logo

沖縄のプロ野球キャンプをもっと身近に「プロ野球キャンプ訪問観光促進事業」スタート

沖縄県 2013年01月24日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年1月24日

プロ野球キャンプ訪問観光促進事業事務局

沖縄のプロ野球キャンプ見学をもっと身近に楽しく快適に「プロ野球キャンプ訪問観光促進事業」スタート

 沖縄県(県知事 仲井眞弘多)では、プロ野球春季キャンプの受入態勢の整備および各種プロモーションの強化をはかることで、さらなる観光誘客の拡大を目指す「プロ野球キャンプ訪問観光促進事業」を今年度実施します。
 沖縄県にとって、スポーツ・ツーリズムは重要な観光領域であり、新規観光客の創出、リピーター化、観光収入の増大、雇用創出等における起爆剤として期待されています。中でも沖縄の春季プロ野球キャンプは1979年に日本ハムファイターズ投手陣が初めて沖縄キャンプを実施して以降、年を追って拡大。2012年に引き続き、今春も過去最多タイとなる15球団(国内9球団、韓国6球団)を迎えるなど、沖縄におけるスポーツ・ツーリズムの「さきがけ」としての役割が期待されています。
 今年度展開する事業では、1)新規観光誘客に向けたプロモーション強化、2)交通手段の利便性向上、キャンプ情報提供などのインフラ整備、3)キャンプ地での経済波及効果につながる訪問観光メニューづくりという3つの視点から、ファンおよび旅行者のキャンプ地受入態勢の整備と各種プロモーションを強化。キャンプ受入市町村協力会・友の会をサポートしていくことで、さらなる観光誘客の拡大につなげる考えです。
 具体的な取組み施策としては、本島主要キャンプ地を巡回する専用シャトルバス「プロ野球キャンプバス」を平日6便、休日7便運行し、見学の「足」をサポート。
 また各キャンプ地に配置した番記者やバス添乗員が当日のスケジュールやバス運行情報を「プロ野球キャンプ情報ポータルサイト」に随時レポート、ストレスなくキャンプ地に向かえるようになります。沖縄の玄関口・那覇市内のホテルには、各地のキャンプ情報や侍ジャパンユニフォームの特別展示など、野球の旬なニュースが盛りだくさんの情報発信基地「ベースボールホテル」も登場します。
 さらにプロ野球ファンや旅行者の訪問意欲を高め、キャンプ地での経済波及効果につながる観光メニューとして、沖縄食材を使った手軽なグルメ「Okinawanカップグルメ」やキャンプ地周辺のお得情報をキャッチできるスマホアプリ「ロケッコ」、周辺の観光散策を促す「旅チャリ」なども受入市町村との連携により導入がスタート。沖縄でのキャンプ見学をもっと身近で楽しく快適にしていきます。
 上記施策の検証を通じて、次年度以降の戦略を描いていき、将来の沖縄の野球によるブランディングや「スポーツアイランド沖縄」の戦略事業として定着していくことを目指します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。