logo

◎禁酒のネットコミュニティー Abstainersが立ち上げ

Abstainers International 2013年02月19日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎禁酒のネットコミュニティー Abstainersが立ち上げ

AsiaNet 51966
共同JBN0094(2013.2.19)

【バーミンガム(英国)2013年2月19日PRN=共同JBN】デービッド・ベッカム、デンゼル・ワシントン、キム・カーダシアン、ジェニファー・ロペス、ドナルド・トランプ、トム・クルーズに共通するものは何か?

彼らはすべてアルコールと処方箋のないドラッグを飲んでいない。

彼らは酒やドラッグを摂取していないことを誇りに思っている有名人の一部にすぎない。サミュエル・L・ジャクソン、エルトン・ジョン、シャナイア・トゥエイン、ブルース・ウィリス、エリック・クラプトン、ジム・キャリー、レオナ・ルイス、「ハリー・ポッター」役のダニエル・ラドクリフら飲酒をやめた者やライフスタイルブランドのパーソナリティーもいる。

今日の問題は、多くの若者が仲間から酒やドラッグをたしなむようプレッシャーを受け、現代社会ではそれが当たり前と思っていることだ。

これまで、酒やドラッグの摂取を好まない個人を広く受け入れる場は宗教組織や禁酒団体以外になかった。禁酒、禁ドラッグの志を同じくするコミュニティーを公然と支持して受け入れ、大事にしようとする個人の行き場はどこにもなかったのである。

しかし、今はそれがある。「Abstainers International」または簡単に「Abstainers」(リンク)と呼ばれるのは、アルコールやドラッグを控える人々の新たな会員制ネットワークである。

Abstainersのメンバーシップは、生活上、酒もドラッグもいらないと誇りを持って断言するすべての人に開かれている。メンバーシップは年齢層、民族、階級、肌の色、家柄を問わない。宗教に基づく組織や特定の民族グループを想定したものではない。誰もがメンバーになれる。

Abstainers Internationalは「0%」ロゴで識別される。このシンボルは「酒類0%」「ドラッグ0%」のライフスタイル選択を示すもので、メンバーにはAbstainerと認識され、ほかのAbstainersに激励と支持を与えるため、0%ピンの着用を奨励する。
Abstainers.orgに加われば、無料の会員証とAbstainersの0%ロゴ入り襟ピンを受け取る。ピンには純銀、純金など各種メタリック仕上げがある。

メンバーはAbstainersに関する情報をオンラインで入手、Abstainersネットワークを利用してメンバー間の交流、イベントの企画と参加、グループ結成、見どころの紹介、お出掛けアイデアの共有ができる。メンバーはAbstainers精神の範囲内で、関連商品やサービスを推薦、活動を推奨することもできる。

今は以前と比べ、Abstainerとカミングアウトすることがはるかに許容されるようになった。告白を恐れぬライフスタイルの選択を自ら「クール」と表現したい人々にとって、今や世界には新しい挑戦と可能性が待っている。

Abstainers加盟はリンクを参照。

ソース:Abstainers International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。