logo

アプリ初『寝言の文字解析機能』が大好評! “遊び系”睡眠アプリ 『快眠の森』10万ダウンロード突破!!

ASD株式会社 2013年02月07日 11時19分
From PR TIMES

リンク

ASD株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:浦田充彦、以下ASD)はApp Storeにて好評配信中の、iPhone向け睡眠記録アプリ『快眠の森』が、2月5日に累計10万ダウンロードを突破したことをお知らせいたします。



10万ダウンロード達成、カスタマーレビューも好評!

 『快眠の森』は、提供開始の12月3日から「ヘルスケア/フリットネス」アプリカテゴリの中で常に上位を記録しておりこのたび、10万ダウンロードを達成しました。
主にゲーム感覚で楽しめる「面白さ」「使いやすさ」そしてアプリ初となる「寝言の文字解析機能」が好評の理由です。

“眠り”と“目覚め”を楽しくトータルプロデュース

 『快眠の森』は、眠りの深さや体動などの睡眠データを取得しながら、遊び心満載のオプションが楽しめるアプリです。毎日の睡眠状態の記録という所謂“快眠系アプリ”の基本的な機能だけでなく、“眠り”と“目覚め”を楽しくトータルプロデュースしてくれる盛り沢山な機能が特徴です。

アプリ初!寝言解析機能

 本アプリの目玉機能は、アプリとして初めて搭載された、自分の寝言を文字化して記録してくれる「寝言解析機能」。SNSと連動しているため、面白い寝言をTwitterなどで投稿して楽しむことも可能です。

 今後もASDでは、より多くの方々に楽しくご利用頂けるサービスを展開して参ります。


≪『快眠の森』概要≫

◆アプリ名称:快眠の森

◆提供開始日:2012年12月3日(月)

◆通常価格:85円(税込)

◆対応端末:iPhone3GS、iPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPod touch(第3世代、第4世代、第5世代)、iPad

※iOS 5.0以降に対応。

◆関連URL
・App Store URL:
リンク
・快眠の森WEBページ:
リンク
・快眠の森公式Facebook:
リンク


≪機能概要≫

◆【ぐっすり記録】毎日の睡眠状態をグラフで表示

就寝前にアラーム時刻を設定したiPhoneを枕元にふせて置くだけで、睡眠状態を記録できます。体動センサーや寝言録音センサー搭載なので、睡眠の深さや熟睡時間がグラフ表示で一目瞭然。その日の快眠度も解析してくれます。

◆【寝言解析】寝言を文章で記録

「ぐっすり記録」モード時に、寝言やいびきなど一定以上の音を感知すると録音が開始され、文章に変換します。耳を疑うような変な言葉を発しているかも!?SNSと連動しますので、面白寝言を
投稿してみてはいかがでしょう。

◆【快眠の妖精】快眠度をあげて、「妖精図鑑」を完成

その日の睡眠状態から快眠点数を採点します。快眠点数によってさまざまな“快眠の妖精”が登場し、コインをゲットできます。コインを集めるとトップ画面のあなたのアバターに洋服を着せたりアイテムを増やしたりできるので、快眠度をどんどん上げて、妖精をどんどん登場させましょう。

◆【おもしろアラーム機能】恋人モード、軍隊モードも

「恋人モード」では、かわいい彼女が、甘~い声であなたを起こしてくれます。一方「軍隊モード」では、怖~い鬼軍曹の罵声で起こされます。大きな声で「イエスサー!」とマイクに叫ばないとアラームは止まりません。もちろん、普通のアラームもあります。

◆【快眠準備】入眠を快適にする寝る前のエクササイズをサポート

人気フィットネスアプリ『Fit for Rhythm』より、入眠準備に最適な3つの運動を収録しました。端末をしっかり握って、トレーナーの示すポーズをキープするだけ!

◆ソーシャルメディアとの連携が可能

寝言解析機能で解析した寝言をFacebookやTwitterに投稿可能。ボタンを押せば簡単に共有できるので、面白い寝言を友達と共有して楽しめます。

◆その他の快眠サポート機能

眠りの浅いタイミングで起こしてくれる『AI目覚まし』機能や、アラーム設定時刻の少しまえから指定の音楽が流れて、快適な目覚めに誘ってくれる『さわやかサウンド』など、眠りや目覚めを楽しくプロデュースする機能が盛り沢山です。


≪ASD株式会社 会社概要≫

◆社名:ASD株式会社
◆所在地:熊本市中央区紺屋今町1番5号 辛島公園ビル3F 304号
◆設立: 1990年5月1日
◆資本金: 23,500,000円
◆代表者:代表取締役社長 浦田充彦
◆事業内容:SIサービス業、インターネット設計、開発、導入、制御系システムの開発

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事