logo

進化し続ける中古マンションの今のカタチ  住空間への安心感とこだわりを両立させた一棟リノベーション「リノマークス津田沼」

株式会社コスモスイニシア 2013年02月15日 14時30分
From Digital PR Platform


株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木 嘉幸、HP:リンク)が、大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、社長:渡邉 好則、HP:リンク)との共同事業第一号として展開している一棟リノベーションマンション「リノマークス津田沼」(千葉県習志野市、総戸数:65戸)に、産学民協同研究から生まれた“ココラボモデル”が新たに登場いたします。

中古マンションへの需要は年々高まる傾向にあり、マンション市場全体における中古マンションの成約比率は過去10年間で倍増(平成12年20%→平成24年40%)し、近い将来には、新築マンションと同等レベルに拡大する可能性が高いと見られています。平成24年10月に販売開始した「リノマークス津田沼」には、1月末までに約300組のお客様にご来場いただき、全体戸数65戸中50戸(77%)のご成約が完了いたしました。当社の新築分譲マンションで評価の高い設備・仕様を取り入れたことや、40年の長期修繕計画などの安心感も後押しとなり、中古マンション販売においては、高推移の反響を頂いております。

「リノマークス津田沼」では、暮らしやすい住空間作りのための2つの新しい取り組みを提案しています。

1.入居後の生活まで見通した一棟リノベーションマンションの提案
“いいものを、きちんと手入れをして、永く大切に使っていく”という考えに基づき、大手総合商社の社宅として19年間利用された建物を、専有部から共用部までトータルに刷新しました。
さらに、マンション管理会社大和ライフネクストとの共同により、永く住んでいただくための充実したアフターサービス制度も設定しています。

2.住む人自身のカスタマイズできる仕組みを導入した最新間取り“ココラボモデル”の提案
コスモスイニシアでは、“個々の住まい”を生活者×大学研究室とともに考える産学民協同研究プロジェクト「COCOLABO(ココラボ)」を実施しております。平成24年度は、“住まいながら手を入れることができる『余白』のある住宅”をテーマに、東京工業大学 塚本研究室と一緒に研究を行い、研究活動から導き出された答えを最新のモデルルーム“ココラボモデル”として提案しています。


コスモスイニシアでは、ストック住宅の有効活用と環境への配慮から、今後も一棟リノベーションマンションの展開を継続して実施していく予定です。平成25年5月には新たなリノベーションマンションのモデルルームをオープンする予定です。

≪「リノマークス津田沼」のリノベーションの特徴≫
■6つのメリット
メリット1 価格:同じ広さ・立地の新築と比べて価格が安い
メリット2 デザイン:共用部の設備やデザインも更新されている
メリット3 安心:建物診断による安心。一般的な中古物件に比べ売主のアフターサービスや保証が手厚くうけられる
メリット4 自由度:規格化された新築と違い、自分好みの間取りにデザインしやすい
メリット5 コミュニティ:一斉入居のため、入居者同士のコミュニケーションがとりやすい
メリット6 見学:実際の部屋を見ることができ、眺望や日当たりを確認できる

■8つのステップ
Step1:建物の厳選 → Step2:建物の診断 → Step3:大規模修繕 → Step4:共用部の改修 → Step5:間取りの再設計 → Step6:設備の一新 → Step7:プラスαの実現 → Step8:[完成]長期の安心制度

≪「リノマークス津田沼」の主なリノベーションポイント≫
『リノマークス津田沼』は、空地率65%以上、平均専有面積80m2以上というゆとりの広さを、デザイン・仕様・設備に活かし、さらに、共用・専有部分を含めてトータルに刷新する一棟リノベーションという手法をとることで、時代のニーズに合った住まいを実現しました。

<共用部分>
時間が経つにつれて、街並みの表情や暮らしの風景がゆっくりと変化していくように、人が住まいに求めるものも時代によって変わってきます。周辺環境との調和を考慮しながら、この住まいならではの個性を放つデザインはもちろん、表層だけにとどまらない、快適な暮らしのための機能性の向上を図りました。

<専有部分>
●設備の一新
現状のままで再利用できる収納や壁・天井下地などはできるだけ残しながら、その他の部分はスケルトンの状態にまで戻した上で、給水管・給湯管の交換など目に見えない箇所まで修繕を行っています。

●間取りのリ・デザイン
これまでの設備や仕様をただ単に最新のものに入れ替えるだけでは、リノベーションとは言えません。分譲マンション供給戸数10万戸という実績を活かし、お客様の声を反映した本当に“暮らしやすい”プランへの見直しを行っています。

<充実のアフターサービス>
●アフターサービス基準書
いつまでも永くお住まいいただくために、屋上防水の保証(最長10年間)など、一般の中古マンションにはない長期の安心制度です。

●「既存住宅性能評価書」A判定取得
お客様に安心してお住まいいただけるように、国の制度である「既存住宅性能表示制度」を適用します。指定評価機関が建物の状態を客観的に評価し、「現況検査・評価書」を各1戸ずつに対して発行します。この総合判定で「A」判定(特定劣化現象等が認めれらない)との評価を取得しています。

●「かし担保保険最長5年」
中古マンションのかし担保期間は、宅建業者の場合は2年が一般的ですが、「リノマークス津田沼」では、「既存住宅売買瑕疵担保責任保険」に加入し5年のかし担保期間を設定しています。かし担保期間内に構造耐力上主要な部分などの隠れたかしに起因して、耐力・防水などの基本的な性能や、排水管などの機能が失われた場合、かし保険の対象となり、保険会社からの保証を受けることができます。

●40年の長期修繕計画
マンションの資産価値は、定期的な修繕を行うことで維持されます。いつ、どこを工事し、費用はどれくらい必要かを予想し、前もってまとめたものが長期修繕計画です。通常のマンションでは30年なのに対し、「リノマークス津田沼」ではお引渡し後40年の長期修繕計画を立案し、長期にわたる安心をお届けします。

●共用部建物診断
建物をより優良な状態に保つために、共用部の建物診断を、6年目、18年目、30年目に実施する計画です。また、エレベーターなどのメンテナンス契約は、フルメンテナンス契約※とする安心の備えとしています。
※エレベーターの設備保守管理契約には、フルメンテナンス契約とPOG契約があります。フルメンテナンス契約とは備品の取替えや修理費が契約内に含まれたもののことで、POG契約は交換時の部品代などの費用が都度必要です。

≪“ココラボモデル”の特徴≫
コスモスイニシアでは、新しい住まいのカタチを実現するために、住まいながら手を入れられるような仕掛けをあらかじめ施した“こだわりづくり”と、住まう人自身が暮らし方に合わせて部屋をカスタマイズできる“あなた仕上げ”とそれらを応援する仕組み=「KASUTAMA(かすたま)」を提案してきました。
このKASUTAMA(かすたま)に平成24年度の『COCOLABO(ココラボ)』の研究結果を反映させ、進化させたものが“ココラボモデル”となります。

『COCOLABO(ココラボ)』は、生活者、大学研究室、コスモスイニシアの3者による協同研究プロジェクトで、平成18年より毎年テーマを変えて取り組んできました。平成24年度の研究テーマは“住まいながら手を入れることができる『余白』のある住宅”とし、東京工業大学 塚本研究室、一般の生活者とともに、作り手であるコスモスイニシアが作り過ぎない『余白』のある住宅について、4月から6月にかけて構想を練り、7月から11月にかけて企画設計し、12月から1月初旬にかけて施工・具現化しました。

●コスモスイニシアが提案する“こだわりづくり”と生活者による“あなた仕上げ”の事例
 キーワード「磨く」 ~北山杉、よし天井~

“ココラボモデル”では選択する素材にこだわりました。
例えば漆器を長く使うには、乾燥によるひび割れを防ぐため、定期的に使用し磨くことも重要です。
住まいも自然の素材にこだわり、手入れをすることによって、年月を重ねるたびに味わい深いつやが出てきます。
柱や床框の部分に取り入れた「北山杉」の素材は、表面加工を施さず無垢材を使用。傷がついても補修がしやすく、使い込むほどに愛着がわいてきます。“あなた仕上げ”で使い込むほどに味のある住まいに仕上げていくことを思い描いています。


◎物件概要
・所在地:千葉県習志野市津田沼6 丁目1 番1 号(地番)
・総戸数:65 戸、他に管理事務室1 戸、集会室1 戸
・構造・規模:鉄骨鉄筋コンクリート造・地上8 階建
・敷地面積:3,224.70 m2

◎『リノマークス津田沼』までのアクセス
・交通:京成本線「京成津田沼」駅 徒歩11 分、JR 中央・総武線「津田沼」駅バス12 分「袖ヶ浦団地入口」、バス停下車徒歩6 分、JR 京葉線「新習志野」駅バス12 分「袖ヶ浦第2 保育所」、バス停下車徒歩3 分

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。