logo

SAS Institute Japan、大学・大学院の研究者向けGUIアナリティクス・パッケージ「SAS Analytics Pro Academic Suite」を198,000円で正式版として提供


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は本日、大学や大学院などの学位授与高等教育機関の研究者向けのデスクトップ版アナリティクス製品「SAS(R) Analytics Pro Academic Suite (アナリティクスプロ・アカデミックスイート)」を、本日から特別価格にて提供すると発表しました。初年度年間ライセンス価格(*)は198,000円(税別)からで、1年間のライセンスに加えて、バージョンアップの権利および技術サポートが含まれています。

同構成の製品を2012年12月末までの期間限定のキャンペーン価格198,000円(税別)で提供していましたが、大学から継続の要望が多く、このたび正式版として提供を開始します。また、昨年のキャンペーンでは提供していなかったデスクトップ版のデータマイニング製品「SAS(R) Enterprise Miner(TM)」をオプション製品に追加しました。

SAS Analytics Pro Academic Suiteは、広く利用されているGUIアナティクス・パッケージ「SAS(R) Analytics Pro」と、各種のPCアプリケーションのファイル(Microsoft Excel、Microsoft Accessなど)にアクセスするための「SAS/ACCESS(R) Interface to PC Files」から構成されます。

「SAS Analytics Pro Academic Suite」は、次のような特長を備えており、研究者が分析、統計解析を行うために必要な機能が包括されています。

・クエリビルダーによって豊富なデータハンドリング機能をGUIの操作だけで定義できる
・複数のデータファイルをハンドリングして、仮説検証しながら分析できる
・分析モデルの種類が豊富であり、基礎統計から検定、回帰、多変量解析まで実行できる
・分析者が複雑なプログラミングなしに、マウスのポイント&クリック操作で直感的に分析することができる
・Microsoft ExcelやIBM SPSSなどの外部ソースからデータを簡単にインポートできる
・分析結果をMicrosoft Officeアプリケーションなど用いて容易に活用することができる

本パッケージは、主に研究者がデスクトップで利用するための特別ライセンスで、以下の価格構成になっています。

<SAS Analytics Pro Academic Suite 価格構成>
パッケージ名称: SAS(R) Analytics Pro Academic Suite
構成製品:
SAS(R) Analytics Pro
SAS/ACCESS(R) Interface to PC Files
初年度年間ライセンス価格*:1ライセンスあたり198,000円(税別)

<SAS Analytics Pro Academic Suite オプション製品>
製品名:
・SAS/OR(R) (オペレーションズ・リサーチ)
・SAS/QC(R) (品質改善向けツール)
・SAS/IML(R) (対話式の行列プログラミング)
・SAS/ETS(R) (時系列分析と計量経済分析)
・SAS(R) Enterprise Miner(TM) デスクトップ版 (データマイニング・ツール)
・SAS/ACCESS(R) Interface to DB2
・SAS/ACCESS(R) Interface to Netezza
・SAS/ACCESS(R) Interface to ODBC
・SAS/ACCESS(R) Interface to OLE DB
・SAS/ACCESS(R) Interface to Oracle
・SAS/ACCESS(R) Interface to Sybase
・SAS/ACCESS(R) Interface to Teradata
(各データソースへのアクセスとデータベースの統合)
・SAS/CONNECT(R) (複数のコンピューティング資源を1つの企業規模のクライアント/サーバー・ソリューションに統合)
・SAS/SHARE(R) (SASデータに対する同時更新アクセスを提供するデータサーバー)

*次年度以降は別途、更新ライセンス料が必要となります。バージョンアップの権利および技術サポートが含まれています。

SASは、1976年の創業以来、教育市場に対して、アナリティクスを教育、研究、および学校経営に活用するための支援を続けています。豊富なユーザー基盤をもつ医薬・薬学系の大学への支援をさらに強化するとともに、利用促進のために目的別の研究部会を立ち上げ、特に文系の大学への取り組みを推進します。

・SASマーケティング研究部会
・SAS統計手法研究部会
・SAS社会科学研究部会
・SAS看護解析統計研究部会

また、新しい施策として、文系・理系と情報系の融合した学部・学科や、統計学が多用される心理学、教育学、経済学、社会学、経営学、及び看護系の学部・学科を有する大学を対象とした、因子分析・データ・マネジメントの特別講座を、2013年1月から月2回、全24回で開始しています。

今後も、日本の教育機関に最適な製品やサービスを提供するとともに、教育機関と連携して各種施策を実施することで、“未来”のデータ・サイエンティストやアナリストの育成に貢献していきます。

<お客様からの問い合わせ先>
SAS Institute Japan株式会社 アカデミックマーケティング担当
E-mail: sasjacademic@sas.com

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の60,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約240名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事