logo

[電子書籍 / 音楽・動画配信などのデジタルコンテンツ向け不正コピー対策サービス]サイファー・テックのDRMサービス、2012年度年間利用回数1,000万回を突破

~電子書籍の本格化を追い風に前年度比227%増達成~

サイファー・テック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田基晴、以下 サイファー・テック)が開発・販売を手掛ける、電子書籍販売や音楽・動画配信などのデジタルコンテンツ流通向けの不正コピー対策サービス(DRMサービス)「CypherGuard(サイファーガード)」の2012年度(2012年1月1日~12月31日)の年間利用回数(ライセンス認証回数)が、前年度比227%増となる12,967,334回を達成いたしました。



サイファー・テック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田基晴、以下 サイファー・テック)が開発・販売を手掛ける、電子書籍販売や音楽・動画配信などのデジタルコンテンツ流通向けの不正コピー対策サービス(以下 DRMサービス※1)「CypherGuard(サイファーガード)」の2012年度(2012年1月1日~12月31日)の年間利用回数(ライセンス認証回数)が、前年度比227%増となる12,967,334回を達成いたしました。

※1:DRM(Digital Rights Management)デジタルコンテンツに対し、暗号化を施して不正コピーによる著作権侵害、重要情報の漏えいを防止する技術


【年間利用回数1,000万回突破の経緯】~電子書籍配信サービスの本格化~

サイファー・テックは2003年の設立以来、暗号利用技術を中核にデジタルコンテンツの不正コピー対策・著作権保護対策として、自社開発の国産DRMサービスの開発・販売を手がけてまいりました。

近年デジタルコンテンツ流通市場は音楽配信、動画配信を中心に年々拡大を続けてきました。そして昨年2012年は  音楽・動画配信に加えて「電子書籍元年」と言われるなど、スマートフォン・タブレット端末の普及をはじめ、電子書籍専用端末の拡充や出版各社の参入などを要因に、電子書籍配信サービスの本格化が進んだ年となりました。
そのような市場動向下、「CypherGuard」は国産のDRMサービスとして、楽天株式会社様の「楽天ダウンロード」や 株式会社ベネッセコーポレーション様の「進研ゼミ高校講座」をはじめとしたデジタルコンテンツ流通サービスに採用されてまいりました。

「CypherGuard」はライセンス認証を施した正規のデジタルコンテンツを配信することにより不正コピーを防止する仕組みとなっており、2012年度は「CypherGuard」を施したデジタルコンテンツが年間で約120万端末にて累計12,967,334回ダウンロードされたことになります。


【CypherGuardについて】~マルチプラットフォーム・マルチフォーマット対応~

「CypherGuard」はサイファー・テックが自社開発する国産のDRM技術であり、
・Windows、MacOS、iOS、Androidの主要OSに対応したマルチプラットフォーム対応
・音声、動画、画像、電子書籍、ソフトウェアなど多彩なデータフォーマットの保護が可能なマルチフォーマット対応
を特徴とします。

各OS上で動作するクライアントプログラムとサイファー・テックがASP(SaaS)提供する認証サーバにより構成され、保護されたデジタルデータは、利用可能な端末台数や有効期間指定等の様々なルールに基づいて、許可されない閲覧、不正コピー、改ざん行為等から守ることが可能です。


【今後の展開】~企業・組織の情報セキュリティ分野への本格進出を計画~

サイファー・テックでは、引き続きDRMサービスのサービス向上および導入促進を図りながらデジタルコンテンツの適正な流通に寄与するとともに、さらにはデジタルコンテンツ流通分野にて培った実績とノウハウを基に、今後は企業や組織の 情報セキュリティ分野への本格進出も進めていく計画です。


サイファー・テック株式会社について
サイファー・テック株式会社は、DRM技術(Digital Rights Management)や情報セキュリティ技術を中核に、デジタルコンテンツ流通向けのコンテンツ保護やBYOD(Bring Your Own Devices)に対応した情報漏えい防止に関する製品開発、ソリューション提供、システムインテグレーションを行うテクノロジベンダです。
また太平洋と清流と山に囲まれた徳島県海部郡美波町にクリエイティブオフィス「美波Lab(ラボ)」を開設し、サーフィン・釣り・農作業 など、自然に囲まれた環境でのライフスタイルとクリエイティブワークを両立させる“創造的ワークスタイル”に挑戦しています。


設立:2003年2月
事業内容:電子著作物保護システムの開発、販売 / 情報漏えい防止システムの開発、販売 / システムインテグレーション
URL:リンク


※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事