logo

外国人留学生に特化した新たな就職マッチングメディア Dragon Gate(ドラゴンゲート)が、2013年2月4日にオープン!

株式会社フューチャー・デザイン・ラボ 2013年02月04日 10時00分
From PR TIMES

リンク

近年ますます、外国人留学生の日本企業への就職に対するニーズが高まる一方で、留学生採用に関する企業側のノウハウ不足や、日本式の就職活動に関する留学生の知識不足など、双方の課題により実際に就職が成功している留学生はその一部に留まっています。

そこで、株式会社フューチャー・デザイン・ラボ(本社:東京都港区 社長:竹原啓二)は、より多くの外国人留学生が日本企業へ就職することを通して、民間企業のグローバル化が一層発展することを目指し、外国人留学生に特化した新たな就職マッチングメディア「Dragon Gate」(ドラゴンゲート)を2013年2月4日にスタートいたします。 




リンク


ドラゴンゲートのサービスにおける最大の特長は、会員学生一人ひとりに対して、数度にわたる徹底的なカウンセリングを行うことです。このカウンセリングのなかで、1.就職活動における自己の強み発見 2.就職先の会社探し 3.会社選びのアドバイス 4.自己PRの論述指導・面接指導を行います。


これにより、弊サイトで求人広告掲載を行った企業は、自社にエントリーをした学生に関して、下記の3つ情報を、ウェブサービスを通じて閲覧することができます。
1.学生自身が書いた自己PRシート
2.専門スタッフによる所感(出身国での卒業高校、大学、職歴等の要素も含め、学生の指向、特性、能力など、総合的な評価)
3.(希望する学生の)本人の自己紹介動画

この事業によって解決したい課題は、2点あります。1.留学生の意識変革 そして、2.採用企業の負担軽減 です。
留学生の多くは、有名企業以外のエントリー先を探そうとしても「優良企業をどうやって探せばいいかわからない」というポイントでつまずき、なかなか前に進めないために、結果として一部の企業へ極端な集中が起きています。加えて自己PR、や小論文での表現力に関しても課題を抱えています。この結果、アジア進出を進めている企業の多くが、採用募集を行なっても思い通りに母集団形成ができない、応募があってもその学生に対して適正な評価を下すことができない、などの課題を抱えています。


ドラゴンゲートでは、学生ひとりひとりに手厚く面談を重ね、学生・企業の双方へ適切な情報提供を行うことよって、この2点を解決し、隠れた人材を見つけ出し、企業との出会いを生み出します。


【お問い合わせ先】
株式会社フューチャー・デザイン・ラボ Dragon Gate事業部 担当 後藤
TEL 03-5549-7581、FAX 03-5549-7582   E-mail contact@dragongate.jpn.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事