logo

巨大雪像変形!大雪像「トランスフォーマー」in「旭川冬まつり」のご案内 “登って遊べる”体感型大雪像!

株式会社タカラトミー 2013年02月05日 16時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年2月5日

株式会社タカラトミー

巨大雪像変形! 2月6日(水)-11日(月・祝) 
大雪像「トランスフォーマー」 in 「第54回旭川冬まつり」のご案内
雪と氷のすべり台や展望台“登って、遊べる”体感型大雪像! 
レーザー光線を大雪像に投影、花火と音楽で幻想的な夜のイリュージョン。 

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/東京都葛飾区)協力のもと、旭川冬まつり実行委員会が製作を進めてきた、世界中で人気の変形ロボットキャラクター「トランスフォーマー」(※1)の大雪像「トランスフォーマー More Than Meets The Eye」が本日完成しました。明日から開催される「第54回旭川冬まつり」(入場無料)の会場において、2013年2月6日(水)~11日(月・祝)まで一般公開されます。

 「旭川冬まつり」最大の見どころである大雪像は、骨組みを一切使わず、雪のみで作られることが特長で、高さ約20m、幅約130m、奥行約40mという大きさは世界最大規模といわれています。
 「トランスフォーマー」は、日本はもとより世界中の方々に楽しんでもらえるモチーフとして、昨年に引き続き選ばれました。タイトルの「More Than Meets The Eye」は、「トランスフォーマー」を表すキャッチフレーズのひとつであり、「見た目以上のもの」との意味があることから、見て楽しめる雪像であることはもちろんのこと、展望テラスや、氷のすべり台など、 “登って、遊べる” 体感型の大雪像であることを表現しています。
 
 大雪像のデザイン・設計は、陸上自衛隊第2師団第2特科連隊本部中隊・高橋昭氏、監修は株式会社タカラトミーが担当しました。製作は、1月4日から、陸上自衛隊第2師団の隊員から成る「製作協力隊」が担当、1日当たり約250名で、約1ヶ月をかけて完成しました。
 1959年(昭和34年)から始まった「旭川冬まつり」は、除雪で集められた排雪を“芸術的な雪像に変身させて、冬の楽しみに変えた”ことに端を発します。今年の大雪像にも、約70,000立米の道路の排雪(11トントラックで約6,000台分)が使用されており、周りに真っ白な雪のブロックをはりつけています。

 今年の大雪像は、アニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム」(テレビ愛知発 テレビ東京系ほか 全国ネット)の主人公「オプティマスプライム」(※3)が、リーダーの証「マトリクス」を構えている姿で、正面下部には、同アニメの主要キャラクター4人(「バンブルビー」(高さ約2.5m)、「バルクヘッド」(高さ3.5m)、「ラチェット」(高さ2.5m)、「アーシー」(2.5m))の躍動感あふれる姿が彫りこまれています。

 高さ約10mの場所(ビルの約3~4階に相当)には展望テラスを設置、今年はさらにその上、高さ約14mにある「オプティマスプライム」の顔近くにまで登ることができるスロープを設置しました。雪像に上がって会場を一望し、その壮大さを体感することができます。また、展望台付近には、雪と氷のすべり台「ぶんぶんスライダー」が二本作られました。全長約100mの直線コースと約70メートルの曲線カーブの2種類で、普段味わうことができない迫力の長さと速さは、昨年も行列ができる程の人気アトラクションとなりました。

 「旭川冬まつり」では、大雪像のほかにも、初代「コンボイ」など「トランスフォーマー」のキャラクターが様々な雪像に変身して潜んでいるほか、休憩所「ほっ。とラウンジ」では「トランスフォーマーミュージアム」と称して、歴代の「トランスフォーマー」玩具やトランスフォーマーのパッケージイラストの展示、アニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム」の放映、実際に手にとって遊べるコーナー等も設置しています。

 またタカラトミーは、「旭川冬まつり」とのコラボレーションとして、旭川市のシンボルキャラクター「あさっぴー」とタカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」(※2)をモチーフにした「リカちゃんマスコット」(サイズ約7cm)がコラボレーションした「あさっぴーリカちゃんストラップ」を製作しました。これは、「旭川冬まつり実行委員会」が募集した「第54回旭川冬まつり個人応援サポーター」の応募特典として、申し込み一口につき一個進呈されます。冬まつり会場内でも申し込みを受け付けます。
(募集口数:4,000口、費用:一口1,000円、募集期間:2012年12月3日~2013年2月11日)
申し込み方法等詳細:リンク

(※1) 「トランスフォーマー」について
【公式サイト】リンク
株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が作り出した“日本の玩具発”コンテンツで、「Robots in disguise」=『ロボットが身の回りにある,ありとあらゆる物体に自由自在に変形し,潜んでいる』という唯一無二のコンセプトや、自由自在に変形することができる超ロボット生命体が宇宙を舞台に戦う壮大なストーリーと共に展開しています。1984年にアメリカで玩具発売後、アニメやコミックが大ヒットし、1985年に日本でも玩具販売とアニメがスタート。現在では世界130以上の国と地域で5億個以上の販売実績を持つ、世界中で大人気のキャラクターとなっています。2007年、スティーブン・スピルバーグとマイケル・ベイによりハリウッドで実写映画化され世界中で大ヒット、誕生30周年を迎える来年2014年には、第4作目の公開が予定されています。

(※2) 「リカちゃん」について
【公式サイト】リンク
1967年に誕生した着せ替え人形「リカちゃん」は、身長22cmで、ドレスやハウスなどを使って「ごっこ遊び」や「おしゃれ遊び」を楽しむことができます。発売当初から年齢や家族、友達などのプロフィール設定がされているのが特徴で、常に時代ごとの流行を取り入れながら親子二世代三世代にわたって愛され続けています。近年はタレントとしての活動や、ライセンスグッズの展開等玩具の分野にとどまらず幅広い展開をしています。今回はそのなかでもストラップ「リカちゃんマスコット」(2009年発売/サイズ約7cm)が「あさっぴー」とコラボレーションしました。

「第54回旭川冬まつり」 開催概要
◆実施期間 :2013年2月6日(水)~11日(月・祝) 9:00-21:00(最終日は20:00まで)
◆実施場所 :北海道旭川市 石狩川旭橋河畔、平和通買物公園
◆公式HP  リンク

◆主な実施イベント内容 (*詳細は公式HPでご確認ください。)

【2月6日(水)】
17:30~18:00 旭川冬まつりオープニングセレモニー
19:00~19:15 オープニングショー 雪像変形!トランスフォーマー〝IN ASAHIKAWA〟

【2月7日(木)~10日(日)】
19:00~19:15 雪とあかりの Fantasic Night!!

【2月11日(月・祝)】
19:00~19:15  冬の花火“The Final Transform”
大雪像から打ち上げる花火・音楽・照明・レーザー光線で幻想的な夜を演出します。

*昨年の冬まつりには5日間で約68万人が来場しました。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。