logo

【バレンタイン意識調査】3人に1人は20人以上に義理チョコを配る!?

株式会社エステティクス 2013年01月24日 17時50分
From PR TIMES

株式会社エステティクス(所在:港区南青山、代表取締役:齊藤 慶和)が運営する、F1層をターゲットとした美容関連レビューサイト「DAZZLE(ダズル)」(リンク)は、約50,000人の会員を対象に、バレンタインに関する意識調査アンケートを実施いたしました。今回は、回答からデータを集計・分析し、レポート形式にてご提供させて頂きます。

【1】今年のバレンタイン、本命チョコをあげる予定はある?
 ある:65.4%
 ない:34.6%

6割以上の会員が「ある」と回答。中でも約3割が、「もちろんある!」「絶対あげる!」等と意気込みの回答をしました。また、本命チョコをあげる予定がない会員の9割以上が、義理チョコ(友チョコ)を渡すと回答しており、全体的なバレンタインに対する意識の高さが覗えます。


【2】義理チョコ(友チョコ)は何人にあげる?
 10個未満:29.8%
 10個以上:14.4%
 20個以上:13.6%
 30個以上:11.5%
 40個以上:9.6%
 50個以上:3.8%
 あげない:17.3%

一人当たりの平均は20.1個。「クラス・学年」または「会社・部署」単位で配ると回答した会員が約40%という結果になり、「毎年100個以上配る」という驚きの回答もありました。


【3】チョコは手作り派?購入派?
 手作り派:96.1%
 購入派 :3.9%

「手作りする」と回答した会員は96.1%と、ほとんどの人が手作りチョコを渡していることがわかりました。また、手作りチョコにかける費用は平均3,000円という結果となりました。


【4】本命にはどうやってチョコを渡す(渡した)?
渡した経験がある会員の8割以上が、「直接会って渡す(渡した)」と回答。中でも、「車の中で」「帰り道に」「待ち伏せして」という意見が多く目立ちました。また、彼氏や旦那さんに「いつもありがとう」「いつもお疲れ様」と言って渡すという素敵な回答や、「恥ずかしいから友達に付き添ってもらう」という学生ならではのピュアな回答もありました。
直接会わずに渡す派は、「ポストに入れる」「部屋のどこかに忍ばせておく」「郵送」などの手段を使っているようです。


【5】バレンタインデーに告白した経験はある?
 ある:28.9%
 ない:71.1%

「ある」と回答した会員に告白が成功する秘訣を聞いてみたところ、多くの会員が「素直な気持ちを伝えることが大切」と回答。そのほかには、「ナチュラル系メイクでいつもとのギャップを出す」「うるうる目で上目使い」「小悪魔にいけば成功する」「日頃から勘違いさせるようなことをして気をもたせておく」などの小悪魔な回答もありました。


【6】バレンタインデーに使いたいコスメは?
 1位:ぷるぷる唇になれるリップグロス
 2位:ナチラルなブラウン系のカラコン
 3位:ピンク系のチーク
 4位:いつもより高めのコスメ
 5位:香水

上記の回答に共通して、どれも「女の子らしさ」をアピールできるアイテムだと言えます。また、「いつもより可愛くて守ってあげたいと思わせるようなメイク」「ふわふわメイク」「タレ目メイク」「甘め系メイク」をする予定という意見もあり、彼女たちは「女の子らしさ」の演出方法や、男性の心理を理解しているということがわかります。


【7】バレンタインに関する面白エピソードを教えてください!
「渡す時にハート型のクッキーが割れてた・・・」(さぁちゃんさん/大学生)

「中学の時、義理で渡した人にに本命だと思われて、ホワイトデーに皆のいる教室で大声で告白されて困ったことがあります。断ったら泣かれました(笑)だからもう義理はあげない!って決めました」(hi-ChaNさん/ショップ店員)

「チョコ溶かしてたらこぼして自分がチョコフォンデュになった」(かなさん/中学生)

「本命チョコ、友達に渡してもらったチョコを貰った人が弟にあげてた(笑)」(ちるぺそSaN/高校生)

「彼氏が他の娘にチョコもらってデレデレしてた!すぐ怒ったけど、実はその娘に「あげても無駄なのは知ってる!だから彼女と幸せになってね!」って言われたらしい。めっちゃ感動して思わず廊下で泣いた。」(さぁちゃむさん/中学生)

バレンタインのエピソードでは、様々な珍解答を頂きました。複数が同じようなエピソードを経験している例もあり、年代によって様々なバレンタインの思い出があるようです。


【まとめ】
今回のアンケートでは、現代のF1層の「バレンタイン」に対する意識の高さが覗えました。また、こちらの内容は、DAZZLEで毎日更新中の「ダズルニュース」でも取り上げる予定です。

DAZZLEでは、2013年も会員にご参加頂く様々な企画・特典をご提供させて頂く予定です。今後とも、DAZZLEをよろしくお願いいたします。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事