logo

ニコンイメージングジャパン、Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour埼玉公演の公式託児所「KIDS CARE」に協力

株式会社ニコンイメージングジャパン 2013年01月25日 15時15分
From Digital PR Platform


株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、2012年12月28日(金)・29日(土)の2日間、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで行われたMr.Children[(an imitation) blood orange]Tour埼玉公演に合せて設置された公式託児所「KIDS CARE」に協力し、デジタル一眼レフカメラ「D3200」30台の無料貸出を実施しました。

ニコンイメージングジャパンでは、子どもを預けに来た親を中心に「D3200」を貸出し、開場から開演前までの約2時間、託児所内で自由に撮影し、撮影画像をメモリーカードごと持ち帰ることができたり、初めて使う方々に対しては、プロフォトグラファーが使い方を説明するなどのサービスを実施しました。

2日間で約80名の児童が「KIDS CARE」を利用し、そのうちの多くの親子が日常では触れる機会の少ないデジタル一眼レフカメラを体験されました。実際に使用した方からは「いつもコンパクトデジタルカメラを使っているが、『D3200』はブレずに撮影ができるので良かった」「小型・軽量が気に入った」といったコメントが出るなど、高い評価を得ています。

「KIDS CARE」は満1歳から6歳の未就学児童をお持ちのMr.Childrenコンサートチケット購入者を対象とした公式託児所で、株式会社アルファコーポレーション(埼玉公演のみ)が行っている、安心してコンサートを楽しむことができる環境を提供する取り組みです。
*アルファコーポレーションは公益社団法人全国保育サービス協会の正会員です。

公式託児所「KIDS CARE」実施レポートページ
リンク

●デジタル一眼レフカメラ「D3200」について
「D3200」は、有効画素数約2400万画素(24.2メガピクセル)のニコン新開発のDXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種の「D4」や「D800」、「D800E」と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を採用し、高画質・高精細な撮影ができます。さらに、液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、状況や被写体に合わせた撮影、再生・編集、各種設定ができる「ガイドモード」を搭載し、本格的な撮影が手軽に楽しめます。さらに、ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」(別売)を装着することで、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイス※1と連携することができ、ワイヤレスでの画像の転送※2やリモート撮影が可能です。

「D3200」
リンク

ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」
リンク

※1:iOSおよびAndroid OSの対応OSについての最新の情報はiTunes AppStoreまたはGoogle Playでご確認下さい。
※2事前にスマートデバイスに「Wireless Mobile Adapter Utility」(無料でダウンロード可能)をインストールする必要あり。

※Google、AndroidおよびGoogle PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。