logo

日販 電子記録債権による手形代替決済サービスを導入

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:古屋文明、本社:東京都千代田区、以下日販)は、この度、電子記録債権による手形代替決済サービスを導入することを決定しました。
約束手形で支払いを行っている取引先を対象に順次説明を行い、同意が得られた支払先について、電子記録債権(以下、電子手形)を利用した決済に移行します。電子手形による決済の開始は平成25年度上半期を予定しております。
電子手形とは、売掛債権・手形債権とも法的に異なる新たな金銭債権で、手形と同等の機能を有する債権です。債権の発生や譲渡に関し、電子債権記録機関が管理する記録原簿上へ電子的な記録を行うことで、権利内容が確定します。
2008年12月に電子記録債権法が施行されたのを受け、主務大臣から指定を受けた電子債権記録機関が手形決済サービスをスタートさせており、ここ1年ほどで急速に導入が進んできています。日販の導入は出版業界では初のケースとなるもので、出版社を中心とした受取企業と日販の双方でリスクの回避、業務の効率化、コスト削減を実現することができます。
電子手形による決済における、受取企業側の主なメリットは以下の通りです。

(1)手形の回収や保管、金融機関への取立持込が不要
(2)紛失・盗難・偽造のリスクがない
(3)収入印紙及び取立に関わるコストが不要
(4)電子手形の支払期日当日に資金化が可能
(5)債権額面の1円単位の分割利用が可能
支払企業である日販としても、手形発行事務や印紙税負担の軽減、現物取扱いリスクの回避がはかられます。
今後、電子手形決済サービスの利用について、より多くの取引先に協力を求め、業界全体のコスト削減、省力化の実現を目指していきます。



■本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 経営戦略室広報課 担当:岩本
TEL.03-3233-3829 FAX.03-3233-6045
E-mail:press@nippan.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。