logo

◎Ramco ERP on CloudがGoogle Mapsと統合

Ramco Systems 2013年02月01日 14時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Ramco ERP on CloudがGoogle Mapsと統合

AsiaNet 52010
共同JBN 0112 (2013.2.1)


【チェンナイ(インド)2013年1月31日PRN=共同JBN】Ramco Systemsは31日、Ramco ERP on Cloud(リンク)、Mobile、Tabletの世界発売を発表したことに続き、Google Maps上で位置認識および可視化の機能が利用できるもう一つの機能を同社主力製品に追加した。Ramco SystemsはGoogleのEnterprise部門チームと提携し、Ramco ERP on CloudをGoogle Mapsと統合させた。この統合によって、顧客はいつでも、どこでも、リアルタイムでビジネスの進展を把握することができる。

 (Logo: リンク

Ramco Systemsはまた、インド第5位のセメント・メーカーでセメント技術のパイオニアであるMadras Cementsの事例(リンク)を公表した。Ramco Systemsはデータ表示を効率化しリソースの効率と活用を向上させる同社のERPをGoogle Mapsと統合させた。

Madras CementsのA・V・ダルマクリシュナン最高経営責任者(CEO)は自らの考えを次のように説明した。「非耐久財を扱う数百万ドル企業のCEOとして、『リアルタイム情報』は常に必要不可欠なものである。MCLの事業は多方面に多数の工場を展開し、広範な販売・流通網と連携する複雑な環境にあり、リアルタイム情報は不可欠である。当社社員の大半は移動しており、システム全体に情報を浸透させ、社外で活動する社員が利用できなければならない。われわれは取引データを取得するだけでなく、ビジネスの力学を変革する先見性を提供してくれるシステムが必要だった。Google Mapsと統合したモバイル端末で利用可能なRamcoのERPを採用することで、当社の効率向上と資産活用の計画、実行、監視、解析を遂行するうえで、テクノロジーが秘めた本当の実力を活用することができるようになった」

Ramco Systemsのビレンデル・アガルワル最高経営責任者(CEO)はGoogleとの提携について「われわれは世界で最も革新的なテクノロジー企業と提携できることをうれしく思う。この提携によって、すべてのCxO(最高業務責任者)は事業の実態の詳細を掌握することが可能になる。強力なマップ・エンジンに供給されるERPデータは効率よく事業展開する『コネクティッド・エンタープライズ(Connected Enterprise)』の好例である」と語った。

Google AsiaのEnterprise Salesディレクターであるリッキー・カプール氏は地理空間情報の技術がビジネスにもたらす効果について「地理空間情報の分野は情報経済で最も注目を浴びているセクターである。この分野の継続的な成長に伴い、われわれはRamcoと協力し、もっと多くのインド企業が全く新しい方法で地理空間情報データを視覚化し、効率を向上させ競争力を増すことができるように支援したい」と語った。

Google Maps Engineは、Google クラウドの能力を活用して地図を作製し、公開するためのスケーラブル、パワフル、セキュアなプラットフォームである。

Google Mapsと連携するRamco ERPのデモを見るには以下のサイトを閲覧。
リンク

Ramco-Google Eventの写真は以下のサイトからダウンロード可能。
リンク

▽Ramco Systemsについて
Ramco Systemsは、事業の全面的な変革をリアルタイムでもたらす次世代のエンドツーエンドの企業ソリューションを提供する。RamcoVirtualWorks(登録商標)を中核にして構築されているRamco製品は、クラウド利用を念頭に設計されており、取引から分析に至るすべての事業局面に対処できる。同社は10億米ドルのRamco Groupの子会社として、パブリック、プライベート、コミュニティーの中から最適なクラウド・モデルを選択したうえで、ERP、HCM、SCM、CRM、金融、サービス管理、資産管理、プロセス・コントロール、プロジェクト管理、分析を多数のバーティカル企業に提供する。Ramcoは複雑な環境下で迅速かつコスト効率良く実現できる革新的なビジネス・ソリューションの提供に注力している。Ramcoは世界35カ国の1000以上の顧客組織で15万以上のユーザーを擁している。同社はインド、米国、カナダ、欧州、中東、南アフリカ、アジア太平洋に17のオフィスを構えている。

詳細はウェブサイトリンクを参照。

RamcoをTwitter @ramcosystems(リンク)でフォローを。最新情報についてはリンクを参照。

▽問い合わせ先
Vinitha Ramani
+91-9840368048
vinitharamani@ramco.com

ソース:Ramco Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事