logo

中国市場に向けて帳票基盤「SVF Essential Suite Ver.9.1」を出荷開始

~中国を代表するIT専門誌『中国計算機報』 「2012年度イノベーション製品最優秀賞」を受賞~

1stホールディングス株式会社は、連結子会社である文雅科信息技術(上海)有限公司(ウイングアーク上海)を通じて、帳票基盤ソリューション「SVF」の最新版であるVer.9.1 製品群の簡体字中国語版製品「SVF Essential Suite Ver.9.1」を、中国市場に向けて本日より出荷を開始します。価格は、46.2万元(日本円 600万円[税別])です。

 昨年12月より、連結子会社である文雅科信息技術(上海)有限公司(以下、ウイングアーク上海)を通じて、中華人民共和国の帳票市場に本格的に進出しています。「SVF Essential Suite Ver.9.1」は、帳票設計から帳票サーバーの運用、帳票出力まで、一連の帳票運用を可能にするスイート製品としてパッケージ化した製品で、容易な導入を実現しています。本製品は、中国政府や現地の金融機関に対して、現地販売パートナーと共に提案活動を推進していきます。

 また、「SVF Essential Suite Ver.9.1」は、中国を代表するIT専門誌『中国計算機報』による、「2012年度イノベーション製品最優秀賞」を受賞しました。

 中国政府へ提出する固定帳票や帳簿をはじめ、オフィス業務やフロント業務における提案書など、中国において帳票のニーズが顕在化しており、グラフィカルで美しいレポート帳票が求められています。
今回受賞した「SVF Essential Suite Ver.9.1」は、帳票業界における最先端技術を中国に輸入し、品質の優れた製品とサービスを提供することで、お客様の最高のパートナーとなりえる点が高く評価されました。

■「SVF(Super Visual Formade)」について
SVF は、業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発を短期構築します。特に、固有の帳票デザインで運用される請求書や伝票、発注書、見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票を少ない工数で設計開発することができます。電子化した帳票は、SVF による総合帳票基盤の上で、大量出力・Web からのクライアント印刷・PDF・メール・FAX など、業務の用途にあった運用を早期に実現できます。国内では17,000 社の導入実績があり、基幹システムにおける帳票基盤として多くのお客様に活用いただいています。


<製品に関するお問い合わせ先>
文雅科信息技術(上海)有限公司 (ウイングアーク上海) 担当 大垣
TEL:+8621-61369050  FAX:+8621-61369051 E-Mail:saleInfo@wingarc.cn

<本件に関するお問い合わせ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク株式会社 広報担当 山本・高橋
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。