logo

国内最大級のDWH&データ活用コンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2013」を3月7日に開催、参加登録受付を開始

「DECISION POSSIBLE -確信ある意思決定を可能にする-」をテーマに展開



日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦)は、3月7日、データウェアハウス(DWH)の有効活用事例や製品およびソリューションに関する最新情報を提供するユーザー向けコンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2013」を開催します。また、本日1月28日より、オフィシャルサイトにて参加登録(無料)の受付を開始します。
11回目を迎える今回のテーマは、「DECISION POSSIBLE -確信ある意思決定を可能にする-」とし、DWH専業企業ならではの、ビッグデータをはじめとするデータ活用法を提案していきます。データ活用やDWHの導入に関心のある企業の意思決定者および担当者などを対象とし、合計1,000人の来場を見込んでいます。


◆◆ Teradata Universe Tokyo 2013開催概要◆◆


開催日時: 2013年3月7日(木)10:00~17:50
会  場: セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)
主  催: 日本テラデータ株式会社
参加方法: 事前登録制 (参加費無料)
プログラム詳細: Teradata Universe Tokyo 2013オフィシャルサイトをご覧ください
オフィシャルサイト: リンク


コンファレンスでは、国内・海外のTeradata導入企業の先進的な事例をはじめ、ビジネスパートナー企業やアナリストによるセッション、Teradataソリューションや最新製品のセッションなど合計24のブレイクアウトセッションを展開します。導入事例セッションでは、国内からは、大丸松坂屋百貨店、ヤフーほか、海外からは保険業界第6位のAVIVA社における統合マーケティングシステム、冷凍食品業界で世界トップのMcCain Foods社の統合データ活用による生産パフォーマンスの向上、Western Digital社における品質情報システム構築など、最前線のデータ活用事例についてご紹介する予定です。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事