logo

◎オリンパスバイオテックがBonAlive顆粒製品の販売協定

BonAlive Biomaterials Ltd 2013年01月21日 15時45分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎オリンパスバイオテックがBonAlive顆粒製品の販売協定

AsiaNet 51888
共同JBN0063(2013.1.21)

【トゥルク(フィンランド)、リムリック(アイルランド)2013年1月21日PRN=共同JBN】インプラント医療機器メーカーで慢性骨髄炎治療に関わる処方の新興リーダーである  BonAlive Biomaterials Ltdと、骨と軟組織の最低侵襲再生医療に集中しているオリンパス(Olympus Corporation)の全額出資会社オリンパスバイオテック・インターナショナル(Olympus Biotech International Ltd)は21日、複数年の独占的販売協定に調印したと発表した。この協定により、オリンパスバイオテック・インターナショナルはドイツ、フランス、英国におけるBonAlive(登録商標)顆粒製品ラインの独占的販売権を持つ。この製品ラインは整形外科、外傷外科の再生医療製品を含んでいる。

 Logo: リンク
  Logo: リンク

この協定はBonAlive顆粒製品ラインのアクセスを欧州の大病院にさらに拡大する商業化戦略の重要なマイルストーンである。

BonAlive Biomaterialsのフレドリク・オリラ最高経営責任者(CEO)は「この新たに樹立された提携によって、骨の再生医療製品の完全なポートフォリオを整形外科、外傷外科コミュニティーに提供するために再生医療分野の最も傑出したリーダーと協力できる。完全な製品提供の確立は価値を生み出し、慢性骨髄炎の治療に新たな機会をもたらすだろう」と語っている。

オリンパスバイオテック・インターナショナルのフローリアン・ケメリック社長は「BonAlive Biomaterialsとの協力と協定は慢性骨髄炎患者の骨折、癒着不能の治療も含む骨再生ポートフォリオを完全にするものである。異なる技術、選択肢を世界的に徹底評価するなかで、入手できたBonAliveの臨床証拠、臨床データに強い印象を受けた。患者の結果を改善する正しい手法を持つ企業との提携を決めたと強く確信している」と述べた。

BonAlive Biomaterials Ltdについての詳しい情報はリンクを参照。

オリンパスバイオテックについての詳しい情報はリンクを参照。

▽BonAlive Biomaterials Ltdについて
BonAlive Biomaterials Ltdは骨再生医療向けのインプラント可能な医療機器の分野の新興リーダーである。重点は慢性骨髄炎治療用の世界をリードするバイオマテリアル・ソリューションを提供することである。BonAlive製品は専門の販売業者ネットワークを通じて欧州、中東、アジア太平洋、アフリカ、ブラジル、米国で入手できる。BonAliveの臨床使用は脊椎、良性骨髄腫、外傷外科の分野におけるいくつかの無作為前向き試験を含む20年の研究の歴史でサポートされている。BonAliveについては50件以上の厳しい審査を受けた論文が発表されている。

▽オリンパスバイオテック・インターナショナルについて
オリンパスバイオテックはオリンパスの全額出資会社として2010年に設立された。オリンパスバイオテックのビジョンは生体に本来備わっている治癒能力を刺激する再生医療を開発、販売することによって、患者の生活の質を改善することである。オリンパスバイオテックは成長因子、骨格と細胞ハーベスト技術を含む骨、軟組織の最低侵襲再生療法とアクセス、プレースメント、デリバリー用のツールを提供している。

▽質問と追加的情報の問い合わせ先
Olympus Biotech International Limited
Dirk Dembski
Vice President Marketing and Business Development
Olympus Biotech International
Mobile +49-172-2492700
dirk.dembski@olympusbiotech.com

BonAlive Biomaterials Ltd:
Fredrik Ollila, PhD
Chief Executive Officer
BonAlive Biomaterials Ltd
Mobile +358(0)400-931-209
Fax +358(0)421-917-744-00
fredrik.ollila@bonalive.com

ソース:BonAlive Biomaterials Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事