logo

オーティコン、さまざまな外部機器と補聴器をワイヤレスでつなぐ新しい「コネクトライン」システムを発表

~新製品「ストリーマー・プロ」により、操作性がさらに向上しコミュニケーションの幅が広がる~

世界をリードする補聴器メーカー、オーティコンは、テレビや電話などの外部機器の音声
をワイヤレスで直接補聴器に届けるオーティコン・コネクトライン(以下、コネクトライン)
の中核となる中継器の新機種「ストリーマー・プロ」を2013年1月30日(水)に発売いたします。
さらに、コネクトラインを構成する一つであり、固定電話の音声をワイヤレス通信で補聴器
に届けるための送信機の新機種「電話アダプター2.0」を同日発売いたします。この2つの
新機種の投入により、従来のコネクトラインに比べてより使いやすく、より長時間使用でき、
より多くの場面でコネクトラインを活用できるようになりました。

報道関係者各位
プレスリリース

2013年1月30日
オーティコン株式
会社
www.oticon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーティコン、さまざまな外部機器と補聴器をワイヤレスでつなぐ
新しい「コネクトライン」システムを発表

~新製品「ストリーマー・プロ」により、操作性がさらに向上し
  コミュニケーションの幅が広がる~    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン株式会社(本社:神奈川県川崎市、
代表取締役社長:木下 聡、以下オーティコン)は、テレビや電話などの外部機器の音声
をワイヤレスで直接補聴器に届けるオーティコン・コネクトライン(以下、コネクトライン)
の中核となる中継器の新機種「ストリーマー・プロ」を2013年1月30日(水)に発売いたします。
さらに、コネクトラインを構成する一つであり、固定電話の音声をワイヤレス通信で補聴器
に届けるための送信機の新機種「電話アダプター2.0」を同日発売いたします。この2つの
新機種の投入により、従来のコネクトラインに比べてより使いやすく、より長時間使用でき、
より多くの場面でコネクトラインを活用できるようになりました。

補聴器ユーザーにとって、対面での会話のみならず離れた空間でのコミュニケーションなど、
エンターテイメント性の高い外部機器の音声を楽しむことの重要性は日々高まりつつあり
ます。コネクトラインは、固定電話や携帯電話、テレビ、音楽プレーヤー、およびパソコン
など日常生活におけるさまざまな機器の音声をワイヤレスで直接補聴器に届けるシステムで
す。ブルートゥース対応の携帯電話、パソコン、音楽プレーヤー等のエンターテイメント機器
と接続することにより、よりクリアな音を楽しむことができます。

コネクトラインシステムの中核をなすのが、補聴器の専用リモコンであり且つ外部機器と
補聴器をつなぐ中継器の役割を果たす「ストリーマー・プロ」です。2007年に登場した
ストリーマーは、ユーザーからのフィードバック、各種のテストを得て、新機種
「ストリーマー・プロ」として登場します。従来機種からデザインを一新し、電話、マイク、
テレビの目的別に3つのボタンを大きく配置することでシンプルかつ直感的な操作性を実現し
ました。また新たに側面に手になじみやすいゴム素材を採用したことでより扱いやすくなり
ました。さらに電池寿命は、従来製品の約2倍の10時間に拡大される(*1)など性能も強化され、
一日を通した使用が可能になりました。

コネクトラインシステムは、屋内のみならず外出先でもコミュニケーションの幅を広げます。
「ストリーマー・プロ」は新たにFMシステム(*2)に対応したことで、多くのFM送信機との
互換性を実現します。授業やセミナーなどで周囲の騒音に影響されることなくクリアな音を
聞くことができます。また、また新たにストリーマー・プロ内にテレコイルを内蔵したこと
により、テレコイルが内蔵されていない補聴器でもテレコイルシステムが設置されている
劇場や講堂内で簡単に接続可能になりました。このように、新しいコネクトラインは、接続
機能の追加により利用シーンが一層広がりました。また、ストリーマー・プロにあらたに
デュアルマイクを搭載したことにより、電話通話時などに周囲の騒音を抑えてよりクリアな
音声を補聴器に届けることが可能になりました。

ストリーマー・プロは、新製品となるプレミアム補聴器アルタとの対応に加え、従来製品も
含めたオーティコンの全てのワイヤレス対応補聴器に対応しています(*3)。

また、コネクトラインシステムを構成する、固定電話の音声をワイヤレスで直接補聴器に
届けるための送信機「電話アダプター2.0」も同時発売いたしました(*4)。ワイヤレス通信
範囲が従来製品より拡大し、固定電話から補聴器装用者が首にかけるストリーマー・プロ
までのワイヤレス通信距離は最大30mまで伝送可能になりました。

その他、オーティコンのコネクトラインには、テレビの音声を直接ワイヤレスで補聴器に
届ける送信機「テレビアダプター」、話者が装用して補聴器ユーザーの耳にワイヤレスで
音声を届ける「コネクトマイク」など、補聴器ユーザーのコミュニケーションの幅がさらに
広がるツールが揃っています。これらのアイテムとストリーマー・プロを併用することで
家族や友人と同じ音量でテレビを楽しむなど、周囲の騒音を気にすることなくより快適な
聴こえを楽しむことができます。コネクトマイクの使用では、話し手が装用したマイクを
介して音声を直接補聴器に届けるため、周囲の騒音を気にすることなくよりクリアな音声
で講演や会話を楽しむことが可能になります。

新製品「ストリーマー・プロ」を中核とした新しいコネクトラインシステムによって、
補聴器と繋がる外部機器の幅がさらに拡大され、さまざまなシーンで音の世界が広がります。

*1 一般的な日常使用を想定した電池寿命時間です。
*2 ユーロピンを備えたFM受信機が別途必要です。
*3 ストリーマー・プロの発売に伴い、従来機種「ストリーマー」は販売終了となります。
*4 電話アダプター2.0の発売に伴い、従来機種「電話アダプター」は販売終了となります。

■オーティコン・コネクトラインシステム製品概要

●ストリーマー・プロ <新製品>
本体価格:45,000円(税込)
サイズ・重さ:H85×W40×D13mm、44g
対応補聴器:全てのオーティコンのワイヤレス対応補聴器
電池寿命:一般的な日常の使用の場合、約10時間
※クレードルは別売りです。

●電話アダプター2.0 <新製品>
本体価格:30,000円(税込)
サイズ・重さ:H21×W124×D80mm、100g
ワイヤレス通信範囲:最大30m

●テレビアダプター <新製品>
本体価格:30,000円(税込)
サイズ・重さ:H17×W80×D80mm、70g
ワイヤレス通信範囲:最大10m

●コネクトマイク
本体価格:30,000円(税込)
サイズ・重さ:H46×W17.3×D16.5mm、13g
ワイヤレス通信範囲:最大15m

※補聴器は非課税です。

オーティコン・コネクトラインシステムの各製品は全国のオーティコン製品取扱店で購入可能です。
▼「オーティコン・コネクトライン」のプレスリリースはこちらから
  リンク
▼「オーティコン・コネクトライン」のWEBサイトははこちらから
  リンク
▼オーティコン製品に関する資料請求・お問い合わせ
  フリーダイヤル 0120-113321 営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)
▼オーティコン補聴器取扱店について
  リンク

■オーティコン社およびオーティコン株式会社について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・
デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコン社は世界
で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホール
ディング社の傘下にあります。その日本支社がオーティコン株式会社
(www.oticon.co.jp)です。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」
とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるま
い、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オー
ティコン社は先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器
を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者と共に開拓してきました。
またオーティコン社は1977年に先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究する
エリクスホルム研究所を設立し、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人
以上のテストユーザーとともに将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコン
は世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング部 (担当:山口・渋谷)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

オーティコン・コネクトライン

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事