logo

結婚式で「していいこと」「だめなこと」のラインとその解決法を紹介。『ゼクシィ3月号』のCD付録であの究極のウエディングソング「パパパパーンの歌」がついに登場!

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年01月23日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 鬼頭秀彰)が運営制作する結婚情報誌『ゼクシィ』では毎号さまざまな特集をしています。
『ゼクシィ3月号』(1月23日発売)では、「結婚式で「していいこと」「だめなこと」ビミョ~なラインまるっと解決スペシャル」と題した特集をしています。その中から一部をご紹介いたします。


▼『ゼクシィ3月号』(1月23日発売)の立ち読みはこちら
リンク

――――――――――――――――――――
花嫁さんが迷う、ビミョーなラインTOP10
――――――――――――――――――――

普段よりもちょっぴりいろいろと心配に感じてしまう結婚式。先輩花嫁が「これってOK?」と悩んだことをランキング形式で発表します。

1位 遠方ゲストを招いたら迷惑かなぁ?(29.5%)
2位 最近全然会ってない友達にも声を掛けていいのかなぁ?(28.2%)
3位 他に知り合いがいないとやっぱり寂しいよね・・・(23.1%)
4位 違うグループを相席にするのってあり?(20.5%)
5位 交通費1万円以上の自己負担は失礼かなぁ(16.7%)
6位 アクセスが少し不便だけど大丈夫だよね?(12.8%)
6位 妊娠中の友達にも声を掛けていいのかなぁ(12.8%)
8位 余興や演出がほとんどないけど大丈夫かなぁ(11.5%)
9位 ふたりのゲスト数にだいぶ差があるけど・・・(10.5%)
9位 GWやクリスマスってやっぱり迷惑かなぁ・・・(10.5%)

■花嫁さんの悩むビミョーなラインはこの3つ!

1.「迷惑を掛けてしまうかなぁ」
1位、2位、3位、4位、6位の悩みは「ゲストに迷惑かな?」と思う気持ちから発生。
意外に取り越し苦労ということもあるが、気持ちを素直に伝えることで事態は好転するはず!

2.「こうせざるを得ないけど、きっとベストじゃないんだろうなぁ」
5位と9位の2つの悩みはこの部類に入る。さまざまな人が集まる結婚式では、誰にとってもベストな選択はしにくい面もある。
事情を説明することで、ゲストに納得してもらおう。

3.「自分はこうしたいけど、みんなはどう思うかな」
6位と8位は自分の希望を通した結果、不安になるというパターン。あまりにも自分勝手な希望は受け入れられにくいが、それ相応の理由があればゲストも分かってくれる。


――――――――――――――――――――
ビミョーなラインを解決する方法
――――――――――――――――――――

ゲスト300人に聞いてみた!ビミョーなラインを解決する事前のひと言。
ここでは声を掛けるだけで、ゲストの反応が好意的に変わる例文をご紹介します。

Q.遠方の結婚式だけど招待してもいいですか?

遠方ゲストに対しては、長時間の移動による体力的負担について、こちらが気に掛けていることをしっかり伝えよう。
また、同時に交通や宿泊の手配、費用の負担についてもどのように考えているかを説明しておくと、相手もイメージがわいてくる。

<事前のひと言>「移動時間が長く疲れさせてしまうかもしれないけど大丈夫そう?」


Q.最近全然会ってない友達に招待状を送ってもいいですか?

突然の結婚式招待に対して、「もしかしたら数合わせで呼んだ?」と思わせてしまわないかという不安。
そう思われないためにも、疎遠になっていたにもかかわらず招待した理由をきちんと説明して、相手の理解を得るようにしたい。

<事前のひと言>「最近会えてなかったけどやっぱり大切な友達だから」

Q.他に知り合いがいない結婚式はありですか?

知り合いがいない人を呼ぶときには、その人が孤立しないように配慮することが大切。
話が合いそうな人を探し、「1人で来る人がいるからよろしくね」とあらかじめお願いを。
その上で、下記のように誘えば、相手も安心して招待を受けてくれるはず。

<事前のひと言>「気が合いそうな子がいるのでぜひ一緒にどうですか」

Q.違うグループと相席にしてもいいですか?

相席にする際は、同年代だったり、趣味や仕事、出身地が似ているなど、話が合いそうなグループを合わせるようにしよう。
さらに、相席をお願いすることを伝える際には、初対面でも話が弾むように、事前にお互いの名前や趣味なども付け加えておくとより丁寧だ。

<事前のひと言>「同じくらいの年代の話しやすい人たちなので」

Q.往復1万円以上の交通費の自己負担はありですか?

遠方ゲストの交通費は、本来は新郎新婦側が半額~全額負担するもの。だが、一部負担になってしまう場合も。その際は、「一部しか負担できないのですが」と早めに断っておこう。
親しい間柄であれば、「予算の関係で・・・」など懐事情を説明してもよい。

<事前のひと言>「予算の関係でどうしても全額は出せなくて」


その他、「妊娠中に結婚式に招待しても大丈夫?」「余興や演出がほとんどなくてもいいですか?」など、30のビミョーなラインの解決方法は、『ゼクシィ3月号』(1月23日発売)で!


◆データ出典
2012年11月に花嫁1000人委員会のメンバー241人が回答したアンケート結果と、2012年11月に実施したマクロミルネットリサーチ会員400人(ゲスト300人、花嫁100人)のアンケート調査によります。


―――――――――――――――――――
◇『ゼクシィ3月号』(1月23日発売)について
――――――――――――――――――――

■今月の編集記事ラインナップ ※版によって異なります
・結婚式で「していいこと」「だめなこと」ビミョーなラインまるっと解決スペシャル
・結婚式の人気ランキングから見つけた わたし流ウエディングの秘密
・結婚準備「早めにやっておけばよかった」後悔証言47
・ゲストに想い届ける とっておきBGM100
・“愛が伝わる”親あいさつ&結婚報告
・今着たいのは、「奥行きのある」ウエディングドレス!
・品格ある花嫁の“立ち居振る舞い”レッスン
・「迷って決められない」を救う!会場選びお助けガイド

■ゼクシィオリジナル特典付録
・あの究極のウエディングソング、ついに登場!
【ゼクシィオリジナルCD】2013パパパパーンの歌(4曲入りMini Album)

■綴じ込み付録
・花嫁ヘア パーフェクトBOOK ALL120
・親孝行ゼクシィ
・花嫁メイク仕上がりイメージ伝わるシート


▼『ゼクシィ3月号』(1月23日発売)の立ち読みはこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◇「花嫁1000人委員会」・「花婿100人委員会」について
――――――――――――――――――――

『ゼクシィ』を一緒に作ってくれる先輩花嫁・花婿の登録メンバーです。
『ゼクシィ』の記事には、たくさんの先輩花嫁・花婿の体験談やアドバイスが紹介されています。
Webアンケートや電話取材への協力、座談会への参加、さらに撮影参加など活動もさまざまです。

▼「花嫁1000人委員会」・「花婿100人委員会」について
リンク

――――――――――――――――――――
◎参考 結婚情報誌『ゼクシィ』媒体概要
――――――――――――――――――――

ホテルや専門式場、チャペルレストランなど様々なスタイルのウエディング会場をはじめ、ジュエリーやドレス、引出物、二次会会場など、ブライダルに関する情報を掲載しています。

誌名:ゼクシィ   
発行開始日:1993年5月24日  
発行エリア:全国 19版  
部数:約30万部
発行サイクル:毎月23日~25日 ※版によって異なる 
定価:300円~500円(税込) ※版によって異なる
※「青森・秋田・岩手版」「宮城・山形版」「福島版」は特別価格210円
シリーズ :『ゼクシィ国内リゾートウエディング完全ガイド』
『ゼクシィ海外ウエディング完全ガイド』『ゼクシィAnhelo』
Webサイト:『ゼクシィnet』(PC)『ケータイゼクシィ』(携帯)

▼『ゼクシィnet』はコチラから
リンク

▼ブライダル総研はこちら
リンク

▼株式会社リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事