logo

◎CPA Globalが電子文書管理のFirst To Fileを買収

CPA Global 2013年02月21日 16時05分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎CPA Globalが電子文書管理のFirst To Fileを買収

AsiaNet 52130
共同JBN0173 (2013.2.21)

【セントヘリア(ジャージー島)、サンマテオ(米カリフォルニア州)2013年2月21日PRN=共同JBN】知的財産(IP)専門家向けIP専用文書管理システム(DMS)とコラボレーション・プラットフォームで市場をリードするため、技術投資を拡大。

IP管理とソフトウエアの世界大手スペシャリストであるCPA Globalは21日、IP産業向けに特化した電子文書管理システムのデベロッパーで米シリコンバレーに本社を置くFirst To Fileを買収したと発表した。

買収によってCPA Globalは実績のある、IP専用電子文書管理システム(DMS)をクライアントに提供することが可能になる。このシステムは、独立したサービスもしくは市場をリードしているCPA GlobalのIP管理ソフトウエア・ソリューションにより深く統合されたものとして提供される。CPA GlobalとFirst To Fileはすでに、両社製品の統合ソリューションを使用している顧客をかかえており、今回の買収によって両社製品の統合は一段と加速されることになる。First To Fileはまた、他ベンダーによるIP管理・文書システムのサポートも積極的に行う予定である。

First To Fileは米カリフォルニア州サンマテオに本社があり、アイダホ州ボイジーで操業している。同社は企業のIP担当部門、法律事務所のIP実務向けに、セキュアなSaaS(ソフトウエアアズアサービス)ベース文書管理と専用のコラボレーション・プラットフォームを開発している。First To Fileのすばらしい顧客リストには、フォーチュン500社や一流のIP関係法律事務所が含まれている。

CPA Globalのピーター・シーウェル最高経営責任者(CEO)は「IPコミュニティーには、技術的な進歩 やビジネス慣行の変化、さらにはコスト面や持続可能性を考慮することによって、紙から電子文書へと移行するはっきりした傾向がある。顧客はますますペーパーレスIP管理へのサポートを求めるようになっており、First To Fileの買収によって、いまや付加価値IP管理サービスの一環としてCPA Globalがこのサポートを提供できるようになるのを喜んでいる」と語り、さらに次のように述べた。

「First To Fileは、優れた製品、技術力、強力な顧客関係、高い水準の顧客満足度を備えた革新的企業である。投資、リソース、国際的ネットワークの面でCPA Globalがバックアップすることにより、First To Fileは大手国際的グループ、IP管理市場のリーダーの一員として、その潜在力を発揮し、これまで以上の成功を遂げるだろう。First To Fileの既存顧客と見込み客には、結合した両社のリソースによって一段高いレベルの革新とサービス、CPA Globalとの一層緊密な統合、IP管理ソリューションにおけるオープン・インテグレーションへのサポート提供が約束されている」

First To Fileのジェームズ・バーグロンCEOは「First To Fileは、デジタルIP文書管理ソリューション提供で定評のある業界リーダーであり、技術イノベーターである。CPA Globalもまた、サポートの面で業界リーダーである。First To Fileは製品開発、サービス提供、市場進出でさらに新しいレベルに到達するものと確信している」と語っている。

▽CPA Globalについて
CPA Globalは世界トップの知的財産(IP)管理、IPソフトウエアのスペシャリストであり、リーガルサービス・アウトソーシングの大手プロバイダーである。CPA Globalは欧州、米国、アジア太平洋にオフィスがあり、幅広いIPおよび法務サービスを多くのグローバル大手企業や法律事務所に提供してリスク管理、コスト、法務能力管理を支援し、そのビジネス、IP資産により大きな価値を付加している。

CPA GlobalはIPポートフォリオの価値を最大化するため、IPポートフォリオの保護、維持、定期的見直しが確実に行われるようにすることによって、特許、デザイン、商標など価値あるIP権利の管理支援を行っている。CPA Globalは顧客と緊密に協力し、IPに関する決定を下す際の根拠となるべき最高の情報を持っており、下された決定を実行するのを手助けする最高のサポートを約束する。

CPA Globalのサービスには、特許ポートフォリオ評価と最適化、特許リサーチ・分析、特許・商標の更新、さらには資料編集、商標監視、ドメイン管理のようなIPサポートサービスが含まれている。CPA GlobalはまたFoundationIP、Inprotech、Ipendo、Memotech という4つの市場をリードするIP管理ソリューションを提供している。これらは異なる顧客のタイプとその特定の必要性に合わせてオーダーメードされており、同時に提供しているDiscoverは世界で最も先進的な特許検索プラットフォームである。

CPA Globalはまた、現在注目されているリーガルサービスのアウトソーシング分野における有力プレーヤーとして、米国およびインドのデリバリーセンターを通じて取引サポート、契約管理、コンプライアンス、法務リサーチなど品質が高く、費用対効果のある法務サポートサービスを提供している。

CPA Globalは英王室領チャネル諸島のジャージーに1969年に設立され、現在1500人以上を雇用し、当社オフィスと広範な代理店ネットワークを通じて世界200の法的管轄地域の顧客にサービスを提供している。CPA Globalの顧客リストには、欧州、北米、アジア太平洋に本社を置く世界的企業から中小企業、革新的新興企業、また国際的法律事務所から国や地域のIP法律事務所まで多様な顧客が含まれている。詳細は以下のサイトを参照。リンク

▽First To Fileについて
First To File(FTF)は、2006年創業の米国カリフォルニア州サンマテオとアイダホ州ボイジーを本拠とするソフトウエア企業で、知的財産情報管理技術を専門にしている。First To Fileの製品は、世界の法律関係文書のストレージ、管理、分析を自動的に行い、法律事務所、企業の法務担当者がリスクを減らしより効果的に仕事ができるようにしている。

FTFのElectronic File Room(EFR)for Patents and Trademarksは、あらゆる規模のIP企業法務担当部門、法律事務所向けのウェブをベースとした文書管理・自動化ソリューションである。フォーチュン500社や一流のIP法律事務所が使用しているEFR for Patents and Trademarksは、紙への依存を減らし、コストを下げながら全体に対する視認性、効率、品質を増加させて実行過程を変革している。詳細はリンクを参照。Twitterは@FirstToFile、  Facebook はリンク

▽報道関係問い合わせ先
CPA Global:
Steve Clark
+44(0)20-7549-5504,
sclark@cpaglobal.com

Victoria Knowles
+44(0)20-7549-4585,
vknowles@cpaglobal.com


ソース: CPA Global

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事