logo

KDDIが実施する健康促進サービス実証実験でネオスがサービス開発、運営を支援

ネオス株式会社 2013年02月12日 12時50分
From PR TIMES

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下ネオス)は、KDDI株式会社(代表取締役社長:田中孝司 以下KDDI)が実施する、健康診断結果データ(以下、健診データ)を活用した健康促進サービス実証実験の支援を行ないます。



健診データを活用した健康促進サービスは、「Karada Manager」のシステムやノウハウを基盤にして、KDDIの人事部が保有する健診データから、受診者一人ひとりに合わせた疾患リスクの提示や改善プログラムの提案を行なうものです。ネオスは、慢性疾患予防サービスおよび健診データと実証実験中の日常生活の活動状況をまとめた個人向けレポートの開発、ECサービス連携をはじめとした実証実験全般のサポートを行ないます。

 

 KDDIが実施する今回の実証実験では、東京都内のKDDI事業所に勤務する男性社員を対象に、auスマートフォンを利用した慢性疾患予防サービスの実証を行ないます。対象者は、過去に受診した健診データをもとに提示される疾患リスクについて、食生活の改善や運動の習慣づけなど約60種の改善タスクのなかから、自分に合ったプログラムを約3ヵ月間実践します。プログラムの進捗状況は、毎週の「Weekly Report」で確認でき、進捗に応じたアドバイスを受けられます。また、血圧や体重など複数のバイタルデータの推移と合わせて管理することが可能です。また、2013年夏以降には、サービスの機能を拡張し、対象を社外に拡大したトライアルを予定しています。


ネオスは、今回の実証実験の支援を契機に、健診機関や医療機関など様々なバイタルデータ取得機関とのネットワークの構築および更なるサービスの開発(ITツール、改善プログラム、各種レポート、ECサービス)を行ない、慢性疾患の予防や健康促進のための仕組みづくりの拡大を図っていきます。


<Karada Manager について>
お客様一人ひとりに合わせたトータルヘルスケアサービスを、携帯電話やスマートフォン、 PC で提供するものです。記録内容に応じたアドバイスを表示するレコーディング機能、個人のニーズに合わせた健康情報を配信するコンシェルジュ機能、ダイエットや美容など、目的別プログラムを構築するトレーナー機能、著名人トレーナー考案の特別プログラムなど、多彩なコンテンツでお客様の健康&ダイエット生活をサポートします。

<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】リンク
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:アプリケーション・コンテンツ・ウェブにおける総合的な技術、ノウハウを応用して、顧客ニーズに対応したソリューションの提供を行う事業
◆プロダクト&サービス事業:開発したソフトウェア・システム・コンテンツ等のプロパティをライセンス、ASPサービス、コンシューマー・サービス等を通じて展開する事業

※掲載している画面イメージは開発中のものです。
※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。