟性と中足部まで伸びるアッパーにより安定性が得られます。

3. エクスパンション ポッド
プーマのデザインチームは効率の良いストライドに着目し、地球上で最も効率的に走るネコ科の動物からヒントを得て、アウトソールのエクスパンション ポッドを開発しました。蹴りだし時に収縮し、着地時に伸長し、足の自然な動きに合わせて伸縮するポッドが搭載されています。結果、クッション性、安定性、柔軟性が生まれ効率的で自然な走りが可能となります。

「モビアム ランナー エリートはパフォーマンスランニングのパラダイムを変える存在になると信じています。」とプーマのインターナショナル フットウェア ゼネラルマネージャー メアリー・テイラーは述べています。「複数の革新的なテクノロジーが組み合わさることにより完成した新カテゴリーのフットウェアです。従来のランニングシューズは静止した形状で作られ、動く足と同じ動作を行いません。モビアム ランナー エリートは、実際動く足と共に伸縮し、変化するようデザインされています。プーマはパフォーマンスを違う観点から調査し、従来の考えを打破し、真なる改革を求めました。この結果により誕生したモビアム ランナー エリートは、ランナーたちに未知なる体験をもたらすことでしょう。」  

日本では2月15日より発売予定です。カラーバリエーションが増え4月中旬からはフルラインナップが登場します。

詳しくは、www.puma.co.jp/runningもしくは、www.puma.jp/mobiumをご覧ください。


本件に関するお問合せ
プーマハウス東京 担当:石井/鈴木
Tel: 03-6418-6080  Fax: 03-3499-0875  E-mail: mioh.ishii@puma.com   harumi.suzuki@puma.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事