logo

iOSアプリ「Red Dog」1月25日よりiTunesAppStoreにて無料配信

建エンタープライズ合同会社 2013年01月26日 01時12分
From RELEASE PRESS



建エンタープライズ合同会社(本社:埼玉県川越市 代表社員 建 秀和)は、アプリコット株式会社と共同開発したiPhone,iPad,iPodTouch 用アプリ「Red Dog」を、1月25日よりiTunesAppStoreにて無料配信をスタートいたしました。


■ カジノ・アプリシリーズ ■

iPhoneにてレッドドックゲーム「Red Dog」をリリース!

・Red Dog

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
         遊び方
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<基本ルール>
このゲームでは、最初に二枚のカードをディーラーが配った後、
三枚目のカードの数字が最初の二枚のカードの数字の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなり配当が行われます。
数字のみを使用し、マークは使用しません。
使用するのはトランプ一組52枚でジョーカーは利用しません。
最低位の2から、3,4,5と徐々に大きくなり最高位はAの14となります。

<ゲームの流れ>
1.プレイヤーは画面左下のコインをタップし、"BET"ボタンタップしBETを行います。
2.奥に"BET"、手前に"RAISE"と書かれていますが、最初はBETに賭け金を置きます。
3.BETが終了すると、ディーラーは左と右に二枚のカードを表向きに配ります。
この二枚のカードの数字に応じて以下の流れが変化します。

(1).二枚のカードの数字が隣り合う場合
9と10のように二枚のカードの数字が隣り合う場合、三枚目にどのカードを引いても最初の二枚の間に入る事は出来ないので、三枚目のカードは配られずにその場で引き分けとなります。その際、賭け金は返還されます。

(2).二枚のカードの数字が同じ場合
二枚のカードの数字が同じ場合、三枚目のカードも同じ数字ならばプレイヤーの勝ちになります。
この場合の勝ち方をレッドドッグと呼びます。もし三枚目のカードの数字が最初の二枚と異なる場合は引き分けになります。

(3).二枚のカードの数字が異なり、隣り合っていない場合(スプレッド)
二枚のカードの数字の間に入る数字の数を付けて「スプレッド X」と呼びます。
例えば、二枚のカードが2と4だった場合は、3だけが入るので「スプレッド1」、
3と8の場合は4~7が入るので「スプレッド4」、最大は2とAの二枚だった場合で「スプレッド11」となります。
この場合、プレイヤーはBETに置いた額と同額をRAISEに置いて"賭け増し"をすることが出来ます。
賭け増しをする場合は、"RAISE"ボタンでBETと同額の賭け増しを行い、
賭け増しをしない場合は、"STAND"ボタンで三枚目のカードが配られます。
三枚目のカードの数字が最初の二枚の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなりスプレッドの倍率に応じて配当が行われます。
入らない場合(二枚の何れかと同じ数字も含む)はプレイヤーの負けとなり賭け金は没収されます。

<倍率>
レッドドッグ - 12倍
スプレッド1 - 6倍
スプレッド2 - 5倍
スプレッド3  - 3倍
スプレッド4以上 - 2倍

サポートページ:リンク

iTunesAppStore :無料ダウンロード
リンク


【本件に関するお問い合わせ】
建エンタープライズ合同会社
Mail: info@tate-enterprise.net
URL: リンク


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事