logo

iOS版のビジネスアプリケーション実行環境を発売開始

マルチデバイス/マルチOS対応のアプリケーション実行環境「Magic xpa Application Platform」のiOS対応の実行環境をリリース。Android版はベータ版で提供。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区)は、ビジネスアプリケーション開発・実行プラットフォーム、『Magic xpa(マジック エックスピーエー) Application Platform』(以下、Magic xpa)の国内販売を、本日より開始します。



ワンソース・マルチプラットフォーム対応
Magic xpaは、同一の開発環境と開発手法でクライアント/サーバ、Webアプリケーション、RIA(リッチインターネットアプリケーション)、およびiOS/Androidの両方の対応したモバイルRIAアプリケーションをワンソースで構築できる、開発・実行プラットフォームです。
Magic xpaの開発環境である「Magic xpa Enterprise Studio」は、すでに1月26日(水)より販売を開始しています。全国800社以上のMagicアプリケーション開発会社の多くはバージョンアップを済ませており、すでにモバイル・アプリケーションの評価・試作だけでなく、複数の開発プロジェクトをスタートしています。


3種の実行環境を同時リリース
本日よりリリースされるのは、以下3種の実行環境です。


Magic xpa Enterprise Client(クライアントアプリケーション実行環境Windows版)

Magic xpa Enterprise Server(サーバーアプリケーション実行環境Windows Server 版)

Magic xpa RIA Server(RIA実行環境:Windows Server + Windows/iOS RIAクライアント)


   ※Android用のRIAクライアントはベータ版として提供されます。正式リリースは本年3月を予定

製品情報

Magic xpaの製品構成、動作環境、価格表等は以下URLをご参照ください。

リンク

モバイル・アプリケーション デモ動画をYouTubeにて公開中

リンク


■マジックソフトウェア・ジャパンについて
リンク
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic xpa」と、サービス指向のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

本社所在地:東京都渋谷区代々木三丁目25番3号
代表    :代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容 :.開発ツール分野 :Magic xpa Application Platformおよび関連製品の仕入/製造、販売業務
連携ツール分野 :Magic xpi Integration Platformの仕入/製造、販売業務
プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。