logo

日本アバイア、モバイルコラボレーションの導入を容易にする「Avaya Aura® Suite Licensing」を発表

~セキュアなBYODを支援、従来の提供方法と比較して価格を最大40パーセント低減~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)は、本日、企業向けコラボレーションソリューション「Avaya Aura® Suite Licensing」を3月4日から提供開始すると発表しました。

Avaya Aura Suite Licensingは、「Essential Suite」、「Mobility Suite」、「Collaboration Suite」の3つのスイートで構成され、アバイアの従来の提供方法と比較して価格が最大40パーセント低減されます。
音声コラボレーション、モビリティ(セキュアなBYOD)、ビデオ/Web会議といったユーザーのニーズに応じて必要な製品が一括で購入できる点、およびライセンスを組織単位ではなくユーザー単位で選択できる点が特長です。

昨今、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの企業での導入が相次いでいます。スマートデバイスは、電話、メール、チャットなどの機能が統合されているため、いつでもどこでも状況に応じた最適なコミュニケーション手段の選択が可能です。しかし、個人ではソーシャルメディアなどのコミュニケーションツールがその利用を後押しする一方、企業においてはコミュニケーション基盤の拡張性、セキュリティ、導入の手間とコストといった課題から、スマートデバイスをベースとするコラボレーションやビデオ会議等の導入は限定的でした。

このような課題を解決するため、日本アバイアは、企業がそれぞれのユーザーのロール(職責)や利用目的に合ったコラボレーション機能を容易に導入できるソリューションを提供します。特長は下記のとおりです。

1.SIPベースのオープンなコミュニケーションプラットフォーム
SIPベースのコミュニケーションプラットフォーム「Avaya Aura®」は拡張性が高く、異なるベンダー環境での
コラボレーション機能を統合できるため、既存資産も活用可能です。

2.セキュアなBYODを支援する新セキュリティソリューション
VPNレスでセキュアなリモートアクセスを実現するセッションボーダーコントローラ
「Avaya SBC for Enterprise」
•キャリアサービスなどのSIPトランク間およびSIPデバイスを保護
•リモートワーカーが利用するコラボレーションアプリケーションにVPNレスでアクセス
•高度なToll Fraud ProtectionやDoS攻撃を防ぐセキュリティ機能

■ロールベースのユーザー認証ソリューション「Avaya Identity Engines」
•デバイスプロファイルに基づきネットワークアクセスをプロビジョニング
•許可のないセキュリティインパクトのありそうなデバイスに対する迅速なアクセス制限
•社外からのユーザーに対し、セキュアなゲストアクセスを提供

3.導入しやすい価格のライセンススイートをユーザー単位で提供

(各ライセンスの詳細はリンクからご覧ください)

アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は
企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。
アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、
ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。

詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンクをご覧ください。

※Avaya、Avaya Aura、Avaya Flare、Avaya one-X、Scopiaおよび
アバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: jpmarcom@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829 e-mail: sakata@avaya.com

このプレスリリースの付帯情報

「Avaya Aura® Suite Licensing」一覧

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。