logo

宝酒造「田んぼの学校」2013参加者募集開始

宝酒造株式会社 2013年01月24日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/01/24

宝酒造株式会社

宝酒造「田んぼの学校」2013参加者募集開始

 宝酒造株式会社は、自然の恵みと命のつながりを学ぶ社会貢献活動である宝酒造「田んぼの学校」2013を開催するにあたり、参加者を募集します。

 宝酒造「田んぼの学校」は、お米(もち米)づくりや自然観察などの体験を通して、親子でともに自然の尊さや食べ物の大切さ、命のつながりや生物多様性の保全について学ぶ活動で、会場は京都府南丹市園部町の田んぼと京都市内のクッキングスクールです。この取り組みは2004年に開始し、今年で10回目を迎えます。また、京都での開催は3回目となります。

 宝酒造「田んぼの学校」は、春から冬までに、「田植え編」「草取り編」「収穫編」「恵み編」の4回の授業を行います。「田植え編」「草取り編」「収穫編」では、参加者自らの手で苗を植え、草取りをして稲を刈り取るまでを体験します。また、田んぼの周辺での自然観察を行い、生物多様性の保全など重要な環境テーマについて学んでいただきます。最終回の「恵み編」では、クッキングスクールで、参加者が収穫したもち米と本みりんなどの調味料を使用した料理をつくり、実際に自然の恵みを味わっていただきます。
 後日、収穫したもち米を使用して当社が特製の本みりんを製造し、参加者のご家庭にお届けします。

 この宝酒造「田んぼの学校」の開催にあたっては、京都府のご後援をいただいております。これは「地元である京都府で社会貢献活動を行いたい」という当社の思いと、「都市と農村の交流をさらに進めるとともに、農村の豊かな自然と触れ合える機会を拡大して、子供たちの健やかな成長を促したい」という京都府の思いが一致したことによるものです。

 参加者募集の対象は小学生のお子様とそのご家族で、募集人数は80名です。募集要項は別紙の通りです。

 宝酒造では「自然保護活動」と「空容器問題への対応」の二つを中心に環境活動に取り組んでいます。それぞれの活動における環境教育プログラムとして、この宝酒造「田んぼの学校」と宝酒造「エコの学校」を実施しております。宝酒造では、今後もこれらの環境教育などを通して、社会貢献活動に取り組んでまいります。



宝酒造「田んぼの学校」2013開催概要と応募方法

■実  施: 宝酒造株式会社

■後  援: 京都府

■協  力: NPO法人 森の学校

■日  程:年間4回
第1回<田植え編> 2013年 5月12日(日)
第2回<草取り編> 2013年  6月30日(日)
第3回<収 穫 編> 2013年 9月29日(日)
第4回<恵 み 編> 2013年12月15日(日)

■開催会場:現地集合、現地解散
第1回<田植え編> 京都府南丹市園部町の田んぼ(京都府南丹市園部町仁江)
第2回<草取り編> 同上
第3回<収 穫 編> 同上
第4回<恵 み 編> ラ・キャリエール クッキングスクール(京都市中京区河原町三条)

■募集人員:80名(小学生のお子様とそのご家族)
※小学生は4月からの新学年、ご家族は大人
※年4回参加していただけるご家族
※応募が定員を超えた場合は抽選
当選された方には3月下旬までに郵送にて連絡

■参加費用: 大人1人 1,000円(年間) お子様 無料
会場までの交通費は参加者負担

■応募方法: 郵便ハガキに次の項目をご記入の上、下記事務局に申し込み
(1)代表者の氏名(ふりがな)・年齢・性別
(2)住所(郵便番号も明記)
(3)電話番号
(4)代表者を含む参加者の人数
(5)代表者以外の参加者の氏名・年齢・性別・代表者との関係

■応募締切: 2013年3月19日(火)必着

■宛先及び応募者様のお問合せ先
宝酒造「田んぼの学校」事務局R係
〒104-0061 東京都中央区銀座7-18-13-203 
TEL 03-6226-3633 (月~金 11:00~18:00/祝除く)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事