logo

第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施

株式会社MM総研 2013年02月19日 11時01分
From PR TIMES

■最高水準のAAAサービスに6社を選定  ■総合評価第1位はNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」 ■ユーザはクラウドに高品質かつ多様な機能・サービスを期待

■NTTコミュニケーションズ「Bizホスティング」が総合ランクAAAで第1位

 MM総研(東京都港区、所長 中島 洋)は2月19日、第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」の結果を発表しました。この調査は、企業の情報システム基盤や災害時に継続運用できる社会基盤に適したサービスを選定する新たな視点で、クラウドサービスの実力を客観的に評価することが目的です。本格的な普及期を迎えるクラウドサービスの適切な理解のために、MM総研が初めて実施した総合評価調査です。




 本調査では、クラウドサービス(IaaS/PaaS)を提供する主要な30社のサービスを対象として、「基本機能」、「サービス実装」、「ネットワーク」、「信頼性」、「運用サポート」、「料金体系」の6分野について、合計43項目にわたる詳細項目を重要度を加味した上でポイント化しました。これらの項目の重要度の算出にあたり、各企業でクラウドサービスの選定に関わる343名を対象にしたアンケートを実施しています。さらに有識者による審査委員会の検討を経て、総合的なランキングを評価しました。
 結果概要は以下の通りです。

【ビジネスクラウド総合評価調査 総合AAAサービス一覧】

-------------------------------------------------------------------------------------
順位 : 企業名/サービス名   :   総合評価
===============================================
1 : NTTコミュニケーションズ/Bizホスティング : AAA
2 : 日本IBM/IBM SmarterCloud : AAA
3 : 富士通/FGCP/S5 : AAA
4 : NECビッグローブ/BIGLOBEクラウドホスティング : AAA
5 : GMOクラウド/GMOクラウドPublic / IQcloud : AAA
6 : KVH/KVH IaaS : AAA
-------------------------------------------------------------------------------------

(詳細は添付の表データおよびプレスリリースを参照願います) 

 リンクリンク

 総合評価における最高水準の格付けとなるAAA(80点以上)を獲得したのは上記の6社です。

 その中で、NTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」が評価対象の6分野において、基本機能、サービス実装、ネットワーク、信頼性、運用サポートの5分野で最も高い評価となり、総合評価100点満点中94.6点を獲得。調査対象企業の中で第1位となりました。第2位となったのは日本IBMの「IBM SmarterCloud」。評価対象の6分野において幅広く高評価を獲得して総合評価88.9点、3位は富士通の「FGCP/S5」で、86.5点を獲得しました。


 クラウドサービスが企業の基幹系システムでも活用され始めた中、上位のAAAを獲得したサービスについては、企業向けに高信頼なサービスを提供する事業者が目立つ結果となりました。一方で、さくらインターネット、ニフティ、IIJ、IDCフロンティアなどAA以下各社クラウドサービスにおいても機能・サービスの充実化や改善が急速に進みつつあり、今後の調査でランキング変動の可能性は高いと分析しています。


●基本機能
 サービスの操作性や即時性、CPU等リソースの多様さ・豊富さなど8項目を評価。
NTTコミュニケーションズ、NECビッグローブ、KVHの3社が最も高い評価となりました。

●サービス実装

 ファイアーウォールやオートスケール機能など12項目について、クラウドサービスの利便性を高める付加サービスのメニューやバリエーションを評価。
NTTコミュニケーションズと日本IBMの2社が最も高い評価となりました。

●ネットワーク
 クラウドサービスを利用する上で欠かせないネットワーク機能やバックボーン容量などの7項目を評価。
NTTコミュニケーションズが最も高い評価となりました。

●信頼性
 企業向けにますます重要度が高まる信頼性において、データバックアップやSLA、BCP対策など6項目を評価。
NTTコミュニケーションズ、富士通、GMOクラウド、NECの4社が最も高い評価となりました。

●運用サポート
 サポート体制やカスタマーポータル、マネジメントサービスなどの6項目を評価。
NTTコミュニケーションズ、富士通、NECビッグローブの3社が最も高い評価となりました。

●料金体系
 課金方式や最小構成価格、支払い方法などの4項目を評価。日本マイクロソフトが最も高い評価となりました。


詳細は別紙1および2をご参照ください。

リンク


同調査の概要は、次の通り公開しています。 URL: リンク


【別紙1】

■AAAサービス評価詳細

■アンケートによるクラウドの選定要因/重要度※1

(43評価項目中、重要度上位10項目のスコア)

■格付け基準


【別紙2】

■「ビジネスクラウド総合評価調査」実施期間
2013年1月~2月上旬

■評価対象企業(30社)
Amazonデータサービス、GMOクラウド、Google、IDCフロンティア、IIJ、ITコア、KDDI、KVH、NEC、NECビッグローブ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTTデータ、SCSK、TIS、伊藤忠テクノソリューションズ、さくらインターネット、新日鉄住金ソリューションズ、ソフトバンクテレコム、電通国際情報サービス、ニフティ、日本HP、

日本IBM、日本ユニシス、日立システムズ、日立製作所、富士通、フュージョン・コミュニケーションズ、フリービット、日本マイクロソフト

■審査委員会メンバー
新谷 隆 氏 (国際大学GLOCOM 主幹研究員)
インターネットの経済、社会への影響や、情報通信産業に関する実証的研究が専門領域。サーバーホスティングとクラウドコンピューティングの市場特性、ASEAN各国における情報セキュリティなどをテーマにした調査研究を実施。2008年以来、産学協同型のホスティング&クラウドビジネス研究会を主査。


田口 潤 氏 (IT Leaders 編集長)
日経マグロウヒル(現・日経BP)入社。日経コンピュータの記者、日経情報ストラテジー副編集長、日経コンピュータ副編集長、日経ITプロフェッショナル編集長を経て日経コンピュータ編集長に就任。2008年インプレスビジネスメディア設立に伴い、取締役に就任し企業IT専門誌「IT Leaders」を創刊。


中島 洋 (MM総研 代表取締役所長)
日本経済新聞社産業部記者、慶應義塾大学教授等を経て、MM総研所長に就任。全国ソフトウェア協同組合連合会会長、総務省ASP・SaaS データセンタ促進協議会副会長等を兼任。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事