logo

スマートハウス 海外進出第一弾 

シンガポールでHEMSの事業を開始します

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)が開発した、「ECHONET Lite(エコーネット ライト)」(※1)に対応した「D-HEMS」(※2)が、シンガポール共和国の大手不動産開発会社等(※3)が分譲する高級タワーマンション「ECHELON(エシェロン)」に採用されました。
 「ECHONET Lite」に対応したHEMSが海外で採用されるのは、日本初となります。



 今後当社は、シンガポールの施設管理会社CBM(※4)と連携し、現地の生活スタイルに合わせたHEMSへのカスタマイズを行うとともに、「エシェロン」のマンションギャラリーに設置した「D-HEMS」を活用し、CBMが事業展開しているシンガポール共和国およびアジア各国を中心に販売を行います。
※1.2011年12月に経済産業省より推奨された日本国内でのHEMS構築のための標準通信規格。「ECHONET」は国際標準としても承認されている。(リンク
※2.当社スマートハウス向けに開発したHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)で、住宅内の消費電力を「見える化」する他、蓄電池等の家電・設備機器の制御にも対応。
※3.シンガポール共和国にて環境配慮型のマンションを推進するCity Developments Limited (CDL)と、JV(共同企業体)でHong Leong Holdings Limited、Hong Realty(Private) Limitedが分譲。
CDLは、不動産開発・投資、ホテル経営、施設管理等を展開し、300の子会社・関連会社を保有するシンガポール共和国の不動産開発会社のパイオニア。世界20カ国80地域で事業を展開。1963年創業。
※4.空調・設備機器の施工や保守管理、環境・エネルギー、警備サービス等も含めて、ワンストップで提供する施設管理会社。

■導入背景
 シンガポール共和国にてESCO事業(※5)などの環境ビジネスを展開するCBMは、家庭内の消費電力を見える化し、最適制御を行うHEMSをシンガポール共和国にいち早く導入すべく、これまで海外の様々なシステムの調査を行ってきました。
 その調査のなかで、当社の家庭用リチウムイオン蓄電池付き住宅展示場「スマ・エコハウス」で展示中の「D-HEMS」が、部屋ごとの電力使用量を間取り図で確認できるなど、生活目線に立ったコンセプトを掲げている点に注目。当社に協業の打診があり、約1年間の条件交渉や技術検証を経て、今回の採用に至りました。
※5.省エネに関する包括的なサービスを提供し、お客さまの利益と地球環境の保全に貢献するビジネス。

■海外向け「D-HEMS」の概要
 「D-HEMS」は、当社スマートハウスの共通基盤(プラットフォーム)を活用したアプリの一つで、「住宅API」(※6)や、国内の家電・設備機器の標準規格である「ECHONET(エコーネット)」にも対応したカスタマイズ性の高さが特長です。
 今回販売する海外向け「D-HEMS」では、新たに開発した、「ECHONET Lite」に対応したホームサーバーや、エネルギー計測装置(※7)、機器通信用アダプタ(※7)を当社が提供し、システムの設置や保守、顧客サポートはCBMが行います。また、操作盤として利用する「iPad」に搭載するアプリは、CBMが「D-HEMS」のコンセプトや「住宅API」の通信仕様に基づき、現地開発を行うなど、国際分業体制でシステムを提供します。
 また、当社はエアコンや照明器具などを現地のニーズにあった製品から選択できるよう、「ECHONET Lite」の海外展開を日本の家電・設備機器メーカーに働きかけます。
※6.住宅内の家電や設備機器を統合的にコントロールするアプリを開発するためのツール。
    リンク
※7.東芝ライテック株式会社製。

■海外向け「D-HEMS」の特長
(1)電力情報の見える化
 「iPad」を採用したことで、家の中でどこでも手軽に各部屋の電力の使用状況を確認(見える化)できます。
また、各部屋の電力使用量を色の変化<青(電力使用量が少ない)~赤(電力使用量が多い)の5段階>でわかりやすく伝えます。

(2)エアコンを一括制御
 各部屋のエアコンを「iPad」で一括制御できます。「iPad」にリモコン画面が表示されるため、ON/OFFや温度・風速の設定、部屋温度等、動作状況の確認もできます。

(3)エネルギー情報履歴
 家庭内のエネルギー情報履歴を収集する機能(※8)を設けており、各部屋や機器毎の消費電力の履歴を電力量や料金で確認できます。
※8.過去5年分のエネルギー情報履歴を蓄積可能です。

■物件概要
名 称 :ECHELON(エシェロン)
リンク

所在地 :Alexandra View
(「MRT Redhill駅」徒歩数分)
総戸数 :508戸
(内152戸のプレミアム物件に海外向け「D-HEMS」搭載)
階数 :43階
専有面積:40m2 ~379m2
販売価格:80万シンガポールドル(約5,600万円)
~715万シンガポールドル(約5億円)
※1シンガポールドル=70円換算
販売開始:2012年12月28日
着工予定:2013年1月
竣工予定:2016年


●英訳版ニュースレター 
リンク

●株式会社東芝・東芝ライテック株式会社 プレスリリース 
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。