logo

◎アエロメヒコ航空が好調な1月輸送実績を発表

アエロメヒコ航空 2013年02月20日 16時43分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎アエロメヒコ航空が好調な1月輸送実績を発表

AsiaNet 52123
共同JBN0168(2013.2.20)

【メキシコ市2013年2月20日PRN=共同JBN】メキシコ最大の国際航空会社アエロメヒコ航空の持株会社Grupo Aeromexico S.A.B de C.V.(以下Aeromexico)(BMV:AEROMEX)は20日、今年1月の輸送実績報告を発表した。

Aeromexicoは1月、121万5000人の乗客を輸送した。これは前年比1%増となる。国際旅客は6.2%増となり、国内旅客は1.2%減だった。

有償旅客キロ(RPK)で算出された同航空の旅客需要は前年比2.1%増であり、座席キロ(ASK)で計算された旅客輸送能力は同比5.3%増だった。1月の座席利用率は従って74.8%となる。

January
                                    2013       2012       Var
RPK's Itinerary + Charter (Millions)
Domestic                             731        737      -0.9%
International                      1,298      1,250       3.8%
Total                              2,029      1,988       2.1%

ASK's Itinerary + Charter (Millions)
Domestic                           1,052      1,036       1.6%
International                      1.665      1,544       7.8%
Total                              2,718      2,580       5.3%

Load Factor (Itinerary)                                   p.p
Domestic                            69.5       71.3      -1.8
International                       78.3       81.0      -2.7
Total                               74.8       77.1      -2.2

Passengers  Itinerary + Charter ('000)
Domestic                             834        844      -1.2%
International                        380        358       6.2%
Total                              1,215      1,202       1.0%


メキシコ民間航空総局(DGAC)の最新リポートによると、Grupo Aeromexicoは2012年12月時点で国内線市場の35%、国際線市場の14%を占めている。Grupo Aeromexicoは通年では、全市場の16%、その内国内線市場で38%、国際線市場上で14%を占めている。

Market Share (Passengers Itinerary + Charter)
                       December                 YTD December
                  2012  2011     Var         2012  2011    Var
Domestic            35%   37%   -2.8          38%   40%   -2.4
International       14%   14%   -0.4          14%   14%    0.1
Total               24%   25%   -1.6          26%   27%   -0.9

DGACの市場シェアデータは、Grupo Aeromexicoの1カ月の輸送実績の中で公表された航空運送業者 輸送実績報告書に基づいている。

このリポートに含まれる情報は監査前の情報で、同社の将来の業績に関する情報を提供するものではない。アエロメヒコ航空の将来の業績は様々な要因に起因する事から、それぞれある期間の業績あるいは前年比較が将来の同様の業績の指標になると推測することはできない。

用語解説:
*RPK(Revenue Passenger Kilometers、有償旅客キロ)は、1キロを輸送する有償旅客を表している。RPK総数は、輸送された有償旅客数を飛行した距離で乗加算したものに相当する。
*ASK(Available Seat Kilometers、座席キロ)は、座席数を飛行した距離で乗加算したものを表す。この数字は航空会社の 旅客輸送能力 の指標である。それは座席が利用されるかどうかにかかわらず、1キロ当たりで提供される1座席に相当する。
*Load Factor(座席利用率)は、提供された座席数の割合として、輸送される旅客数に相当する。この数字は輸送される総旅客数とフライト日程で利用できる総座席数を考慮に入れる。
*旅客(Passengers)は、航空会社が輸送した総旅客数である。

▽Grupo Aeromexicoについて
Grupo Aeromexico, S.A.B. Ltd.は、メキシコを拠点として顧客満足を追及したサービスを提供する商用航空運送事業である子会社(アエロメヒコ航空及び アエロメヒコ コネクトなど)の持株会社である。同社はボーイング777、767、737および最新機種のエンブラエル145、170、190を所有している。2011年時点で重要な拡大計画が着手され、その中には24カ月間にわたり新たに航空機20機と資産を導入することが含まれている。アエロメヒコ航空は2012年、100機のボーイングを購入する同意書を結んだと発表した。それは90機のボーイング737MAX、10機のボーイング787-9ドリームライナーであり、メキシコの航空史上最大規模の投資プログラムとなる。

Grupo Aeromexicoは メキシコシティ国際空港第2ターミナルを主要ハブ空港として運航している。グループ所有の航空機は、メキシコ国内、米国、カナダ、中南米、さらには欧州、アジアのさまざまな都市に毎日600便余りを運航している。

アエロメヒコはスカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーである。スカイチームは以下の19の航空会社で構成される世界的な航空連合である。加盟航空会社はアエロメヒコ航空のほかアエロフロート、アルゼンチン航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス、アリタリア、中華航空、中国東方航空、中国南方航空、CSAチェコ航空、デルタ航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、中東航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空。スカイチームはすべての加盟航空会社の旅客に、より多くの目的地と便数、より便利な乗り継ぎで世界的なネットワークを提供する。旅客は加盟航空会社の個別の フリークエントフライヤープログラムでマイレージを貯めて特典を利用することができ、世界の525空港で用意されているラウンジでくつろぐことができる。スカイチームは187カ国、1000の目的地に向けて毎日1万5000便余りを運航し、年間5億5200万の旅客に利用されている。

ソース:Aeromexico


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事